ロードバイクの情報を発信しています!

アルベルト・コンタドールがフルームとのライバル関係・パワーメーター禁止について語る

読み物
Photo Alberto Contador instagram
この記事は約7分で読めます。

アルベルト・コンタドールは、彼の最大のライバルだったクリス・フルームについて振り返っている。

二人は、ツール・ド・フランスで4回。2011年にフルームがグランドツアーにデビューしてから、コンタドールが2017年に引退するまでに4回ブエルタで戦っている。

Procycling誌で行われた幅広いインタビューで、コンタドールはスカイメソッドや、何年もの間にレースがどのように変化したかについて語っている。

また、パワーメーター禁止や、ツールを面白くする方法についても具体的に言及している。

 

スポンサーリンク

クリス・フルームとの戦いについて

Photo Alberto Contador instagram

プロサイクリング:人々があなたについて最も覚えているのは、クリス・フルームと戦った方法です…

Alberto Contador:正直に言うと、私は個人よりもチームと戦った。アンディ・シュレックと戦ったときとは異なり、フルームよりもスカイと戦った。彼らのレースの哲学と戦っていたのだ。

Skyのレースのやり方は、トレーニング方法の変更を余儀なくされた。2014年から私は高地トレーニングを開始し、その年に多くの勝利を得た。

 

Skyが非常に多くの資金を持っているという事実が彼らに不公平な優位性を与えたと思いますか?

このことは否定できません。これは、サッカーのバルセロナやレアルマドリードと同じ状況です。

お金があればあるほど、購入できるライダーの質は高くなる。それだけではない。

リソースと適切な準備が必要です。しかし、ドーフィネのトップレベルのライダー8人とツール・ド・スイスのトップレベルのライダー8人を同時に入れることができれば、ツールのラインナップは非常に優れたものになる。

他のチームは、ツールの8名を見つけるのに苦労しており、数字を補うために1人または2人の走り回るライダーを含めることもある。

 

もしあなたがフルームの立場だったら、スカイの最高のサポートライダーは誰だったでしょうか?

 [長い間考えて]リッチー・ポート。彼がSkyにいたとき、ボートはフルームより良くなる日があった。ワウト・プールスもその一人だ。

Skyには非常に多くの良いライダーがいる。ミカル・クウィアトコウスキーにゲラント・トーマス。だが、私ならリッチー・ボートを指名するね。

 

Skyが後ろにいるとき、彼らの最も弱い点は物理的というよりも戦略的であったことに同意しますか?

2013年のピレネーでフルームが捕まったとき、または2016年のブエルタでのフルームの攻撃中に捕まったときのように?

スカイの最大のハンディキャップは、最初はレースに関する彼らの知識が、イギリス人がトラックで行ったことに基づいていたからだと思う。彼らはロードレースのシナリオに関する戦術的なノウハウを欠いており、時にはその知識のギャップが非常に長い時間、何年もの間、解決されないままだった。

もちろん、彼らにはロードレースのベテランライダーもいたが、その中にはそれほど経験のない人もいた。時間が経つにつれて、徐々にそれらのギャップをカバーしてきたが、現在Ineosがキャッチされるのことはとても少ない。

フルームのもう1つの弱点は寒さだ。しかし、彼は主にツールをターゲットにしたライダーであり、ほとんどの場合が暑く、それが彼のメリットにもなっている。

 

フルームが山岳で不調に見える場合。彼についてどう思いますか?

特定の分野では、フルームは今まで出会った中で最も奇妙なライダーの1人です。

彼が登って行くとき、彼はしばしば早い段階で落とされますが、少しずつ彼は反撃する。

一度落ちたと思っていても、後から攻撃して勝ってしまうんだ。それは私の攻撃とは異なるスタイルだ。だが、それは明らかに彼にいくつかの素晴らしい結果を与えた。 

2013年のツールやドーフィネで、彼が休みの日だったと思ったので、攻撃していたのを覚えている。初めて彼が私にそれをしたとき、それほど動揺しなかったが、二度目に彼が私に同じことをした時、私は同じトラップに陥らないように自分に言っていたんだ。

フルームの走りに惑わされてはいけないとね。

スポンサーリンク

パワーメーターと予測可能性

Photo Alberto Contador instagram

過去10年間、グランドツアーのレースの方法は変わりましたか?

たくさんありますが、最大の違いは物事がもっと専門的になったということ。以前は、誰もがパワーメーターを持っていたが、誰もが概念を理解している訳ではなかった。

今ではすべてのライダーがそうしている。それらの数字が何であり、トレーニングで何が得られたかを知ることは、ライダーのレース方法に根本的に影響している。

ライダーは、攻撃するかどうかをメーターで決定する。なぜなら、もし激しくなりすぎると、確実に落とされることを知っているからだ。

パフォーマンスレベルは全般的に上昇しており、ライダーは逆説的に自分の体をよく知っており、リスクは少なくなった。だが、それはレースの発展方法を変えたんだ。

攻撃や本能はそれほど重要ではなく、最大の違いを生むのはライダーが落ちたときだ。それは集団の後方での戦争であり、リエージュは常にいくつかの点で典型的だった。

登るたびに、集団は伸びるけども壊れることはなく、改革するたびにライダーは少なくなる。

さて、攻撃を受ける可能性があるのはステージの最後だけだが、レースを形作る変化はすべて、前ではなく後ろで起こっているんだ。

サイクリングは予測しやすくなっていますか?

私はそれが好きではなく、90%のライダーが同じように感じると確信している。主にツールで7〜8%の勾配を持つ登山がある場合、1キロあたりのワット数の割合が最も高いチームが決まる。

1つのチームが強い場合、結果は数学的となる。

一方、GiroやVueltaのように、10、12%の上り坂がある場合、キロあたりのワット数の比率は、チームができることから各ライダーが個々にできることの問題に変わってくる。

つまり、ツールがレースをより面白くしたい場合、彼らはより急な登りを見つけなければならない。

 

あなたはまだパワーメーターを取り除くことに賛成ですか?

パワーメーターはトレーニングにとても役に立つ。しかし、レースでは本能的な要素を消し去り、一生懸命に考えるようになる。

パワーメーターがなければ、タイムトライアルは、全体で400ワットを達成しようとするだけの問題ではなく、本能のままになるはずだ。

レースラジオをなくすよりもはるかに面白いでしょう。

 

パワーメーター禁止については、コンタドール以外の選手も過去にコメントを出している。

 

 

エガン・ベルナルは未来だと誰もが言っていますが、フルームが最後の言葉を言っていないことは明らかです。そして、INEOSにはゲラント・トーマスやリチャル・カラパスのような他の選択肢がたくさんいます…

ベルナルはサイクリングの未来ではありません。彼はプレゼントです。彼が勝ち取った方法は、彼が勝ったことと同じくらい、私たちにそれを教えてくれている。

フルームは彼のレベルに戻ると思う。それは偉大なチャンピオンのサインだ。彼らが問題や怪我をしたとき、彼らのモチベーションはそれができるほどのものです。

彼は若くはないが、再び最大レベルに到達したいと思っている。それは重要なこと。

フルームは豊富な経験を持つ素晴らしいオールラウンダーであり、チームは彼の5回目のツールを獲得するために彼を100%支援すると思う。

しかし、彼ら両方にフリーハンドを与えるとしたら?

どちらが勝つかは言えません。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました