ロードバイクの情報を発信しています!

34の男子チームが2022年のプロのライセンスを申請 女子は新しく5チームが申請

海外情報
Photo credit: Flowizm on Visualhunt.com
この記事は約6分で読めます。

34の男子チームが来シーズンのプロライセンスを申請した。

19チームのうち18チームは、WorldTeamステータスを拡張したいと考えており、これは予想通り。

だが、Team Qhubeka NextHashがリストにない。チームは必要な書類を提出するための立場になかった。

プロチームでは、Androni Giocattoli-Sidermec、Delko、ViniZabùがProTeamステータスの申請に含まれていない。

 

スポンサーリンク

ワールドツアー申請

Qhubeka NextHashは先週、金曜日に必要な書類を提出することは「立場にない」とすでに発表していた。

チームは深刻な財政難に陥っており、10月初め、ライダーは別の雇用主を探す可能性があると発表されている。

 

他の18のワールドツアーチームは書類を提出。

  1.  AG2R Citroën
  2. Astana Qazaqstan
  3. Bahrain Victorious
  4. BORA-hansgrohe
  5. Cofidis, Solutions Crédits
  6. EF Education-Nippo
  7. Groupama-FDJ
  8. INEOS Grenadiers
  9. Intermarché-Wanty-Gobert
  10. Israel Start-Up Nation
  11. Team Jumbo-Visma
  12. Lotto Soudal
  13. Movistar Team 
  14. Quick Step-Alpha Vinyl
  15. Team BikeExchange
  16. Team DSM
  17. Trek-Segafredo
  18. UAE Team Emirates

 

プロチーム申請

Delkoはお伝えした通り、チームが解散してしまった。

 

ViniZabùも財政困難でチーム存続の危機にある。プロチームとして存続は難しいかもしれない。

 

https://chan-bike.com/thalias-professional-team-Vini Zabu-is-on-the-verge-of-team-survival

 

エガン・ベルナル、イバン・ソーサが在籍していた、Androni Giocattoli-Sidermecもプロチームの申請をまだ提出していない。

チームは2022年からはDrone Hopper-Androni Giocattoliとチーム名が変更になるが、まだ、書類提出までには至っていない。

追記

Androni Giocattoliのスボンサーとなる、スペインのドローンホッパーは、5年しか経っていないが、火事、農業、ロジスティクスソリューションに使用されるドローンのメーカー。

初めてのスボンサー申請なので、書類の整備に時間がかかっているために申請が遅れたようだ。12月には間に合う模様。

 

16チームがプロチーム申請している。

  1. Alpecin-Fenix
  2. B&B Hotels p/b KTM
  3. Bardiani CSF Faizanè
  4. Bingoal Pauwels Sauces WB
  5. Burgos-BH
  6. Caja Rural-Seguros RGA
  7. EOLO-Kometa
  8. Equipo Kern Pharma
  9. Euskaltel-Euskadi
  10. Gazprom-RusVelo
  11. Rally Cycling
  12. Sport Vlaanderen-Baloise
  13. Team Arkéa-Samsic
  14. Team Novo Nordisk
  15. Team TotalEnergies
  16. Uno-X Pro Cycling Team

 

女子のワードチーム申請

9つの女性チームはすべて、Women’sWorldTeamとしてのステータスを拡大したいと考えている。

これには、当面はAléBTCLjubljanaも含まれる。UAE Team Emiratesによるそのチームの計画された買収は、UCIによって調査中であり、UCIライセンス委員会による承認が必要となっている。

 

5つの女性チームがWomen’sWorldTeamライセンスとWomen’sWorldTeamとしての登録を申請している。これにより、2022シーズンの女子ワールドチームの数は14になる。

ワールドチームとして申請した女性チーム

  1. Canyon SRAM
  2. FDJ Nouvelle Aquitaine Futuroscope
  3. Liv Racing Xstra
  4. Movistar Team
  5. Team BikeExchange
  6. Team DSM
  7. SD Worx
  8. Trek-Segafredo
  9. Alé BTC Ljubljana

 

ライセンスを申請し、Women’s WorldTeamとして登録する女性チーム。

  1. Rally Cycling
  2. Roland Cogeas Edelweiss
  3. Team Jumbo-Visma
  4. Tibco-Silicon Valley Bank
  5. Uno-X Pro Cycling Team

 

Cofidis, Solutions Créditsが女子チームを発足するという話があったが、今回の申請では提出されていない。

 

来シーズンにワールドチーム、プロチーム、ウーマンズワールドチームとして登録したいチームは、10月15日金曜日に登録ファイルをUCIに提出する必要があった。

UCIは、外部の財務管理者とともに、チームが規制に準拠しているかどうかを評価する。リストにないチームは、登録プロセスが終了する前に申請する機会がある。

登録プロセスは、12月に予定されているライセンス委員会のヒアリングの終了によって決定される。

まだ、提出していないチームは12月までにスボンサーを見つけて契約しないといけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました