ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツアー・オブ・ターキー第8ステージ 最終スプリントでジャスパー・フィリップセンは勝ったのか?

海外情報
Photo credit: szeke on Visualhunt
この記事は約17分で読めます。

最終ステージは、イスタンブールでのスプリントで決着。

ジャスパー・フィリップセンを倒すライダーが現れるのかに注目となる。

 

スポンサーリンク

第8ステージ  イスタンブール~イスタンブール 130.5km

コースプロフィール photo tourofturkiye

 

最終ステージは、スプリントだ。決戦はイスタンブールでの10.5kmの周回コースで決着となる。

 

  1. 3級山岳 Mountain Prime  1.4km・6.7%
  2. スプリントポイント Sprint Prime
  3. スプリントポイント Sprint Prime

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

今回Shimanoレーシングも出ていたけど、インタビューを受けたのはSofer Savini Due OMZの鳴海颯。海外のチームで頑張っている。

 

スタートを待つ、ジェイ・ヴァインとジャスパー・フィリップセン。

 

ニュートラルスタート。

 

マーク・カヴェンディシュと、アレクセイ・ルチェンコは並んで走っている。

 

オフィシャルスタート。ジャスパー・フィリップセンが前に出てしまった。誰も来ない。

 

二人が飛び出す。

 

一人が逃げ続けるけど、誰もきてくれない。

 

4人が前に。

 

なんと、後ろからジェイ・ヴァインが来た。

 

ジェイ・ヴァインは、すぐに前に。

 

ジェイ・ヴァインの引きに、コンチネタルチームのライダーはついていけるのか。

 

二人が追従しそうだ。

 

後ろのライダーは切れていく。

 

ジェイ・ヴァインの引きで逃げが確定。

  1. ジェイ・ヴァイン UAE Team Emirates
  2. Jakub Murias(Voster ATS Team)
  3. Mauro Verwilt(Tarteletto – Isorex)

 

ようやく、トンネルを抜けた。距離も短いし、今シーズン最後のレースなのでジェイ・ヴァインは逃げに乗ったんでしょうね。

 

Alpecin-Deceuninckのジャスパー・フィリップセンは、集団復帰中。残り91.3kmで53秒差。

 

3級山岳 Mountain Prime  1.4km・6.7%

ここはジェイ・ヴァインがトップ通過。

  1. ジェイ・ヴァイン UAE Team Emirates 3ポイント
  2. Jakub Murias(Voster ATS Team) 2ポイント
  3. Mauro Verwilt(Tarteletto – Isorex) 1ポイント

 

残り86.8km。集団はAstana Qazaqstan Team マーク・カヴェンディシュが引いている。

 

残り80km。ジェイ・ヴァイン先頭で、等級のない登りを走っている。何故、山岳ポイントが設定されていないのかな。

 

残り73.9km。Astana Qazaqstan Teamは、グレブ・シリツァとマーク・カヴェンディシュがアシスト要員。

 

集団から単独アタック。しばらくして捕まる。

  1. Wesley Mol(BIKE AID)

 

マーク・カヴェンディシュが下りを猛烈なスピードで、ずっと引いている。

 

スプリントポイント Sprint Prime

スプリントポイント獲得順位は

  1. Mauro Verwilt(Tarteletto – Isorex) 5ポイント
  2. Jakub Murias(Voster ATS Team) 3ポイント
  3. ジェイ・ヴァイン UAE Team Emirates 1ポイント

 

3車線ある橋を封鎖してレース。凄いな。

 

こんな橋の上を通れるとは羨ましい。

 

集団から一人がアタック。これは捕まる。

  1. Victor Ocampo(Team Medellín – EPM)

 

丘の上にトルコの旗が立っているのだけど、超巨大。揺れているので、本物の旗なのだろうか。

 

残り46.8km。ジェイ・ヴァインは、補給。

 

スプリントポイント Sprint Prime

スプリントポイント獲得順位は

  1. Mauro Verwilt(Tarteletto – Isorex) 5ポイント
  2. Jakub Murias(Voster ATS Team) 3ポイント
  3. ジェイ・ヴァイン UAE Team Emirates 1ポイント

 

3人は海岸線を走る。タイム差は40秒。

 

先頭から一人が切れてしまう。

 

先頭は、相当頑張っている。後ろには、集団が来ているのが見えている。

 

集団はマーク・カヴェンディシュが、まだ引いている。

 

先頭から一人切れてしまった。これでジェイ・ヴァインだけが逃げに。

 

今日は流石に逃げ切れない。

 

ついに集団が迫ってくる。

 

だが、ジェイ・ヴァインは足を止めない。

 

ジェイ・ヴァインは諦めない。調子はかなり良さそうだ。

 

最後はマーク・カヴェンディシュが抜いて、ジェイ・ヴァインとグータッチ。

 

カウンターアタックがかかる。

 

一人が捕まると、また一人がアタック。思い出アタックか。

  1. Bram Dissel(BEAT Cycling Club)

 

ゴールに向けて、Astana Qazaqstan Teamが先頭を固める。

 

早くも、ジャスパー・フィリップセンが2番手で待機。

 

ゴール前は登っている。

 

しかも、何度もカーブがあり狭い。

 

Q36.5 Pro Cycling Teamのマッティオ・モスケッティが先頭に。

 

今度はUAE Team Emiratesが先頭に。

 

そして、Astana Qazaqstan Teamが先頭を引くが、後ろにはピッタリとジャスパー・フィリップセンがついている。

 

ケース・ボルが3番手だが、前にジャスパー・フィリップセンがいる。

 

残り400mで最後のカーブに。

 

アシストが外れた瞬間にジャスパー・フィリップセンが発射!

 

ジャスパー・フィリップセンは、早掛けのように見えたけれど全くケース・ボルを寄せ付けない。

 

ゴール手前で、後ろを確認する余裕も。

 

ジャスパー・フィリップセンは、ターキーで4勝目。今シーズンの勝利数を19まで伸ばして有終の美を飾った。

まさに、2019年シーズン最強のスプリンターとして実力を見せつけた感じだ。

総合優勝はAstana Qazaqstan Teamのアレクセイ・ルチェンコとなった。

 

スポンサーリンク

リザルト

ジャスパー・フィリップセンのコメント

最終ステージはとてもトリッキーだった。コースをスカウティングしておいてよかった。チーム内のすべてのライダーが何をすべきかを知っていた。

チームメイトも素晴らしい走りを見せてくれた。その後はトラブルに巻き込まれないように、そして自分のスプリントをすることだった。

こういう難しいフィニッシュが好きなんだ。実際のスプリントでは、すでに自分の限界に達している。まだ調子がいいし、それをもう一度見せたかった。このようなフィニッシュはいつだってうれしいよ。

8ステージ中4ステージで勝利しましたね。

目標はステージ優勝。良いチームと共にここにいるので、ツアー・オブ・ターキーの成功だけでなく、今シーズンの成功を振り返ることができる。

 

第8ステージリザルト

Rnk Rider Team Time
1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 2:57:28
2
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team ,,
3
 LONARDI Giovanni
EOLO-Kometa ,,
4
 MALUCELLI Matteo
Bingoal WB ,,
5
 DENZ Nico
BORA – hansgrohe ,,
6
 HODEG Álvaro José
UAE Team Emirates ,,
7
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team ,,
8
 DUPONT Timothy
Tarteletto – Isorex ,,
9
 COLNAGHI Luca
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè ,,
10
 ARVANITOU Nikiforos
Sofer Savini Due OMZ ,,
11
 BOUVIER Léo
BIKE AID ,,
12
 WALLS Matthew
BORA – hansgrohe ,,
13
 GAZZOLI Michele
Astana Qazaqstan Team ,,
14
 LANGELLOTTI Victor
Burgos-BH ,,
15
 MEURISSE Xandro
Alpecin-Deceuninck ,,
16
 GATHEMANN Albert
P&S Benotti ,,
17
 VAN DER BEKEN Aaron
Bingoal WB ,,
18
 VIVIANI Attilio
Team Corratec – Selle Italia ,,
19
 MARTÍN Alex
EOLO-Kometa ,,
20
 STOSZ Patryk
Voster ATS Team ,,
21
 STEDMAN Travis
Q36.5 Pro Cycling Team ,,
22
 VANDENBULCKE Alex
Tarteletto – Isorex ,,
23
 ISHIHARA Yuki
Shimano Racing Team ,,
24
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe ,,
25
 STÖCKLI Jan
Team Corratec – Selle Italia ,,
26
 DARBELLAY Valentin
Team Corratec – Selle Italia ,,
27
 SALBY Alexander
Bingoal WB ,,
28
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team ,,
29
 DEPE Serdar Anıl
Spor Toto Cycling Team ,,
30
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk ,,

総合

アレクセイ・ルチェンコのコメント

この勝利にとても満足している!ほぼ1週間、ジャージを守るのは簡単なことではなかったけど、隣に素晴らしいチームがいて、彼らと一緒ならすべてが可能になった。

ババダグステージは残酷なステージだったけど、それに勝てたことを嬉しく思うし、誇りに思う。その後の数日間、チームとともにリードを守り、この勝利を手にするために可能な限りのことをした。

これはチームにとっても、僕にとっても最高のシーズンの締めくくりだ。タフなシーズンをこのような成功で締めくくることができるなんて。何年か前、ここトルコで優勝に近づいたが2位に終わった。今年は、もっといい結果を出そうという強いモチベーションがあったし、結果にこだわっていた。

アジア大会のために、そして大会後に最高のフォームを手に入れ、チームメイトと力を合わせて、ついに優勝することができたんだ。

 

Rnk Prev ▼▲ Rider Team   Time
1 1
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team
16″
30:10:14
2 2
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe
6″
0:26
3 3
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team
4″
0:51
4 4
 LIPOWITZ Florian
BORA – hansgrohe   1:24
5 5
 BADILATTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team   1:31
6 6
 PELLIZZARI Giulio
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
4″
1:37
7 7
 OKAMIKA Ander
Burgos-BH   3:41
8 8
 GUERIN Alexis
Bingoal WB   3:52
9 9
 MEURISSE Xandro
Alpecin-Deceuninck   5:02
10 10
 PALZER Anton
BORA – hansgrohe   5:16
11 11
 NOVAK Domen
UAE Team Emirates   5:38
12 12
 YEMANE Dawit
BIKE AID
10″
6:15
13 13
 MARTÍN Alex
EOLO-Kometa   6:42
14 14
 LANGELLOTTI Victor
Burgos-BH
10″
7:09
15 15
 TERCERO Fernando
EOLO-Kometa   8:36
16 16
 HAGEN Carl Fredrik
Q36.5 Pro Cycling Team   8:40
17 17
 REYES Yeison Sebastian
Team Medellín – EPM   9:56
18 18
 SANTAROMITA Alessandro
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   10:04
19 19
 STEDMAN Maximilian
Beykoz Belediyesi Spor Kulübü   10:27
20 20
 PIETROBON Andrea
EOLO-Kometa   11:33
21 21
 FERNANDEZ Sinuhé
Burgos-BH   12:13
22 22
 PETER Jannis
P&S Benotti   13:50
23 23
 NOVÁK Pavel
Q36.5 Pro Cycling Team   14:00
24 24
 DARBELLAY Valentin
Team Corratec – Selle Italia   16:22
25 25
 VAN DER BEKEN Aaron
Bingoal WB   17:51
26 26
 KONRAD Patrick
BORA – hansgrohe
3″
19:19
27 27
 DEPE Serdar Anıl
Spor Toto Cycling Team   19:32
28 28
 CADENA Edgar
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   19:37
29 29
 TEUGELS Lennert
Bingoal WB
4″
25:10
30 30
 APARICIO Mario
Burgos-BH   28:10

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 77
2 2
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 71
3 5 ▲2
 LONARDI Giovanni
EOLO-Kometa 55
4 3 ▼1
 COLNAGHI Luca
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 55
5 4 ▼1
 DUPONT Timothy
Tarteletto – Isorex 53
6 6
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team 47
7 7
 MALUCELLI Matteo
Bingoal WB 45
8 9 ▲1
 WALLS Matthew
BORA – hansgrohe 34
9 8 ▼1
 VIVIANI Attilio
Team Corratec – Selle Italia 32
10 19 ▲9
 DENZ Nico
BORA – hansgrohe 27

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 VINE Jay
UAE Team Emirates 29
2 2
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team 23
3 3
 OYOLA Róbigzon Leandro
Team Medellín – EPM 16
4 4
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe 16
5 6 ▲1
 LANGELLOTTI Victor
Burgos-BH 10
6 5 ▼1
 YEMANE Dawit
BIKE AID 10
7 7
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team 9
8 9 ▲1
 PELLIZZARI Giulio
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 7
9 10 ▲1
 MARTINELLI Alessio
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 7
10 8 ▼2
 MATTHEIS Oliver
BIKE AID 7

チーム賞

Rnk Prev ▼▲ Team Class Time
1 1  BORA – hansgrohe WT 90:37:54
2 2  Green Project-Bardiani CSF-Faizanè PRT 14:15
3 3  Burgos-BH PRT 15:02
4 4  Q36.5 Pro Cycling Team PRT 15:16
5 5  EOLO-Kometa PRT 19:36
6 6  Astana Qazaqstan Team WT 35:11
7 7  Bingoal WB PRT 39:39
8 8  Team Medellín – EPM CT 55:25
9 9  UAE Team Emirates WT 1:01:27
10 10  BIKE AID CT 1:01:30
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました