ロードバイクの情報を発信しています!

Cofidisが年間100万ユーロの予算で新しい女性チームを立ち上げチームは2025年までスポンサー契約延長

海外情報
Photo credit: Flowizm on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

サイクリングチームCofidis, Solutions Créditsにとっては朗報だ。

クレジットバンクでメインスポンサーのコフィディスは、スポンサー契約をさらに3年間延長することを決定した。

さらに、コフィディスはさらに多くのお金を男性チームに送り込み、2022年からは女性チームも年間100万ユーロの予算で立ち上げることを発表している。

 

スポンサーリンク

女性チームの立ち上げ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Cofidis Équipe Cycliste(@teamcofidis)がシェアした投稿

 

コフィディスは、2022年にコンチネタルの女性チームを立ち上げる。

予算は100万ユーロ(1億3000万円)といわれていおり、10人のライダーを集める予定だ。監督は、デュアスロンの元世界チャンピオンであるGaëlLe Bellecが務める。

コフィデスは1月に男性のパラサイクリングチームの立上げも発表しており、女性チームの立ち上げは男女平等の理念にも基づいている。

コフィディスのグループの5,500人のうちの大多数が女性であり、女性チームを作ることは必然的でもあった。

初年度の女性チームは、男性チームとシーズン前のキャンプを一緒に行う予定だ。

 

男性チームの予算も増加

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Cofidis Équipe Cycliste(@teamcofidis)がシェアした投稿

 

発表されたプレスリリースによると、スポンサーは男子チームに年間150万ユーロを追加投資することを決定していると伝えている。

150万ユーロあれば、強力なライダーを一人引っ張ってこれそうだ。

コフィディスは、2025年までサイクリングパートナーシップを拡大することも合わせて発表。

1996年からチームは発足しており、2020年にはワールドツアーライセンスが再交付された。更に2025年までスポンサー契約が延長されたことで、安心してレースが出来るというものだ。

予算も増えたことだし、来年以降は移籍によって更にチームは補強されることだろう。ツール・ド・フランスでのステージ優勝も果たしたいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました