ロードバイクの情報を発信しています!

アワーレコード保持者カンペナールツがツール・ド・ロマンディのタイムトライアルに失望

海外情報
https://twitter.com/Lotto_Soudal
この記事は約5分で読めます。

ヴィクトール・カンペナールツ ( Lotto Soudal )は、アワーレコードを見事に更新。

 

 

世界一の記録を出したんだから、コンディションも最高!  タイムトライヤルでは誰にも負けないのではないかと思っていたのは私だけでしょうか?

ですが、ツール・ド・ロマンディでのラストステージ。個人タイムトライヤルで第2位。総合優勝した、プリモシュ・ログリッチ(Jumbo-Visma)に13秒遅れてしまいました。

この結果に、カンペナールツはタイムトライアルパフォーマンスに失望していると語った。

 

スポンサーリンク

プロローグでクラッシュ

ツール・ド・ロマンディのプロローグは、個人タイムトライヤル。

距離は3.8kmと短いコース。中盤にかけて高低差50m弱のアップダウンがあるが、後はフラットに近い。

上のツイッターを見て貰うとわかるが、カンペナールツはカーブ途中で少し膨らみ立て直そうとしてカーブを曲がり切れず。路面の状態も少し悪かったんでしょうか?

結局、このステージで1分のタイムロス。最終ステージ前で83位。

 

カンペナールツが語る

 

満を持して臨んだ最終ステージのタイムトライヤル。早い段階でスタートしたカンペナールツは20分11秒をたたき出し、ホットシートに座り続けた。しかし、ただ一人20分を切る19分58秒のタイムを出したログリッチに負けてしまった。

第2位の結果に対してカンペナールツが語った。

「その週を通して、すでにログリッチが別のレベルに乗っていることに気づいたので、今日倒すのは難しいだろうと思ってたんだ。とても、がっかりしているよ。クラッシュしたプロローグは、本当に無駄だったね。それについて考えたんだけれども、リスクを冒しすぎたんだ。

 

しかし今日は、可能な限り最高のタイムトライアルだった。最初は登りで大変だったけど、トライアルバイクで上り坂を走るのは得意なんだ。でも、さらに上手いのがプリモシュ・ログリッチだ。

チームはすべてを完璧に準備してくれたのに、勝利で彼らに報いることができなかったのは残念だ。」

 

 

「今日はかなり強い風があったけど、それはログリッチの勝利にも貢献しないよね。向かい風と上り坂の厳しい部分はコースの初めにあったんだ。たいてい自分は、比較的遅いスターターの方が多いんだけど、今日は中間地点で2番目に良いタイムで通過したよね。それは私のコンディションが良いことを示している。

ジロ・デ・イタリアへの準備で、ツール・ド・ロマンディは上り坂でも生き残ることができることを教えてくれた。だけど、タイムトライアルでログリッチを倒すのは難しいと思う。

 

https://twitter.com/Cyclingnewsfeed

プリモシュ・ログリッチ

 

もちろん、3回のトライヤルすべてにおいて勝つために走るさ。うまくいけば、それらのうちの1つで勝利を収めることができるだろう。

もし、チョイスするならば、プロローグで勝ちたい!  ただ、それは最も難しいものになるだろう。」

 

カンペナールツは

  • オーストラリアのスプリンター、カレブ・ユアン
  • ブレイクアウェイスペシャリストのトーマス・デゲント

など、強力なメンバーを含むLotto Soudalの一員としてジロ・デ・イタリアに向かっています。

今年のジロには、3つのタイムトライアルがあり、カンペナールツはそれらすべてにおいて勝利を狙います。

土曜日のボローニャでのオープニングステージは8.2km。レース勝者は最初のマリアローザが着れるステージです。フニッシュに向かう2kmの厳しい登りを特徴とします。

 

さて、最初のマリアローザは誰になるのでしょうか?

 

ロット・ソウダルのジロ・デ・イタリアの出場メンバーは以下に書いています。

 

ジロ・デ・イタリアのコースの見方について書いてます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました