ロードバイクの情報を発信しています!

コフィディスは、DE ROSAバイクを公開し、ホイールブランドをコリマに変更

機材情報
Photo credit: ewwhite on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

コフィディスは、2021までFulcrumのホイールを使っていたが、2022年からコリマにホイールブランドを変更する。

今回の複数年スポンサー契約により、男女のロードチーム、更にパラサイクリングチームもコリマを使用する。

 

スポンサーリンク

CORIMA x Cofidis

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

コリマは、MCC DXホイールをデローザに装着している。MCC DXホイールは、前後に12本のスポークしかない。

つまり1つのホイールには6本しかスポークがない軽量ホイールだ。

 

コリマは、コフィディスに、「MCC DX」「WS Black DX」「WS TT DX」を提供する。

 

photo corima

 

De Rosa Merakには、MCC DXホイールが装着。フレームカラーは、新しいユニフォームに合わせて、レッドカラーから、ブラックに変更されている。良く似合ってますね。

トップチューブ、フロントフォーク、チェーンステイにはレッドが残っており、ジャージを合わせてデザインされている。

 

photo corima

 

コフィディスは、SRMパワーメータークランクを備えたCampagnolo Super-Record EPS 12スピードを使用。

こちらには、WS Blackホイールを装着。ミドルグレードに位置するホイールシリーズで、頭文字のWはワイドリムを表し、Sはハブのグレードを示している。

 

photo corima

 

タイヤは、ミシュランパワーコンペティション25mmタイヤを使用。ギアは、大部分の選手が、53-39、11-29を選択。

 

photo corima

 

バラサイクリングの選手もコリマのホイールを使う。コリマは、車椅子用のホイールも作っているんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました