ロードバイクの情報を発信しています!

2023 グランプリ・シクリスト・ラ・マルセイエーズ フランスの開幕レースを制したのは?

海外情報
Photo credit: nicolasnova on VisualHunt.com
この記事は約10分で読めます。

フランスのヨーロッパツアーの開幕レース。

グランプリ・シクリスト・ラ・マルセイエーズ Grand Prix Cycliste de Marseille La Marseillaise(1.1)

 

過去の優勝者は

  • 2022 アモリ・カピオ
  • 2021 オレリアン・パレパントル
  • 2020 ブノワ・コヌフロワ
  • 2019 アントニー・テュルジス
  • 2018  GENIEZ Alexandre
  • 2017  VICHOT Arthur
  • 2016 ドリース・デヴァイナンス
  • 2015  LIGTHART Pim
  • 2014  VANBILSEN Kenneth
  • 2013  JULES Justin

 

スポンサーリンク

マルセイユ~セプテーム=レ=ヴァロン 167.9km

コースプロフィール Image credit: Grand Prix La Marseillaise

 

昨年からコースは変更。フランス特有のアップダウンの連続のコース。それほど長い登りはないのだけど、スプリンターが最後まで残るのは難しいコースだ。

 

注目されるライダーは

  • Team Arkéa Samsic マキシム・ブエ
  • AG2R Citroën Team ブノワ・コヌフロワ、オリバー・ナーセン
  • Cofidis バンジャマン・トマ
  • Groupama – FDJ ブルーノ・アルミライル
  • Alpecin-Deceuninck ドリース・デポンド
  • EF Education-EasyPost ニールソン・ポーレス、シュテファン・ビッセガー
  • TotalEnergies ピエール・ラトゥール
  • Israel – Premier Tech セップファン・マルク、ベン・ヘルマンス
  • Uno-X Pro Cycling Team クリストファー・ハルヴォルセン
  • Lotto Dstny アルノー・デリー、ブレント・ファンムール

 

スタート

個人的にはLotto-Dstnyのアルノー・デリーがどんな走りをみせるのか注目している。ただ、山岳の遅れから追いつけるかが勝負だ。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

フランスはいい天気の中スタート。

 

4人の逃げ

残り66.5km。4人が逃げている。

 

集団はAG2R Citroën Teamが引いている。

 

残り59.5kmでタイム差は2分25秒。

 

先頭から一人切れてしまう。

 

さらに一人切れて先頭は二人に。

 

集団も登りでバラバラになっている。

 

残り52.3kmで1分14秒差に。

 

結構な登りを上がっている。

 

残り38.7km。31秒で下っている。

 

残り34.7kmで先頭二人は捕まった。

 

ゴールまで34km。次の動きがあるのか。

 

先頭は10人くらい。

 

一人が後ろをみてスーッと前に。

 

 

単独で抜け出した。

 

だが、すぐに戻ったきた。

 

ゴールまで29.1km。このまま行くとは思えない。

 

メイン集団との差が中々出ない。

 

登りで少しずつばらけ始めた。

 

10人ほどが先頭集団。

 

残り21.1km。集団が追いついてくることはないのかな。

 

Lotto-Dstnyのブレント・ファンムールと、EF Education-EasyPostのニールソン・ポーレスが乗っている。

  1. ティボー・ゲルナレック (Team Arkéa-Samsic)
  2. Enzo PALENI(Groupama-FDJ)
  3. Lenny MARTINEZ (Groupama-FDJ)
  4. Pierre-Luc PÉRICHON (Cofidis)
  5. Jenno BERCKMOES (Team Flanders-Baloise)
  6. ブレント・ファンムール (Lotto-Dstny)
  7. ニールソン・ポーレス (EF Education-EasyPost)
  8. ヴァランタン・フェロン(TotalEnergies)
  9. Petr KELEMEN(CIC U Nantes Atlantique)
  10. Maël GUÉGAN (CIC U Nantes Atlantique)
  11. Joel SUTER (Tudor Pro Cycling Team)
  12. Petr KELEMEN (Tudor Pro Cycling Team)

 

下りで一人追いついてくる。

 

このメンバーでゴールに向かうのか。残り16.2kmとなった。

 

ニールソン・ポーレスが下りでアタック!

 

ニールソン・ポーレスは、後ろを確認して更に踏み込む。

 

残り13.2km。一人で行くつもりだ。

 

ゴールまで13.1km。集団とは1分12秒差だ。

 

追走も追い始めた。

 

ニールソン・ポーレスは、後続にかなりの距離をあける。

 

後続は牽制気味だ。

 

ニールソン・ポーレスと26秒差。

 

ようやく、追走が回し始めた。

 

残り10km。ニールソン・ポーレスは逃げ切れるか。

 

ニールソン・ポーレスは、メイン集団に1分36秒差をつける。これは集団に追いつかれることはない。

 

さあ、ニールソン・ポーレスは逃げ切れるか。

 

追走は誰かが捨て身で引かないと追いつかないだろう。

 

ニールソン・ポーレスは、新型Cannondaleで爆走だ。優勝すればバイクの良い宣伝になりそう。

 

追走は足が止まっている。

 

Groupama – FDJは二人いるのに何故、捨て身で引かないのだろう。

 

ニールソン・ポーレスの勝利は間違いない。残り1.9kmだ。

 

追走は2位争いの牽制。

 

ニールソン・ポーレスは、見事な逃げ切り勝利!

 

何度も何度もガッツポーズをしていた。2022ツール・ド・フランスではマイヨジョーヌが着れるチャンスがあったのに逃がしてしまった。

 

今回は、2022ジャパンカップの勝利に続いて3勝目だ。

逃げて勝つニールソン・ポーレスのパターンが出来上がりそうだ。

 

リザルト

ニールソン・ポーレスのコメント

最高だった。チームメイトがうまくポジションをとって、危険を回避してくれた。私、ベン・ヒーリー、マライン・ファンデンベルフと、いくつかの資産があったんだ。

坂の多いフィナーレの一番きつい上り坂で、10人ほどのエリート集団に滑り込みましたね。

このような集団の中に入ってペースを上げ、マラインと一緒にスプリントをするつもりだったんだ。でもその後、状況を見て、マラインやチームカーから、いいグループができたから続けていいという話を聞いたんだ。自分の道を進む自由を与えてくれたことに感謝したい。

EFのライダーは自分だけなので、理想的な状況ではなかった。複数メンバーを持つチームがいくつもあり、その分大変だった。

しかし、下りでギャップが出来た。実は、最初のレーンだけアタックするつもりだったのだが、そこですでにリードしていた。最後の登りでは全力を尽くし、すべてを出し切りました。幸運にも足が良かったんだ(笑)。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 125 4:19:13
2
 FERRON Valentin
TotalEnergies 85 1:15
3
 VAN MOER Brent
Lotto Dstny 70 ,,
4
 BERCKMOES Jenno
Team Flanders – Baloise 60 ,,
5
 NEILANDS Krists
Israel – Premier Tech 50 ,,
6
 PÉRICHON Pierre-Luc
Cofidis 40 ,,
7
 GUERNALEC Thibault
Team Arkéa Samsic 35 ,,
8
 MARTINEZ Lenny
Groupama – FDJ 30 ,,
9
 PALENI Enzo
Groupama – FDJ 25 ,,
10
 KELEMEN Petr
Tudor Pro Cycling Team 20 1:19
11
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 15 1:55
12
 DE BONDT Dries
Alpecin-Deceuninck 10 ,,
13
 VAN DEN BOSSCHE Fabio
Alpecin-Deceuninck 5 ,,
14
 VANMARCKE Sep
Israel – Premier Tech 5 ,,
15
 MORIN Emmanuel
CIC U Nantes Atlantique 5 ,,
16
 VAN POUCKE Aaron
Team Flanders – Baloise 3 ,,
17
 BIERMANS Jenthe
Team Arkéa Samsic 3 ,,
18
 BOIVIN Guillaume
Israel – Premier Tech 3 ,,
19
 HOULE Hugo
Israel – Premier Tech 3 ,,
20
 BRAET Vito
Team Flanders – Baloise 3 ,,
21
 FRETIN Milan
Team Flanders – Baloise 3 ,,
22
 BRUN Nils
Tudor Pro Cycling Team 3 ,,
23
 WATSON Samuel
Groupama – FDJ 3 ,,
24
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team 3 ,,
25
 MAHOUDO Nolann
CIC U Nantes Atlantique 3 ,,
26
 GRIGNARD Sébastien
Lotto Dstny   ,,
27
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny   ,,
28
 MERTZ Rémy
Bingoal WB   ,,
29
 MIQUEL Pau
Equipo Kern Pharma   ,,
30
 MALDONADO Anthony
St Michel – Mavic – Auber93   ,,

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました