ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ポローニュ第1ステージで大惨事発生 【動画あり】

海外情報
Photo by JOSHUA COLEMAN on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・ポローニュは波乱の幕開けとなった。

5ステージが行われるポローニュ第1ステージは中間に丘陵があるが最後はスプリンターがゴールを狙うステージ。

ゴール直前までは、普通のレースだったが最後に大落車が発生してしまう。

 

スポンサーリンク

Stage 1 » Stadion Śląski › Katowice (195.8k)

第1ステージ

なんてことはない、普通のスプリンターステージで終わるはずだった。

 

photo Tour de Pologne twitter

普通に逃げが発生して、人数を減らしながら逃げ続ける、上はラスト45km付近の映像。

 

問題は最後のゴールシーンだ。動画を見て貰えれば一番よくわかる。

77 TOUR DE POLOGNE kraksa na mecie. 05.08.2020.Big crash at the finish line of 77 Tour De Pologne

ゴール前ではクイックステップが引いているが、最後はレムコが牽引。

ディラン・フルネーフェンがスプリント開始。だが、徐々にフェンスよりに進路が変わってしまっている。

その後ろについていたファビオ・ヤコブセン(Deceuninck – Quick Step) が抜こうとした時に、フルネーフェンの肘がからんでしまう。

 

ファビオ・ヤコブセンは、バリケードを破って一回転。スタッフともぶつかる大惨事。

この時点では、ファビオ・ヤコブセンの足しか見えない。

 

photo Tour de Pologne

ディラン・フルネーフェンは背中のジャージが破れている。彼のケガについては詳細がない。

ファビオ・ヤコブセンはヘリコプターで病院に搬送。大量の血液を失っており深刻な状態で、現場で1時間の処置が行われている。

ぶつかられたスタッフは一緒に運ばれたが、大丈夫のようだ。

マルク・サロー(Groupama – FDJ)は肩のじん帯を痛めており、2位となったが続行不可能となった。

 

こちらはジャスパー・フィリップセン(UAE-Team Emirates)のツイート。

ジャスパー・フィリップセンも乗り上げており、ジャージが破れている。

UCIは声明を発表し、ディラン・フルネーフェンの失格と制裁を科すように要求。500CHFの罰金となっている。

 

クイックステップからの更新では、ファビオ・ヤコブセンは、脳や脊髄の損傷は明らかになってないが、複数の損傷の重大さのために、彼は依然として昏睡状態にあると報告されている。

選手生命に関わることがなければ良いのですが。

 

 

コメント

  1. ユウト より:

    去年のブジョグが落車した第3ステージはヤコブセンが1着だったけど、斜行による制裁処置でアッカーマンが繰り上げ1位になってましたよね。

  2. ちゃん より:

    そうですね。降格処分受けてますね。それにしてもケガの状態が気になります。顔のケガだけではないでしょうから心配しています。

タイトルとURLをコピーしました