ロードバイクの情報を発信しています!

2年間でモータードーピングの問題は解決したのか?

海外情報
Image credit: James Huang
この記事は約3分で読めます。

フランスの警察は、2年間の調査の間に機械的なドーピングの証拠を発見しなかったため、プロトン内の隠されたモーター事件に終止符を打った。

2016年の世界選手権シクロクロス女子U23でのモータードーピング以降、プロでのモータードーピングは一件もなかった。

大々的な機械を導入して調べていたけど、不正する人プロはいないということですね。

 

スポンサーリンク

2016年の世界シクロクロスから

Femke Van den Driessche bike motor acceleration

フェムケ・ヴァン・デン・ドリエッシェ(Femke Van den Driessche)は、2016世界U23シクロクロス選手権で捕まっている。

上の動画が見ても、明らかに違いすぎますよね。人間のパワーとは思えない。ただ、プロの場合には50wのアシストでも全く違うので、これだけ差が出てしまう。

彼女は、エンジンを搭載したバイクを持っていたことで陽性反応が出た最初のハイレベルライダーであり、その後、42歳のアマチュアが2017年10月の小さなレースで捕まっている。

 

Picture: Getty Images

フランスの検察はその後、隠しモーターを使用していると言われている “非常に注目すべき選手 “が関与している疑惑のある陰謀を調査すると発表。

“国際的なチーム、民間企業とサイクリングの最高機関との間のリンク “を調査していた。

しかし、国家財政検察庁(PNF)はこの事件を解決し、UCIはモーターを検出するための小型サーマルスキャナーを開発していたフランス原子力委員会(CEA)とのパートナーシップを締結し、今後も検査を行うことで事件は解決した。

2年間の調査で組織的関与の結果なしで終わりということですね。

 

タブレットで検査 photo uci

2019年のジロ・デ・イタリアでは大々的なモータードーピング検出装置が導入されて1300件を超える調査が行われている。

 

ただ、今後は大変なのでスキャナーはタブレットまたスマホで検出できる機械に変わって小型化していくようだ。

 

最初に疑われたのはファビアン・カンチェラーラ

有名ですよね~。2010年のツール・ド・フランドルでのカンチェラーラのカペルミュールでのアタックシーン。
Cancellara attacks Boonen on Muur to win 2010 Tour Of Flanders

ファビアン・カンチェラーラは座ったままですからねえ~。使用したバイクも公開されてましたが、全くノーマル。

機械にも勝るファビアン・カンチェラーラのパワーと言ったところでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました