ロードバイクの情報を発信しています!

「コーヒーは人間の生存に不可欠ではない」とスイス政府は言います

読み物
Photo on Visual Hunt

多くのサイクリスト(そしてジャーナリスト、それに関しては)は同意しないかもしれません…

プロライダーや一般のサイクリストでさえ、スタート前にはエスプレッソやコーヒーを飲んでリラックスして出かけますからね。

スイス政府は、コーヒー豆は「人命に不可欠ではない」と主張して、緊急時に備えているコーヒーの貯蔵を禁止しています。why・・??

 Photo by Elle Hughes from Pexels

スイスは2つの世界大戦の間の期間以来、ハルマゲドンの準備ができたコーヒー供給量を保っています。伝えられるところによれば16,865トンのコーヒーを貯蔵。これは、3か月間国内の飲み物を供給するのに十分の量です。

しかし、スイス連邦評議会はそれが不可欠な項目ではないと判決を下しました。

連邦国家経済供給局(NES)は、「食料と動物飼料の強制保管に関する条例」を改正しようとしています。

ニュースリリースの中で、それをコメントしました。

「コーヒーの貯蔵義務を取り消すことを意図しています。今日の基準によれば、コーヒーは生活に不可欠ではないという結論に達した」

と述べた。

 

コメントを正当化しようとして

「コーヒーはほとんどカロリーを含まないので、栄養の観点から食料安全保障に少しの貢献もしません」

「心理的な理由」のためにコーヒーを入れることは「もはや正当化されない」と付け加えた。

 

提案が進めば、ネスレのような輸入業者は、1日に消費する5杯/ 18ポンドのコーヒーをスイスの平均的な飲食店に供給するために、生のコーヒーの袋を待つ必要がなくなります。

死活問題ですね。

誰もがNESによって公表された発見に賛成しているわけではありません。

 

TrueStartのようなブランドは 、サイクリストのパワーを高めるのに必要な量のカフェインを提供することを目的とした製品を提供しています。

 

TrueStartのコーヒー

通常のコーヒーには10mgから250mgのカフェインを入れることができますが、TrueStart製品では2g当たり95mgを保証しているため、スポーツでのパフォーマンスを向上させ、トレーニングをよりハードに、より長く続けることができます。 

純粋なパフォーマンス以外に、 最近の研究では、コーヒーの摂取によって、心臓の問題、糖尿病、肝疾患、鬱病、痴呆、そしていくつかの癌の発症リスクの低下などの健康上の利点とを関連付けています。

2017年の研究では、1日3〜4杯は健康に良い影響を及ぼし、全体として早死の可能性を17%減らすと結論付けました。

 

国によって考えも違うかもしれません。ですが、嗜好品ですしアスリートの場合にはカフェインもはいっているので健康にも良いならば、飲まない手はないですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました