ロードバイクの情報を発信しています!

アルベルト・コンタドールはエガン・ベルナルがツール・ド・フランスで勝つだろうとコメント

海外情報
https://www.instagram.com/p/By2o9AfJLJq/
この記事は約6分で読めます。

アルベルト・コンタドールは 、エガン・ベルナル(Team Ineos)が、3週間のレースの後、シャンセリゼでイエロージャージを着用しているだろうと述べ、今年のツール・ド・フランスの優勝を支持している。

コンタドールは、今年のツールは最もオープンなレースになるだろうと言う。つまり明確な本命のいないツールになるのではと言っている。

 

スポンサーリンク

本命不在のレース

クリス・フルームとトム・デュムランが出場出来ない、今年のツールは明確なリーダーがいない。

 

今年のジロ・デ・イタリア第3週では、プリモッシュ・ログリッチェが落車の影響と疲労で総合から脱落。

今年のグランツールでは常に波乱が生じている。

ベルナルでさえ、鎖骨骨折でジロは走れなかった。

 

「私たちは近年最もオープンなツールに直面していると思う。

オッズを見れば明らかなお気に入りはいません。フルームとデュムランは、それをさらにオープンにしている」

とコンタドールはスペインの新聞Marcaに語った。

 

昨年のツール・ド・フランスのトップ4のうち、出場するのはディフェンディングチャンピオンのゲラント・トーマスのみ。

そのトーマスもツール・ド・スイス第4ステージで落車してリタイヤしてしまった。

 

その後を引き継いだ、エガン・ベルナルだが見事に総合優勝を飾った。

「ベルナルはスイスでの勝利だけでなく、どこへ行っても確実な勝利をあげる。

間違いなく素晴らしい本命の1人だ。また、とてもうまく機能する強力なチームを持っている。そして、彼はすでにレースを知っている。昨年彼はよくやったし、今度は勝利のために戦うだろう」

 

 

ベルナルは、2018年のツール・ド・フランスを15位でフィニッシュし、ゲラント・トーマスとクリス・フルームの重要な山岳アシストをこなした。

 

今年のエガン・ベルナルのリザルトは素晴らしい。

2019ベルナルのリザルト
主なレースのみ
  • National Championships Colombia – ITT (NC) 3位
  • Colombia 2.1 (2.1) 総合4位
  • Paris – Nice (2.UWT) 総合優勝
  • Volta Ciclista a Catalunya (2.UWT) 総合3位
  • Tour de Suisse (2.UWT) Stage7 優勝 総合優勝

 

エガン・ベルナルはジロの前にクラッシュで鎖骨骨折するまで、ツアーコロンビアのレースではクリス・フルームにレースを学んでいる。

 

コンタードールは、ベルナルが今年のツールで優勝するかどうかにかかわらず、彼自身の偉大さを追求するだろうと信じている。

ベルナルが22歳であるにもかかわらず、ツールでの経験は彼を後退させないだろうとも言う。

「経験は重要な役割を果たすが、エガン・ベルナルは最も強力で、素晴らしいチームを持ち、そして彼自身がすでに実証した実力を持っている。

彼は現在22歳だ。

だが、アマチュアからプロになり、スキル、ワットを知っていれば、限界を知るためのより多くの方法があるので、適応は短くなる。

彼は若いが、しっかりした基盤を持っている」

とContadorは述べている。

トーマスについては、全く言及していないところにも注目しておきたい。
 

フルームは帰ってくる

コンタドールはクリス・フルームについても語っている。

コンタードールは、フルームの5回目のツール・ド・フランスのタイトルに挑戦するレベルに戻ることを支持した。

 

「私は彼がトップレベルに戻ると思います。彼はすべてのレベルで競争力のあるライダーであり、2017年のアレハンドロ・バルデルデ。

または2014年に私自身によって示されるように、彼は完全に回復するでしょう」

 

コンタードールがいう怪我からの復活は、2017年ツール・ド・フランス第1ステージで落車し、膝蓋骨を骨折したバルベルデの復調。

 

コンタドール自身も、2014年ツール・ド・フランス第10スでージで落車。右足の高原骨折(脛骨の上面の骨折)をおっている。同じツールでクリス・フルームは手首骨折でリタイヤしている。

 

クリス・フルームの怪我は完治までに6か月。更にそこからトレーニングの再開となるので容易な道のりではないでしょう。

ただ、コンタドールも必ず戻ってくると確信している。前のレベルに戻れるように祈りたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました