ロードバイクの情報を発信しています!

イネオスのトム・ピドコックがツール・ド・スイスを欠場する理由とは? 【追記あり】

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

オリンビックのMTB代表に向けて一時ロードバイクから離脱していたトム・ピドコック。

MTBのワールドカップ第2戦では優勝してしまった。

トム・ピドコックは、ブエルタ出場も予定されており、一時ロードに戻ってツール・ド・スイスに出場する予定だった。

だが、トム・ピドコックはツール・ド・スイスには出れない事態に~。

 

スポンサーリンク

トレーニング中に

以下のツイートはトム・ピドックのTTバイクが真っ二つに割れた写真

 

トム・ピドコックは、フランスのピレネー山脈でトレーニングをしていて、クラッシュして鎖骨骨折をしてしまった。

写真では、ダウンチューブとトップチューブの両方が半分に折れてしまっている。タイムトライヤルバーもフロントホイールも破損。

事故の時にどれだけスピードが出ていたことか。

タイムトライヤルバイクでトーニングしていて、すぐに救急車で搬送。スペインのジローナで手術を受けている。

 

追記

トム・ピドコックは下りで、横からきた乗用車は跳ねられている。そのために、バイクが折れてしまった。トム・ピドコックはボンネットの上を転がったとか。バイクが衝撃を吸収していなければもっと被害ケガになっていた可能性もある。

 

当然、ツール・ド・スイスは出場出来ないので、イネオスは代わりのメンバーを補充しなくてはいけない。

トム・ピドコックは、ツール・ド・スイスのあとに、MTBワールドカップにも出場予定だったけど、これも難しいだろう。

いくら手術したといっても、ロードと違ってMTBの衝撃は違うしね。

 

これまでのトム・ピドコックの主な成績は

Thomas Pidcock
2021主な成績
  • Kuurne – Bruxelles – Kuurne (1.Pro) 3位
  • Strade Bianche (1.UWT) 5位
  • De Brabantse Pijl – La Flèche Brabançonne (1.Pro) 優勝
  • Amstel Gold Race (1.UWT) 2位
  • La Flèche Wallonne (1.UWT) 6位

 

1年目の成績とは思えないほどの凄い走りだ。アムステルゴールドも写真判定でワウト・ファンアールトに負けているけど、僅差だった。

MTBでもマチュー・ファンデルプールを破っているし、いち早く回復してレースで走る姿を見せて貰いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました