ロードバイクの情報を発信しています!

世界一周サイクリストが、旅の途中で困っています

Bike theft. Bike fastened to a post and man cutting a bike lock with a bolt clipper 海外情報
この記事は約5分で読めます。

スコットランドの世界一周サイクリストが、ロンドンで自転車を盗まれてしまい困ってます。

ジョシュ・クイグリー(Josh Quigley)は、世界中を自転車で走破する旅をしていました。

彼の壮大な夢は

60カ国 6大陸 50,000マイル 5年です。
もし私が精神的な問題を乗り越えてこれをやってのけることができるとしたら、それは何が可能かを示していて、他の人に希望とインスピレーションを与えてくれると思います。
それが私の人生の理由と目的です!

ジョシュ・クイグリーは前回の試みで10,000マイルをカバーしていました。自転車の盗難によって中止するまでロンドンまで到達していました

 

彼の世界1周のルートは?

https://twitter.com/JoshQuigley92

  1. ヨーロッパ: イスタンブールとリビングストン
  2. アジア: イスタンブールから東京
  3. 東南アジア: 東京からバリへ
  4. オーストラリア: ダーウィンからオークランドまで
  5. S アメリカ: ウシュアイアからカリフォルニア
  6. N アメリカ: カリニューヨーク
  7. アフリカ: ケープ・タウンからカイロへ
  8. ヨーロッパ: ギリシャからリビングストン

https://twitter.com/JoshQuigley92

ステージ1では、彼がエジンバラからイスタンブールまで3,500マイルをカバーしています。

ロンドンに着くと、クイグリー自転車をホステルの中に入れることができなかったので、街の通りの自転車ラックに南京錠で固定しました。

クイグリーは4月21日金曜日にバイクがないことに気付きました。

クイグリーは、うつ病との闘いの後、2016年に最初の旅を成功し、世界中でサイクリングをする6回目の試みに乗り出していた所です。

すでに14カ国をカバーしており今年で達成出来ると予想していました。

クイグリー、盗まれた自転車と再会できるようにすることを目的としたコミュニティベースのWebサイト「Stolen Ride」と共有して投稿しています。

クイグリーはユーチューブでもメッセージを発しています。

「自転車は私にとってとても意味があります。人生の暗い場所から私を連れ出してくれました。そして幸福へのその旅行で私を助けました。 私は今、その自転車を失ってしまって悲しまなければならない。

私は新しい自転車を購入して挑戦し続ける必要があります。」


 
彼は自転車泥棒に手を差し伸べ、ツイッターに次のように書いています。
 
私はおそらくあなたに会うことはないでしょう。しかし、私は言いたかった。
あなたを嫌っていないし、裁かない。
あなたを愛し、あなたの人生の状況に対する共感を持っています。
この自転車は私の人生の方向を変えた。
それがあなたにとっても同じことを願っています。
 
彼が新しい自転車を手にいれて再び旅に出れると良いですね。
 
仮に盗まれたとしても、GPSで追跡出来るようにしておけば見つかるかもしれません。高級自転車に乗っている場合や、無くなっては困る場合にはGPSも視野にいれて鍵をしておく必要がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました