ロードバイクの情報を発信しています!

CANYONが電動自動車を販売する? 未来の都市交通はこうなる?

機材情報
photo canyon
この記事は約2分で読めます。

ドイツのダイレクト販売メーカーCANYONは面白いコンセプトを打ち出した。

ガソリンではなくて、電気の力で動く電動自動車を5年以内に開発したいとしている。時速60km/hで走る時には、車という扱い。

道路が混雑したら、25km/h以下に落として電動自転車として渋滞を回避するというけれど、法律上も色々とクリアーしないといけない問題もあるようだ。

 

スポンサーリンク

Canyon Future Mobility Concept

The Future of Mobility | Canyon

幅は狭く、一人乗りのように見える。この幅ならば狭い道でもOK。自転車のハンドル幅の83cmくらいしかない。

長さはホイールベースよりも長くて2.3mくらい。

 

photo canyon

高速と低速の混合で、目標150kmの距離を2000Whのバッテリー(通常の電動自転車の約4倍)で走る。

2つの両輪でステアリング用に7mの回転半径で曲がれる。

 

photo canyon

後ろに荷物を載せても良いけど、子供なら乗れるという設定かな。乗車姿勢はリカベンドのような感じ。

天候に応じて、ロックできるルーフ/フロントガラスにより、雨風も防げる。

 

photo canyon

実際に出来るかどうかは別にして面白い発想ですね。普段の買い物とか近距離通勤なら行けそうな感じ。

CANYONは、「私たちの都市の未来は新しくクリーンな形のモビリティにあると固く信じている」と言っており都市のモビリティの再構築に関与するとしている。

近い未来の都市交通が電動自動車になれば、排ガス問題とかも解決出来そうなんなですけどね。実現してほしいコンセプトだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました