ロードバイクの情報を発信しています!

Bigla-KatushaがÉquipe Paule Kaにリブランド

https://www.bpct.ch/presentingequipepauleka/海外情報
photo bpct
この記事は約3分で読めます。

Bigla-Katushaはスポンサーの業績悪化により、チーム存続の危機に立たされていたが、フランスの衣料品ブランドPaule Kaによって救われた。

 

Bigla-Katushaは、2020年シーズンの再始動に向けて、新しいジャージとチーム名を発表。

新たなチーム名は、Équipe Paule Kaとなる。

 

スポンサーリンク

Équipe Paule Ka

4月末にBiglaとKatushaがチームへの資金提供を突然取りやめたため、問題が表面化した。

チームはその後、4月にライダーとスタッフの賃金を支払うために、クラウドファンディングを開始し、UCIの銀行保証も利用している。

 

新スポンサーとなったPaule Kaは、1987年にセルジュ・カージュフィンガーによって創設された高級既製服ブランドで、世界中に90店舗を展開し、オンラインでも強い存在感を放っている。

 

photo bpct

チームジャージは、ネイビー、オレンジ、ホワイト、アクアグリーンのカラーリングはそのままに、キットデザインは180度反転され、ホワイトがメインカラーとなっている。

サイドにはブルーとオレンジのトリム、胸元にはアクアのストライプが施されている。

チームカーも同じようにカラーリングされている。

2005年から長年チームをサボートしていたBiglaはスポンサーから撤退することになった。Paule Kaとのスポンサー契約は2024年までとなっている。

 

とりあえず、コロナ騒動でチーム存続の危機に立っていた女子チームは無事に救われて一安心ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました