ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツアー・オブ・広西 第4ステージ クイーンステージでトップはプロ初勝利!

海外情報
Photo credit: bmitd67 on Visualhunt.com
この記事は約17分で読めます。

第4ステージが登りゴールとなるので、このステージがクイーンステージとなる。

ただ、3.3kmと短いのでクライマーが勝てるコースでもない。果たして誰がトップとなるか。

 

スポンサーリンク

第4ステージ 南寧~農楽風景区 162km

コースプロフィール photo tourofguangxi

 

3日目で、ようやく山岳ステージ。後半にかけて徐々に登っていくけれど、最後の登坂まではほぼ平坦。

3.3kmの登りなので、凄いペースでの戦いとなりそうだ。

 

  1. 3級山岳 1.7km・5.2%
  2. スプリントポイント 
  3. スプリントポイント 
  4. スプリントポイント 
  5. 2級山岳 Nongla  3.3km・6.6%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

リーダージャージは、Alpecin-Deceuninckのドリース・デポンド。ボーナスタイムのおかげだ。

 

Bahrain Victoriousのジョナサン・ミランは、新人賞ジャージ着用。

 

山岳賞はBORA – hansgroheのフレデリック・ワンダール。

 

 

Jumbo-Vismaのオラフ・コーイはポイント賞ジャージ。

 

ニュートラルスタートに。

 

3級山岳 1.7km・5.2%

5人が逃げている。3級山岳はイェンス・レイダースがトップ通過。逃げているメンバーは

  1. ジェンセン・プラウライト Alpecin-Deceuninck
  2. ユリウス・ヨハンセン Intermarché – Circus – Wanty
  3. ゼネク・スティバル Team Jayco AlUla
  4. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech
  5. Changsheng Sun (China)

 

スプリントポイント 

スプリントポイント獲得順位は

  1. ジェンセン・プラウライト Alpecin-Deceuninck 6ポイント・3秒
  2. ユリウス・ヨハンセン Intermarché – Circus – Wanty 4ポイント・2秒
  3. ゼネク・スティバル Team Jayco AlUla 2ポイント・1秒

 

スプリントポイント 

ここもAlpecin-Deceuninckのジェンセン・プラウライトがトップ通過。

  1. ジェンセン・プラウライト Alpecin-Deceuninck 6ポイント・3秒
  2. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech 4ポイント・2秒
  3. ゼネク・スティバル Team Jayco AlUla 2ポイント・1秒

 

昨日落車した、UAE Team Emiratesのイヴォ・オリヴィラはボトル運び。

 

残り46kmで、1分30秒差に。

 

オラフ・コーイは、同胞のマイケル・ザイラルド(Tudor Pro Cycling Team)と最後尾でおしゃべり。

 

集団はMovistar Teamのアプネル・ゴンザレスが引いている。

 

スプリントポイント 

スプリントポイント前から、Israel – Premier Techのイェンス・レインダースが仕掛けたがジェンセン・プラウライトがトップ通過。

  1. ジェンセン・プラウライト Alpecin-Deceuninck 6ポイント・3秒
  2. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech 4ポイント・2秒
  3. ゼネク・スティバル Team Jayco AlUla 2ポイント・1秒

 

 

イェンス・レインダースがアタック!

 

残り25.3kmから単独走行を開始。

 

イェンス・レインダースは、まだ後ろから見えている。

 

残り19.7km。タイム差は1分。イェンス・レインダースもトップ10フニッシュはするのだけど、プロでの勝利が中々ない。

 

イェンス・レインダースは追いつかれて、Alpecin-Deceuninckのジェンセン・プラウライトが切れた。

 

中国のライダーが切れて3人に。

  1. ユリウス・ヨハンセン Intermarché – Circus – Wanty
  2. ゼネク・スティバル Team Jayco AlUla
  3. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech

 

ユリウス・ヨハンセンがアタック!

 

しかし、逃がさない。ゼネク・スティバルは、ロードレースでの最後の逃げでは。

 

ゼネク・スティバルらは、残り11.5kmで捕まってしまった。

 

残り8km。各チーム横一線に。

 

残り5.7km。位置取りが激しくなる。

 

EF Education-EasyPostのマライン・ファンデンベルフがスパート。

 

マライン・ファンデンベルフにオスカー・オンリーが張り付く。

 

二人が捕まってしまう。

 

2級山岳 Nongla  3.3 km à 6.6%

残り3.1km。まだ、大集団。

 

残り2.9km。Cofidisが先頭。

 

上空からだと、かなり棒状になっていることがわかる。

 

先頭はCofidis。

 

BORA – hansgroheのフレデリック・ワンダール先頭で、一度ゴールラインを越える。

 

EF Education-EasyPostのエスデバン・チャベスがアタックだ。

 

ゴール前の登り勝負。先頭は、Jumbo-Vismaのミラン・ファーダー。

 

ミラン・ファーダーがスパート!

 

ミラン・ファーダーが完全に抜け出した。

 

後ろには、誰も見えない。全員を彼のホイールから追いだした!

 

残り50m。

 

 

ゴール前のきつい部分。

 

ミラン・ファーダーが最後の力を振り絞る。

 

  

ミラン・ファーダーは、ゴールでポーズする力もない。

 

ゴールしたミラン・ファーダーは、力を使い果たして倒れ込む。

 

2位でゴールしたCofidisのレミ・ロシャスも倒れ込んだ。二人はしばらく起き上がれず。全身の力を使い果たしている。

ミラン・ファーダーは、東京オリンピックMTBで10位。2022年から3年契約でJumbo-Vismaに。しかし、2022年イツリア・バスクカントリー第5ステージで、ガードレールを乗り越えて落車。

2週間の昏睡状態となっていた。2022年CROレースで復帰。今回は、嬉しいプロ初勝利となった。

 

ミラン・ファーダーは、ステージ優勝に総合でもトップに立った。2位のCofidisのレミ・ロシャスとは6秒差。アクシデントがなければ、総合優勝も夢ではない。

 

スポンサーリンク

リザルト

ミラン・ファーダーのコメント

これは心からの勝利だ。昨年のイツリア・バスクカントリーで転倒した後だから、優勝は信じられないほど特別な気分だ。僕にとって全てに意味がある。

 

第3ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 VADER Milan
Jumbo-Visma 40
10″
3:43:45
2
 ROCHAS Rémy
Cofidis 25
6″
0:02
3
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost 20
4″
0:08
4
 PEÑA Jesús David
Team Jayco AlUla 15   ,,
5
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates 10   ,,
6
 MONIQUET Sylvain
Lotto Dstny 8   ,,
7
 WELLENS Tim
UAE Team Emirates 6   ,,
8
 JORGENSON Matteo
Movistar Team 3   ,,
9
 BARRÉ Louis
Team Arkéa Samsic 2   ,,
10
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers 1   ,,
11
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich     0:12
12
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis     0:16
13
 MARIAULT Axel
Cofidis     ,,
14
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe     0:19
15
 HAYTER Leo
INEOS Grenadiers     ,,
16
 RODRÍGUEZ Cristián
Team Arkéa Samsic     ,,
17
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost     0:23
18
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers     ,,
19
 BYSTRØM Sven Erik
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
20
 BARONCINI Filippo
Lidl – Trek     0:27
21
 KEPPLINGER Rainer
Bahrain – Victorious     0:34
22
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost     0:36
23
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team     0:40
24
 HELLEMOSE Asbjørn
Lidl – Trek     0:44
25
 KRUIJSWIJK Steven
Jumbo-Visma     0:49
26
 CHAMPION Thomas
Cofidis     0:57
27
 HOLLMANN Juri
Movistar Team     1:00
28
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe     ,,
29
 GOLDSTEIN Omer
Israel – Premier Tech     ,,
30
 PORTER Rudy
Team Jayco AlUla     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 22 ▲21
 VADER Milan
Jumbo-Visma 6
10″
13:05:33
2 39 ▲37
 ROCHAS Rémy
Cofidis  
6″
0:06
3 52 ▲49
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost  
4″
0:14
4 10 ▲6
 BARRÉ Louis
Team Arkéa Samsic  
1″
0:17
5 26 ▲21
 JORGENSON Matteo
Movistar Team     0:18
6 27 ▲21
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers     ,,
7 31 ▲24
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates     ,,
8 32 ▲24
 PEÑA Jesús David
Team Jayco AlUla     ,,
9 33 ▲24
 WELLENS Tim
UAE Team Emirates     ,,
10 58 ▲48
 MONIQUET Sylvain
Lotto Dstny     ,,
11 24 ▲13
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich     0:22
12 20 ▲8
 MARIAULT Axel
Cofidis     0:26
13 38 ▲25
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis     ,,
14 28 ▲14
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe     0:29
15 29 ▲14
 HAYTER Leo
INEOS Grenadiers     ,,
16 50 ▲34
 RODRÍGUEZ Cristián
Team Arkéa Samsic     ,,
17 17
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers     0:33
18 23 ▲5
 BYSTRØM Sven Erik
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
19 47 ▲28
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost     ,,
20 25 ▲5
 BARONCINI Filippo
Lidl – Trek     0:37
21 35 ▲14
 KEPPLINGER Rainer
Bahrain – Victorious     0:44
22 48 ▲26
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost     0:46
23 37 ▲14
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team     0:50
24 14 ▼10
 HELLEMOSE Asbjørn
Lidl – Trek     0:54
25 45 ▲20
 KRUIJSWIJK Steven
Jumbo-Visma     0:59
26 8 ▼18
 CHAMPION Thomas
Cofidis  
3″
1:04
27 7 ▼20
 GOLDSTEIN Omer
Israel – Premier Tech  
3″
1:07
28 21 ▼7
 PORTER Rudy
Team Jayco AlUla     1:10
29 41 ▲12
 HOLLMANN Juri
Movistar Team     ,,
30 57 ▲27
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe     ,,

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 DE BONDT Dries
Alpecin-Deceuninck 36
2 2
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 27
3 5 ▲2
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech 26
4 3 ▼1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 25
5 26 ▲21
 PLOWRIGHT Jensen
Alpecin-Deceuninck 20
6  
 VADER Milan
Jumbo-Visma 15
7 4 ▼3
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers 15
8 6 ▼2
 DE KLEIJN Arvid
Tudor Pro Cycling Team 13
9 7 ▼2
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe 13
10 8 ▼2
 TAMINIAUX Lionel
Alpecin-Deceuninck 11

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 WANDAHL Frederik
BORA – hansgrohe 42
2  
 WELLENS Tim
UAE Team Emirates 15
3 6 ▲3
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates 12
4 2 ▼2
 DE BONDT Dries
Alpecin-Deceuninck 9
5  
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost 6
6 8 ▲2
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech 5
7  
 ROCHAS Rémy
Cofidis 4
8 5 ▼3
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich 4
9 4 ▼5
 GOLDSTEIN Omer
Israel – Premier Tech 4
10 7 ▼3
 JOHANSEN Julius
Intermarché – Circus – Wanty 2

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 7 ▲6
 BARRÉ Louis
Team Arkéa Samsic 13:05:50
2 17 ▲15
 JORGENSON Matteo
Movistar Team 0:01
3 18 ▲15
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers ,,
4 21 ▲17
 PEÑA Jesús David
Team Jayco AlUla ,,
5 30 ▲25
 MONIQUET Sylvain
Lotto Dstny ,,
6 15 ▲9
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich 0:05
7 13 ▲6
 MARIAULT Axel
Cofidis 0:09
8 19 ▲11
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe 0:12
9 20 ▲11
 HAYTER Leo
INEOS Grenadiers ,,
10 16 ▲6
 BARONCINI Filippo
Lidl – Trek 0:20
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました