ロードバイクの情報を発信しています!

アルベルト・ベッティオルがEF Education-Nippoと延長契約 ツールの優勝をチームで目指す

海外情報
Photo credit: crommelincklars on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

EF Education-Nippoのクラシックハンター、アルベルト・ベッティオルがチームと更に2年の契約延長となった。

ジロ・デ・イタリアでも、何度も逃げを見せていた。そしてついに、最長ステージの第18ステージで、レミ・カヴァニャ、ニコラス・ロッシュを振り切って独走勝利をあげた。

これはしびれましたねえ~。後方ではサガンが「逃げるんじゃねえ」と回りを脅して(言ってないけど)逃げを成立させてましたね。

 

スポンサーリンク

2か月シーズンインが遅れる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EF Education–NIPPO(@efprocycling)がシェアした投稿

 

アルベルト・ベッティオルと言えば、何と言っても2019年のロンド・ファン・フラーデレンの勝利が思い起こされる。

フィニッシュまで17kmを残したオウデ・クワレモントでアタックを仕掛けて優勝。

これが彼にとってのワールドツアーレースでの初勝利となる。だが、クラッシックにおける実力は本物で、2019 E3 BinckBank Classicでも4位に入っている。

彼の独走力の強さは、個人TTの成績でわかる。2019イタリア国内選手権TTではフィリッポ・ガンナと同タイムで2位という実力だ。

この独走力は、これまでのレースでも遺憾なく発揮されている。

だが、今年のアルベルト・ベッティオルはシーズンインが大きく遅れた。実は、昨年末から調子が悪く不調が続いていた。

その不調の原因は、慢性潰瘍性大腸炎だった。生命を脅かすものではなく、治療できるものだが、2か月ほど、シーズンインが遅れてしまう。

その後、ロンド・ファン・フラーデレンの時には風邪を引いており万全ではなかった。ようやくジロの最中に調子が上がってきたという感じか。

 

チームでツールの勝利を目指す

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alberto Bettiol(@albertobettio)がシェアした投稿

 

27歳となったアルベルト・ベッティオルは,確固たる目標を念頭に置いている。

まだ、より多くのレースに勝ちたいし、グランツールで優勝したい。

2019年のツール・ド・フランスではリゴベルト・ウランと共に戦い勝利に近かった。チームはそれを行うことが出来ると思うし、チームが大きなグランドツアーで勝利を得ることが出来るように自分自身戦おうと思う。

これから最盛期を迎えてくるので、更に勝利は望めるはずだ。

チームが自分を信頼してくれるので、留まることに決めたという。Nippoがタイトルスボンサーに入ったので、しばらくはチームは安泰だと思いますけどね。

アルベルト・ベッティオルが乗るCannondale SystemSix EVOについてはこちらで紹介してます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました