ロードバイクの情報を発信しています!

2023ブエルタ・ア・サンファン第7ステージ レムコ・エヴェネプールが最後にみせた!

海外情報
Photo credit: Joanbrebo on Visualhunt
この記事は約17分で読めます。

ブエルタ・ア・サンファンもついに最終日。

総合は、ミゲルアンヘル・ロペスで間違いないでしょう。残念なのは、総合4位に上がったエガン・ベルナルがリタイヤしたこと。

 

最終日は、間違いなくスプリントとなるので誰が勝つのか注目だ。

 

スポンサーリンク

サンファン~サンファン 112km

コースマップ photo vueltaasanjuan

 

コースは、サンファン市内で16kmのローカルラップを7周するコース。2周目と5周目にスプリントポイントが設定してある。ゴール勝負だ。

 

  1. スプリントポイント lap2
  2. スプリントポイント lap5

 

スタート

スタート前には、このレースで引退となるマキシミリアーノ・リケーゼが全てのライダーに迎えられた。

 

サンファン最終日も晴天の中スタートだ。

 

引退を惜しむ観客の声援を受けて、マキシミリアーノ・リケーゼが単独で走る。

 

沿道の声援は、マキシミリアーノ・リケーゼに送られる。

 

もう5kmも声援に応えている。まるまる1周パレードするようだ。

 

プロトンの前で、今度はアルゼンチンの国旗を持って走る。アルゼンチンのトップ選手が引退とは国にとっても損失だ。

 

4人の逃げ

4人が逃げだした。

  1. 26 マティアス・ヴァチェク Trek-Segafredo
  2. 73 イェンス・レインダース Israel – Premier Tech
  3. 116 SALGUEIRO Carlos(APHotels and Resorts – Tavira)
  4. 191 ROSAS Laureano( Gremios por el Deporte – Cutral Co)

Gazprom – RusVeloから移籍したマティアス・ヴァチェクに、逃げ屋のイェンス・レインダースも入っている。

 

スプリントポイント lap2

スプリントポイント前で、イェンス・レインダースがスパート。

  1. 73 イェンス・レインダース Israel – Premier Tech 3ポイント・3秒
  2. 191 ROSAS Laureano( Gremios por el Deporte – Cutral Co) 2ポイント・2秒
  3. 116 SALGUEIRO Carlos(APHotels and Resorts – Tavira) 1ポイント・1秒

 

移籍して早速イェンス・レインダースは逃げ屋の見せ場を作っている。昨シーズンは本当によく目立っていた。あとはプロでの勝利が必要かな。

 

残り69kmで1分10秒差に。

 

残り59.9kmでタイム差45秒に。まあ、今日はゴールスプリントだ。

 

先頭は3人となってゴールラインを通過。タイム差は57秒。

 

残り37.3km。タイム差30秒に。

 

スプリントポイント lap5

マティアス・ヴァチックはゴールラインを通過するたびに、観客に手を振って応えている。

  1. ROSAS Laureano( Gremios por el Deporte – Cutral Co) 3ポイント・3秒
  2. マティアス・ヴァチェク Trek-Segafredo 2ポイント・2秒
  3. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech 1ポイント・1秒

 

7周目

マティアス・ヴァチェクは、観客をあおってからお辞儀をして通過。

 

ラスト14.5km。クイン・シモンズのアタックにレムコ・エヴェネプールが反応。

 

あっと、言う間に集団を引きちぎる。

 

レムコ・エヴェネプールは、総合逆転を狙っているか?

 

集団は一列棒状で追う。

 

猛烈なスピードで走り続ける二人。

 

ラスト5.7km。二人の逃げはゴールに届くか?

 

残り5.4kmで28秒差。時速57km/hで逃げている。

 

集団は65kmで追っている。

 

残り4.2km。さすがに集団のほうがスピードが速い。

 

ラスト4km。レムコ・エヴェネプールがクイン・シモンズを見ている。クイン・シモンズは足が限界か。

 

集団も必死で引く。

 

残り3.4km。二人の後ろに集団が迫る。

 

ラスト3.2kmで二人は捕まった。

 

ラスト2.2km。Movistar Teamのオイエル・ラスカノが引き終わって、Team DSMが上がってくる。先頭はイタリア選抜。

 

ラスト1.3km。まだイタリア選抜が引いている。

 

Team DSMのトレインが上がる。

 

さあ、ゴール前だ。先頭はSoudal – Quick Stepのイブ・ランパールト。

 

ラスト500mでイブ・ランパールトが引き終わった。これは、ミケル・モルコフへのバトンタッチが早すぎる。

 

ミケル・モルコフが先頭に出た。

 

ミケル・モルコフの引きが早すぎる。ファビオ・ヤコブセンはいないぞ。

 

ミケル・モルコフが残り300mから全開。ファビオ・ヤコブセンは囲まれている。

 

ミケル・モルコフがよけて、後ろをみるけどファビオ・ヤコブセンはいない。

 

Israel – Premier Techのジャコモ・ニッツォーロが先頭に立った。後ろは、Team DSMのサム・ウェルスフォードだ。

 

ジャコモ・ニッツォーロのリードアウトを受けた形となったサム・ウェルスフォードがまくりに入る。

 

ゴール前で3人が並んだ。

 

左からSoudal – Quick Stepのファビオ・ヤコブセン、Israel – Premier Techのジャコモ・ニッツォーロ、Team DSMのサム・ウェルスフォード。

 

あ~、なんとファビオ・ヤコブセンの顔におっさんの出したスマホが当たる!

 

ファビオ・ヤコブセンのサングラスとおっさんのスマホが吹っ飛んだ。

 

勝ったのは、サム・ウェルスフォードだ!

なんと、第6ステージにつづいて第7ステージも勝利してしまうなんて。しかも、一流スプリンターをはねのけての勝利は素晴らしいとしかいいようがない。

さすがは、世界のトップトラック選手だ。

再度、戦績を見てみるとサム・ウェルスフォードは27歳。2022年からTeam DSMに在籍しており、トラックのスぺシャリスト。

  • 2016年、2017年、2019年の世界選手権チームパーシュートの優勝メンバー
  • 2019年 スクラッチ世界王者
  • 2016リオデジャネイロオリンピックでチームパーシュート銀メダル
  • 2021東京オリンピックでチームパーシュート銅メダル

トラックで、つちかったスプリントの駆け引きは、ロードのスプリントでも生かされている。2023年は新たなトップスプリンターとして名乗りをあげそうだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

サム・ウェルスフォードのコメント

信じられない。最終ラップでは、みんなが僕のことをよく見ていてくれた。最後の1キロのスタート地点では、まだ5人だった。週の終わりにここで練習できたのは素晴らしいことだ。

最終ラップは本当に大変なことになると思っていた。このラップは信じられないほど速く、観客も信じられないほど騒いでいた。お互いの会話がほとんど聞こえなかった。

ここにいるすべてのファンに感謝したい。忘れられない素晴らしい1週間だった。私にとっても、チームにとっても特別なことだ。一度でも勝てばいいし、すぐにまた勝てばもっといい。

男子もオートラリア(カデルエバンスオーシャン)で勝つことができたのは、チームとしての実力を示している。これは、今シーズンの素晴らしいスタートだ。

 

第7ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 WELSFORD Sam
Team DSM 20
10″
2:23:41
2
 JAKOBSEN Fabio
Soudal – Quick Step 15
6″
,,
3
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech 10
4″
,,
4
 GIDICH Yevgeniy
Astana Qazaqstan Team 5   ,,
5
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe 3   ,,
6
 VIVIANI Attilio
Team Corratec     ,,
7
 LONARDI Giovanni
EOLO-Kometa     ,,
8
 SAGAN Peter
TotalEnergies     ,,
9
 ABERASTURI Jon
Trek – Segafredo     ,,
10
 ZANONCELLO Enrico
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
11
 TIVANI German Nicolás
Team Corratec     ,,
12
 RUIZ Bredio
Panamá es Cultura y Valores     ,,
13
 MAGLI Filippo
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
14
 SYRITSA Gleb
Astana Qazaqstan Team     ,,
15
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe     ,,
16
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo     ,,
17
 GAVIRIA Fernando
Movistar Team     ,,
18
 PITA Cristian David
Team Banco Guayaquil – Ecuador     ,,
19
 BONILLO Iker
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
20
 BEVILACQUA Simone
EOLO-Kometa     ,,
21
 MÄRKL Niklas
Team DSM     ,,
22
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech  
3″
,,
23
 RICHEZE Maximiliano
Argentina     ,,
24
 QUINTANA Hector Exequiel
Chile     ,,
25
 ANDRESEN Tobias Lund
Team DSM     ,,
26
 VERMAERKE Kevin
Team DSM     ,,
27
 ROJAS Vicente
Chile     ,,
28
 PINAZZI Mattia
Italy     ,,
29
 CAORSI Juan
Uruguay     ,,
30
 PAREDES César Nicolás
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 LÓPEZ Miguel Ángel
Team Medellin – EPM 200
10″
25:40:57
2 2
 GANNA Filippo
INEOS Grenadiers 150
10″
0:30
3 3
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 125
4″
0:44
4 4
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team 100   0:50
5 5
 RIVERA Brandon Smith
INEOS Grenadiers 85   1:01
6 6
 PAREDES César Nicolás
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan 70   1:19
7 7
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 60   ,,
8 8
 VERMAERKE Kevin
Team DSM 50   1:30
9 9
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech 40   1:41
10 10
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo 35
13″
1:46
11 11
 MESSINEO Leandro Carlos
Chimbas Te Quiero 30   1:56
12 12
 TIVANI German Nicolás
Team Corratec 25   1:59
13 13
 LAZKANO Oier
Movistar Team 20   2:00
14 14
 DOTTI Juan Pablo
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan 15
7″
2:05
15 15
 CRAS Steff
TotalEnergies 10
1″
2:11
16 16
 ROJAS Vicente
Chile 5   2:12
17 17
 GONZÁLEZ Abner
Movistar Team 5   ,,
18 18
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team 5   2:16
19 19
 FRIGO Marco
Israel – Premier Tech 5   2:18
20 20
 LAMPAERT Yves
Soudal – Quick Step 5   2:28
21 21
 SEVILLA Óscar
Team Medellin – EPM 5
2″
,,
22 22
 SÁNCHEZ Brayan
Team Medellin – EPM 5   2:55
23 23
 MAGLI Filippo
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 5   3:12
24 24
 JOUSSEAUME Alan
TotalEnergies 5   ,,
25 25
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers 5   3:57
26 26
 TOLHOEK Antwan
Trek – Segafredo 5   3:58
27 27
 NATAROV Yuriy
Astana Qazaqstan Team 5   4:02
28 28
 BUCHANAN Franco
Agrupación Virgen de Fatima – San Juan Biker Motos 5   4:08
29 29
 VACEK Mathias
Trek – Segafredo 5
4″
4:22
30 30
 PETRUCCI Mattia
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 5   4:33
31 31
 ZEITS Andrey
Astana Qazaqstan Team 3   5:18
32 32
 FETTER Erik
EOLO-Kometa 3   7:24
33 33
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 3
2″
7:27
34 34
 KONYCHEV Alexander
Team Corratec 3   8:02
35 35
 ROSAS Laureano
Gremios por el Deporte – Cutral Co 3
7″
8:04
36 36
 JAMAICA Javier Ernesto
Team Medellin – EPM 3   8:19
37 37
 MÄRKL Niklas
Team DSM 3   8:36
38 39 ▲1
 LÓPEZ Harold Martín
Astana Qazaqstan Team 3   8:40
39 38 ▼1
 BRENNER Marco
Team DSM 3   9:10
40 40
 HIRT Jan
Soudal – Quick Step 3   10:26

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 24
2 2
 JURADO Christofer Robín
Panamá es Cultura y Valores 19
3 3
 DOTTI Juan Pablo
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan 14
4 4
 LÓPEZ Miguel Ángel
Team Medellin – EPM 10
5 5
 GANNA Filippo
INEOS Grenadiers 8
6 6
 MENDEZ Marcos Omar
Argentina 8
7 7
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 6
8 8
 GANDIN Stefano
Team Corratec 6
9 9
 CONTRERAS Emiliano
Chimbas Te Quiero 4
10 10
 MESSINEO Leandro Carlos
Chimbas Te Quiero 4

新人賞

マシュー・リシテーロは、Hagens Berman Axeonからtraineeから(研修生)として入り、2023年からワールドチームと契約となっている20歳のアメリカ人。総合9位。

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech 25:42:38
2 2
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo 0:05
3 3
 ROJAS Vicente
Chile 0:31
4 4
 VACEK Mathias
Trek – Segafredo 2:41
5 5
 BRENNER Marco
Team DSM 7:29
6 6
 ANDRESEN Tobias Lund
Team DSM 9:04
7 7
 RANGEL Vinicius
Movistar Team 12:24
8 8
 DÍAZ Rodrigo Daniel
Municipalidad de Rawson 19:42
9 9
 QUINTANA Hector Exequiel
Chile 23:17
10 10
 BONILLO Iker
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 27:40

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました