ロードバイクの情報を発信しています!

フランダース「ロックダウンエディション」はリアルで面白い!

https://www.youtube.com/watch?time_continue=588&v=itrWP4G8U44&feature=emb_logo海外情報
この記事は約5分で読めます。

フランダースツアーは「ロックダウンエディション」のバーチャルレースで4月5日に開催。

同じ日に行われたRONDE VAN ZWIFTは、Alpecin-FenixとeRacingが争った。

 

RONDE VAN ZWIFTとは、違ってこちらは屋内トレーニングプラットフォームBkoolでおこなわれいる。

これが、結構リアルに作られていて、選手がローラーを漕いでいる姿も見れるのでRONDE VAN ZWIFTよりも見ていて面白いという印象。

 

スポンサーリンク

スタートラインから放映

https://www.youtube.com/watch?time_continue=588&v=itrWP4G8U44&feature=emb_logo

スタート位置に並んだ選手も結構リアルに作りこんである。横からの画像のほうがリアルっぽい。やはりスタートからやって貰わないとねえ~。

顔と体形は皆同じだけど(^-^;

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=588&v=itrWP4G8U44&feature=emb_logo

スタートする13人の選手のローラーで準備している映像も見れるのが良い所。レースの最中も画面に映っている選手のローラー動画も見れるのがとてもいい。

Zwiftでは全く選手の顔などが見れないのが残念。しかも後ろからの映像ばっかりだし。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=588&v=itrWP4G8U44&feature=emb_logo

それと、写す場面が頻繁に変わるのも良い。普通のロードレースのように前からの映像もあって、見ていて違和感がない。

13人と少ないので、ジャージの色で誰かわかるのもリアルでいい感じ。

 

ばらけてくると、争っている二人をクローズアップして実際のローラー画面も出ていてわかりやすい。

たまに、バーチャルのライダーがダンシングするのも見ていて面白い所。

それと、Zwiftと違ってタイム差だけでなく、前のライダーからの距離も表示してくれるので、より分かりやすい。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=588&v=itrWP4G8U44&feature=emb_logo

もっと驚いたのが、グレッグ・ファンアーヴェルマートが単独になって、通り過ぎる場面があるのだが、これがリアル。

スマホのちっこい画面で、ローラーしながら見てたら多分実写のように見えるはず。

結局レースのほうは、最初はレコム・イヴェネプールがトップを走っていたが後退。

その後、トーマス・デヘントや、オリバー・ナーセン、二コラシュ・ロッシュが激しく争う。

オリバー・ナーセンはローラーをしている姿はもう必死。下を向いて苦しそうにもがいていた。

勝利したのは、最後に抜け出したグレッグ・ファンアーヴェルマート。後続に20秒の差をつけての圧勝だった。

 

優勝したグレッグ・ファンアーヴェルマートは

https://www.youtube.com/watch?time_continue=588&v=itrWP4G8U44&feature=emb_logo

自宅の屋根裏部屋から参加していたグレッグ・ファンアーヴェルマート。ゴール後には、娘さんの姿が見えたりして面白い。

 

自分のパフォーマンスに満足している。家からレースするのは少し奇妙ですが、ベストを尽くした。

最初はスピードにショックを受けたが、全てを実際のレースのペテルベルグ(Paterberg)の登りに焦点を置いた。そこから最後まで死にかけていた。本当にブロックしたんだ。

トーマス・デゲントは私に、坂道で違いが生じることを知らせてくれた。フラットを運転するのは非常に困難。

坂道だけに集中することを頭の中に入れた。私は本当に「ローラードライバー」ではない。本当の石畳と屋外でのライディングが好きだが、悪くはなかったので、勝ててうれしい。

やるのは楽しかった。言うまでもなく、みんな楽しい時間を過ごしたと思う。私の心拍数は長い間それほど高くなかったと思う。

とても素晴らしいアイデアで、誰もがフランダースのツアーを愛している。これは実際のツアーに代わる価値のあるものではありませんが、人々を少し楽しませることができた。

グレッグ・ファンアーヴェルマートのCCCは大変な状態だが、それでも関係なくベストを尽くすところは、さすがプロですね。

 

 

リザルト

  1.  Greg Van Avermaet (CCC) in 43m17s
  2.  Oliver Naesen (AG2R La Mondiale)  20s
  3.  Nicolas Roche (Team Sunweb)  21s
  4.  Thomas De Gendt (Lotto Soudal)  50s
  5.  Jasper Stuyven (Trek-Segafredo)  1m33s
  6.  Remco Evenepoel (Deceuninck-Quick-Step) 1m42s
  7.  Tim Wellens (Lotto Soudal) 2m08s
  8.  Wout van Aert (Jumbo-Visma) 2m21s
  9.  Mike Teunissen (Jumbo-Visma) 2m38s
  10.  Zdenek Stybar (Deceuninck-Quick-Step) 3m29s
  11. Yves Lampaert (Deceuninck-Quick-Step) 3m29s
  12. Alberto Bettiol (EF Pro Cycling) 3m39s
  13. DNF. Michael Matthews (Team Sunweb)

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=588&v=itrWP4G8U44&feature=emb_logo

表彰式。髪型がリアル

マイケル・マシューズはギアが変わらなくてリタイヤとなった。普通のロードレースと違ってメカトラとなるとリタイヤしかないのもバーチャルならではかな。

全体的に、Zwiftレースを見るよりもBkoolでのレースを見るほうがよりリアルで面白い。Bkoolはローラーも左右に振れるようになっている製品を販売している。

 

 

ロックダウンエディションのレースの模様はこちら。
De Ronde Lockdown Edition: Tour of Flanders Virtual Race LIVE On GCN Racing

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました