ロードバイクの情報を発信しています!

BORA-hansgroheのツール・ド・フランスメンバーに関する贅沢な悩み

海外情報
Photo by Jesse Schoff on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

BORA – hansgroheは、昨年12月にはエマヌエル・ブッフマンをジロ・デ・イタリアのリーダーとすることを発表していた。

では、だれがツール・ド・フランスのリーダーになるのだろうと思われていた。その答えは移籍してくる、ウイルコ・ゲルデルマンがエースとなるようだ。

 

スポンサーリンク

ゲルデルマンがツール総合を狙う

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wilco Kelderman(@w1lcokelderman)がシェアした投稿

 

2019ツール・ド・フランス総合4位の、エマヌエル・ブッフマンがジロを目指すことで、残る総合系の選手としてはウィルコ・ケルデルマンしかいないということだろう。

2021年のツールのコースは、山岳が厳しくなくTTもあるため、ブッフマンに向いていないと判断されている。

マキシミリアン・シャフマンもジロに出場する。だから、今の所、ツールのメンバーには選ばれていない。

チームではツール・ド・フランスに出場する、15名のロングリストが作られているが、一般公開されているメンバーはまだ数名だ。

 

現在公開されているツール・ド・フランス暫定メンバーは

  • レナード・ケムナ
  • サガン
  • ウィルコ・ケルデルマン
  • パトリック・コンラッド
  • パスカル・アンカーマン

レナード・ケムナなどは、セカンドエースとして十分に働いてくれるだろう。問題は、安定してウィルコ・ケルデルマンが成績を残して貰えるかが焦点となる。

ケルデルマンとしては、ジロ総合3位に続く良い走りが出来るのか真価が問われる形となる。

 

パスカル・アンカーマンはツール出場が可能か?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pascal Ackermann 🇩🇪(@_pascal_ackermann_)がシェアした投稿

 

一方、トップスプリンターのパスカル・アッカーマンが、2021年に初めてツール・ド・フランスのステージ勝利を狙うことができるかどうかは不明のまま。

一応、ロングリストには名前が出ているけど。

パスカル・アンカーマンは

ツール・ド・フランスは私にとって大きな目標です。しかし、私は次のように言わなければなりません。フォームは正しくなければならない。

最強は最初にある必要があると私は思う。現在、私はスプリントトレイン全体でロングリストに載っている。

と、述べている。自信満々ですね。

 

パスカル・アンカーマンがツールには出場したことがない。2019年のジロ・デ・イタリアでは前年ポイント賞獲得のサム・ベネットを押しのけて出場。見事にポイント賞を獲得した。

そして、ブエルタ・ア・エスパーニャでも2勝をあげている。

だが、パスカル・アンカーマンもサガンというスーパースターがいるため、このままではツール出場は難しいだろう。サム・ベネットと同じ道を歩むとは思えないけど。

 

ツールのメンバーも8人しか選べない。ウィルコ・ケルデルマンのサポートライダーと、あとは8つのスプリンターステージがあるので当然スプリンターを配置してくる。

パスカル・アンカーマンが出場となれば、サガンはグリーンジャージの獲得が難しくなるだろう。チーム内でポイントを奪い合うことにもなりかねない。

チームは、現在ガルダ湖で合宿しており、話し合いが行われるはずだ。パスカル・アンカーマンの場合、今後のレースの結果によって判断されるかもしれない。

どちらが出ても勝利が狙えるので、チームとしては贅沢な悩みとなりそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました