ロードバイクの情報を発信しています!

ロマン・バルデが落車によりモン・ヴァントゥ チャレンジを回避

海外情報
photo romainbardet instagram
この記事は約4分で読めます。

ロマン・バルデはルート・ドクタシーで総合8位と精彩を欠いていた。

これは、落車による影響があったからだ。第2ステージで落車しながらも集団ゴール。

まったく、ケガの影響はないかと思われていたのだが、8月6日に行われるモン・ヴァントゥ チャレンジを回避することになった。

 

スポンサーリンク

腕が引けない

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Racing is back 😊 • @ag2rlamondiale_procyclingteam • 📸 @gettysport

Romain Bardet(@romainbardet)がシェアした投稿 –

 

ロマン・バルデの第2ステージの落車は、ゴール手前100kmの地点で起っている。

左肘、左膝、腰も打撲しており、なんとか集団に復帰してゴールしたが、あまり状態はよくない。

特に、左肘が痛いためハンドルを引く動作が出来ないようだ。これは山岳では致命的でダンシングもままならない。

最終ステージで17位と遅れたのは、最後はブノワ・コズネフロワのアシストをしていたためでもあった。ケガがなければバルデが狙う予定だったはずだ。

 

以下の動画は、最終ステージでチームメイトのブノワ・コズネフロワがゴールしたシーン。

後から8位となったロマン・バルデが来ているが、包帯などは見えないので打撲だけのようだ。

ロマン・バルデは初日のステージでもゴール前の落車に巻き込まれている。初日にはティボー・ピノもゴール前の落車に巻き込まれた。

 

バルデは、

私は初日のレース以来生き延びてきたばかりであり、非常に苦しんでいるので、レースを続けることができるかどうかさえわからない。

明日はX線を撮るつもりだし、自分の面倒をみてみよう。

結局、モン・ヴァントゥは回避してクリテリウム・ドーフィネから参戦するようだ。

 

モン・ヴァントゥには多くのクライマーが出場

モン・ヴァントゥ チャレンジには、ロマン・バルデの代わりのライダーはいない。AG2Rは6人で参加となる。

 

今回のモン・ヴァントゥ チャレンジの主なライダーをあげてみると

  • ナイロ・キンタナ (Team Arkéa Samsic)
  • ミゲル・アンヘルロペス(Astana Pro Team)
  • ファビオ・アル(UAE-Team Emirates)
  • リッチー・ポート(Trek – Segafredo)
  • ヘスス・エラダ( Cofidis, Solutions Crédits)

 

特にキンタナは、モン・ヴァントゥの最速記録を破ることが出来るか注目だ。ケガの影響がなければ良いのですけど。

 

 

そして、NIPPO DELKO One Provenceからは、fumyに中根、岡と3選手が登場する。是非見てみたい。

 

モン・ヴァントゥ チャレンジはストリーミングで放送される。日本時間では午後9時頃から開始なので十分見れる時間だ。

ツール・ド・ボローニャ第2ステージもあるけど、日付が変わってから放送なのでさすがに見れる人は少ないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました