ロードバイクの情報を発信しています!

Berkが3.9kgのロードバイクを製造 驚くべきほどの軽量カスタマイズ

機材情報
Photo berkcomposites instagram
この記事は約9分で読めます。

Berkは、世界最軽量のロードバイクの1つを開発した。

スロベニアのブランドは、この驚くべき3.9kgのロードバイクをどのように作成したかについて、BikeRadarと詳細を独占的に共有している。

このバイクは、Berkが生産できる限界をテストする社内プロジェクトとして始まり、結果として自信を持って毎日乗ることができる4kg未満のバイク登場となった。

Berkによると、かなり軽量の自転車を製造することは比較的簡単だが、ブランドの使命は、真に「軽量で信頼できる部品」を製造することなのだ。 

 

スポンサーリンク

631gのフレームは3年前に完成

Photo brek

Berkは、軽量サドル、統合されたサドル・シートポストなどを作成しているブランドだ。

Berkでは、カスタムフレームも手掛けており生産経験も豊富で、この631gのフレームセットは、実に3年前に作成されているものだ。

 

Photo ales_arnez instagram

上記の写真は、Berkの従業員ales_arnezのバイクで4.9kg。彼のバイクのフレームも631gのもの。

フレームは、一体型のシートマストとサドルコンボを備えている。これは製造時に絶対に修正されるため、これらのいずれかにコミットする前に、サドルの高さを確実に知る必要がある。

Berkによれば、フレームは、東レの最高モジュラスMJシリーズカーボンファイバーと、トップエンドバイクで一般的に見られるToray T1000カーボンとの組み合わせで構成されているという。

 

Photo ales_arnez instagram

Berk は一部でInnegra(新素材)も使用している。

 

Innegraとは

ケブラーよりも軽量で、カーボンフレームの耐久性を高めるために一般的に使用される特殊な軽量複合材料。

 

Berkはさらに軽くすることが可能で、「毎日使用しても安全で完全に信頼できる」500gのフレームを生産できると主張している。

これを生成するには、フレームを前述のMJシリーズカーボンで完全に構成する必要がある。

 

Photo brek

しかし、Berkはこのフレーム重量を下げることを望んでいない。それは、あまりにも高価になるので、市場が限られるからだ。

フォークはTHM Scapulaで、すでに275gの市場で最も軽いアフターマーケットフォークの1つ。Berkはフォークをサンディングして絶対的な限界まで下げ、重量をわずか228.8gに減らした。

フレームのライダー制限は85kg。

 

クレイジーカスタマイズされたコンポーネント

Photo ales_arnez instagram

超軽量フレームセットの作成は、4kg未満の自転車を組み立てる際のプロセスの一部にすぎない。 600g台のフレームならば大手メーカーでも市販している重量なのだから。軽量化するには、クレイジーなカスタマイズを考えないと4kg未満にはならない。

まず、バイクは高度に変更されたSRAM Red 11スピードグループセットを中心に構築される。 (これもダブルなのでシングルなら~)

リアディレイラーはスリム化され、ケージはカスタム骨格カーボンオプションに置き換えられた。ジョッキーホイールでさえ、超軽量カーボンオプションに置き換え。シフターも同様だ。

 

Photo ales_arnez instagram

バイクには改良されたTiso Altoreフロントディレイラーが装備される。

イタリアのブランドの超軽量シフティングコンポーネントは、軽量マニアからカルトのようなファンを獲得している。

この特定の例は、その重量をわずか49gに下げるためにカーボンケージで変更されている。ディレイラーマウントはわずか7.4g。

 

Photo Berk

クランクを飾るのは、重量がわずか76.9gの正体不明のカーボンチェーンリングのセット。

このすべてを駆動するのは、古いTHM Claviculaクランクのセット。2007年の製品なので未だに流通しているのかな。

 

THM Claviculaクランク photo THM

PYCチェーン(213.2g)がドライブトレインを完成させる。 

カスタムワンピースコックピットは、Berk自身により提供されている。重量は203.6g。ワンピースのサドル/シートポストコンボのように、これらは特別なリクエストに応じてBerkから購入することが可能だ。 

比較のために、Canyon Ultimate CF Evo Discで見られるワンピースコックピットの重量は 270g。約60gも違う。

 

 

Photo Berk

ブレーキは、Ciamillo Gravitasブレーキのセット。これらは世界で最も軽いブレーキの1つで、ペアで156.8gになる。

 

Berkのスケールによると、正体不明のReynoldsリムのセットがTuneハブに取り付けられて、898.5gのホイールセットが使われている。

 

実際にはもっと軽いホイールもある。Extralite CarboClimbのA25Tは、ペアで780g。これが多分最軽量オプションだ。

ただし、Berkが日々の使いやすさの名のもとで、少しだけ(しかし少しだけ)賢明なものを指定してくれたことに感謝しないといけない。

 

Photo Berk

これらに装着されているのは、Tufoタイヤのセット。正確なモデルとサイズは公開されていないが、ペアの317.5gと主張されているので、Tufo Elite Jetである可能性が高い。  

 

余談ですが、これらのタイヤの空気の重量は14g。なんと空気の重量まで計測しているとは~

すべてのシフトとブレーキは、Powercordzを介して制御される。

これらのZylonケーブルはケブラーの2倍の強度があると主張されており、さらに重要なことは、スチールよりも75%軽いこと。

 

全体として、このビルドについて驚かせるのは、スペックが超軽量化に確実に傾いている一方で、実用性の面ではほとんどあきらめないということ。

シフターも標準のものを使用(もちろん、ドリルリウムを受けている)。

ペダルはSpeedplay Ultra Light Actionチタンペダル。他のコンポーネントは変更されておらず、ダブルクランクセットを使用している。

 

価格などについてはカスタムメイドなので、要相談と言ったところだろう。完成重量によって値段が決まるのではないかな。

以下は、Berkが提供するコンポーネントとその重量の完全なリストです。可能な限り、各コンポーネントを特定している。

 

3.9kg Berkロードバイクのフルスペック

  • カスタムバークフレーム(シートマストとサドルを含む):631.1g
  • カスタムTHMフォーク:228.8g
  • エキスパンダープラグ:3.9g
  • トップキャップスクリュー:4.8g
  • ヘッドセット:39.5g
  • カスタム3Dプリントスペーサー:2.1g
  • 変更されたSRAM Red 11スピードシフター:255.8g
  • SeqLiteカセット:111.7g
  • ケーブル:46g
  • Powercordz内部ケーブル:8.5g
  • THM Claviculaクランクセット:331.7g
  • 未確認のカーボンチェーンリング:76.9g
  • ボトムブラケット:71.4g
  • 変更されたSRAM Red 11スピードリアディレイラー:121.9g
  • 修正済みTiso Altoreフロントディレイラー:49g
  • フロントディレイラーマウント:7.4g
  • リアディレイラーハンガー:15.6g
  • PYC SP1101チェーン:213.2g
  • Speedplay Ultra Light Actionチタンペダル:133.8g
  • Ciamillo Gravitasブレーキ:156.8g
  • カスタムワンピースバークコックピット:203.6g
  • ハンドルバーテープ:5.2g
  • Tune / Reynoldsホイールセット:898.5g
  • Tufo Elite Jetタイヤ:317.5g
  • クイックリリース:26.6g
  • 空気:14g(タイヤ内部)
  • ネジ:8グラム
  • ファブリックケージレスボトルスタブ:3g
  • 総重量:3,986.3g

 

ちなみに、これまでの市販バイクで軽量なバイクは以下の3種類。4k台ですね。

  • 2017年Canyon Ultimate CF Evo 4.96kg
  • 2017年Trek EMONDA SLR 4.65kg
  • 2017年 MERIDA SCULTURA SUPERLITE LTD 4.52kg

 

Berkの公式サイトをみても、この軽量バイクについては情報がない。全てカスタムビルドされるため。facebookやインスタなどに情報がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました