ロードバイクの情報を発信しています!

ヨーロッパへの渡航禁止で、アメリカのライダーがツールに出れない可能性も

海外情報
Photo by frank mckenna on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

EUは7月1日にどの国の渡航禁止措置が解除されるかを発表する。

良いニュースだが、米国がこれらの国の中に入ることは決して確実ではない。アメリカではまだコロナの影響で冠動脈発作が多発している。

冠動脈発作とは、心筋の酸素不足により胸痛発作が起こる病気で大変危なく死亡原因にもなっている。

それは一部のアメリカのサイクリストに問題を引き起こす可能性がある。

 

スポンサーリンク

アメリカの発生数は多い

Photo by Judeus Samson on Unsplash

 

ニュースでも耳にするように、アメリカの感染は止まっていない。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、米国がリスト入りしなかったのは、人口10万人あたりの感染症がまだ毎日100件以上あるからだという。

しかし、同紙は、保健ワーカー、学生、外交官、家族の都合でヨーロッパに戻らなければならない人には例外があると考えている。したがって、サイクリストはこれらの基準を満たしていない。

セップ・クス(Team Jumbo-Visma)やチャド・ハガ(Team Sunweb)など数人のライダーしかヨーロッパに残らなかった。

だが、

  • ティージェイ・ヴァンガーデレン(EF Pro Cycling)
  • ブランドン・マクナルティ(Team UAE Emirates)
  • ジョー・ドンブロウカキー(Team UAE Emirates)
  • ニールソン・パウレス(EF Education First)
  • クイン・シモンズ(Trek–Segafredo)

彼らにとっては、ヨーロッパに戻るのは難しいかもしれない。

 

彼らはまた、チームとの大規模なラウンドへのランアップで重要なトレーニングキャンプを欠場するリスクがある。

大きくのチームはすでにキャンプを開催しており、今でも遅れている状態だ。

EFボスのジョナサン・ヴォーターズは、発表される7月1日までにライダーをヨーロッパに連れて行ることに取り組んでいることを発表している。

EF Pro Cyclingだけで6人がアメリカ人だ。

 

ベン・キング  photo Ben King instagram

ベン・キング(NTT Pro Cycling )は米国での封鎖を過ごしたが、先週イタリアのルッカに戻った。イタリアは、実績のある仕事を持つ米国市民の入国を許可している。

中南米のライダーも一緒だが、コロンビアのライダーは7月19日に特別機で帰ってくる。

来週のEUの決定が米国市民や中南米の入国を許可するか、どうかは不明だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました