ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ジャパンカップサイクルロードレース 古賀志林道の登りを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: taitan-no on Visualhunt
この記事は約12分で読めます。

1990年には宇都宮で世界選手権ロードが行われた。

その後、1992年からジャパンカップが開催されている。昨年は3年振りに開催で、EF Education-EasyPostのニールソン・ポーレスが独走勝利している。

 

過去の優勝者

  • 2022   ニールソン・ポーレス
  • 2019 バウケ・モレマ
  • 2018 ロベルト・パワー
  • 2017 マルコ・カノーラ
  • 2016 ダヴィデ・ヴィッレッラ
  • 2015 バウケ・モレマ
  • 2014 ネーサン・ハース
  • 2013 マイケル・ロジャース
  • 2013 ジャック・バウアー
  • 2012 イヴァン・バッソ
  • 2011 ネーサン・ハーツ

 

スポンサーリンク

宇都宮~宇都宮  164.8km→133.9km

コースプロフィールマップ photo japancup

 

レースは宇都宮市より少し東にある宇都宮市森林公園サーキットで開催。

1周10.3kmの周回を16周だったけれど、雨のために13周に。高低差は、185mあり獲得標高は2,590mとなる。結局、昨年と同じ距離となった。

 

  1. 山岳ポイント 3周
  2. 山岳ポイント 6周
  3. 山岳ポイント 9周
  4. 山岳ポイント 12周

 

注目のライダーは

  • EF Education-EasyPost アンドレア・ピッコロ、サイモン・カー
  • Bahrain – Victorious 新城幸也
  • Cofidis  ギヨーム・マルタン、アクセル・ザングレ
  • Intermarché – Circus – Wanty ロレンツォ・ロタ、ルイ・コスタ、レイン・タラマエ、ゲオルク・ツィンマーマン
  • Lidl – Trek バウケ・モレマ、ジュリオ・チッコーネ、エドワード・トゥーンス
  • Soudal – Quick Step ジュリアン・アラフィリップ、ジェームス・ノックス、ファウスト・マスナダ、イラン・ファンワイルダー
  • Team Jayco AlUla エディ・ダンパー、ルーカス・ハミルトン
  • Israel – Premier Tech クリス・フルーム、ベン・ヘルマンス
  • Lotto Dstny パスカル・エーンクホーン、マキシム・ファンジルス、エドゥアルド・セプルベダ

 

スタート前

YouTubeスクリーンショット 以下同様

先頭に並ぶのは、Intermarché – Circus – Wantyのルイ・コスタかな。今シーズンでチームから退団、すでに移籍と言われている。隣はチームメイトとなるかな。正式決定したら、報告。

 

雨の中スタート。落車がないように願いたい。

 

古賀志林道での抜け出しはなかった。

 

すでに集団は中切れが起こっているように見える。

 

残り12周

大集団のまま通過。レインブレーカーを着ているので、誰だか良くわからない。

 

古賀志林道で抜け出しはあるのか。雨だから無理はしないかな。

 

ジュリアン・アラフィリップが先頭で古賀志林道をクリアー。

 

4人が下りで抜け出し。Cofidisのアクセル・ザングレ、Soudal – Quick Stepのジュリアン・アラフィリップが先頭に入っている。

  1. ジュリアン・アラフィリップ Soudal – Quick Step
  2. アクセル・ザングレ Cofidis
  3. パスカル・エーンクホーン Lotto-Dstny
  4. マキシム・ファンジルス Lotto-Dstny

 

これは後ろが追いつくか。雨でゼッケンが見えない。

 

ジュリアン・アラフィリップは、レインブレーカーを脱いだ。このメンバーでは、日本人選手は乗れないか。

 

残り11周

4人がリードして残り11周回に。

 

なんと、ジュリアン・アラフィリップが3人をちぎって単独で古賀志林道を上がってきた。

 

山岳賞 1回目

ジュリアン・アラフィリップが1回目の山岳賞を獲得。

 

クリス・フルームは集団からちぎれている。これは完走は難しい。

 

ジュリアン・アラフィリップが23秒差で田野坂交差点を通過。追走に日本人選手は愛三工業の岡本隼のみ。

 

追走は18人。

 

残り10周

単独でジュリアン・アラフィリップが通過。残り数周回までは逃げ続けるのでは。

 

ジュリアン・アラフィリップが単独で古賀志林道をクリアー。

 

ジュリアン・アラフィリップは、44秒差で田野町交差点を通過。

 

残り9周

ジュリアン・アラフィリップが残り9周に。本来ならば、優勝を狙って貰いたいところなのだけど。Soudal – Quick Stepは、追走にイラン・ファンワイルダー、ファウスト・マスナダ、ジェームス・ノックスが残っている。

 

山岳賞 2回目

ジュリアン・アラフィリップが2回目の山岳賞を獲得。

 

ジュリアン・アラフィリップは、1分20秒離している。

 

残り6周

ジュリアン・アラフィリップは残り6周に。1分7秒差。

 

追走は26人となっている。新城幸也も追いついている。

 

ジュリアン・アラフィリップが単独で古賀志林道をクリアー。

 

集団がばらけてきた。

 

新城幸也は、集団最後尾で越えていく。

 

先頭は16人に。ジュリアン・アラフィリップは、下りで吸収されている。

 

残り5周

5人が抜け出した。

  1. アクセル・ザングレ Cofidis
  2. ゲオルク・ツィンマーマン Intermarché – Circus – Wanty
  3. ジェームス・ノックス Soudal – Quick Step
  4. クリス・ハミルトン Team Jayco AlUla
  5. パスカル・エーンクホーン Lotto-Dstny

 

追走も人数が絞られてきた。

 

山岳賞 3回目

ここはSoudal – Quick Stepのジェームス・ノックスがトップ通過。後方から追いついたIsrael – Premier Techのライリー・シーハンが2位通過。スプリントも登りもいけるのか。

 

また、下りで再編成に。12人となっている。

 

残り4周

10人に絞られた。

 

先頭は、Soudal – Quick Stepのファウスト・マスナダ。Soudal – Quick Stepは、ファウスト・マスナダ、ジュリアン・アラフィリップ、ジェームス・ノックスの3人。

 

下りで再編成されて16人に。まだ、勝負は先だ。

 

ジュリアン・アラフィリップがまたもアタック!

 

残り3周

どこまでジュリアン・アラフィリップが粘れるか。

 

あっと、Lotto-Dstnyのマキシム・ファンジルスが追いついた。

 

ジュリアン・アラフィリップを一気にクリアーしていく。

 

マキシム・ファンジルスが古賀志林道をクリアー。

 

追走は、Cofidisのギヨーム・マルタン。Israel – Premier Techのライリー・シーハン、Intermarché – Circus – Wantyのルイ・コスタと続く。

 

マキシム・ファンジルスは、5秒のリード。まだ、決まらないだろう。

 

マキシム・ファンジルスが捕まって、カウンターでIntermarché – Circus – Wantyのルイ・コスタがアタック。2013世界王者だ。

 

ルイ・コスタはチーム戦略で攻撃か。後ろには、ゲオルク・ツィンマーマンがいる。

 

残り2周

ルイ・コスタがトップで残り2周に。

 

追走から、3人が少し抜けだした。

  1. ギヨーム・マルタン Cofidis
  2. ジュリアン・ベルナール Lidl-Trek
  3. フェリックス・エンゲルハント Team Jayco AlUla

 

山岳賞 4回目

ルイ・コスタが山岳賞獲得。後ろは、Cofidisのギヨーム・マルタンとTeam Jayco AlUlaのフェリックス・エンゲルハントの二人に。

 

ルイ・コスタが後ろを待っている感じか。

 

さあ、二人が追いついた。

  1. ルイ・コスタ Intermarché – Circus – Wanty
  2. ギヨーム・マルタン Cofidis
  3. フェリックス・エンゲルハント Team Jayco AlUla

 

残り1周

3人で残り1周に。後続は1分6秒離れている。これは決まりだ。

 

クライマーのギヨーム・マルタンが先頭。アタックをかけない。

 

古賀志林道をクリアー。

 

これは最後は、スプリントか。

 

田野町交差点を越えた。

 

ベテランのルイ・コスタか、クライマーのギヨーム・マルタンか。若さのフェリックス・エンゲルハントか。

 

残り1kmで軽くギヨーム・マルタンがアタック。

 

ギヨーム・マルタンが最初にスプリントをかけるが、フェリックス・エンゲルハントもかけており前に出れない。

 

フェリックス・エンゲルハントが前でゴールに突っ込む。

 

ルイ・コスタが満を持してスプリント開始!

 

最後は、余裕のスプリントで、ルイ・コスタが勝利だ!

37歳の大ベテランが、今シーズンの5勝目を日本で飾ることが出来た。Intermarché – Circus – Wantyの最終レースで勝てたことは、チームへの恩返しともなる。

 

スポンサーリンク

リザルト

ルイ・コスタのコメント

非常に難しいレースだった。コースも雨で厳しくなった。優勝出来て良かった。当初は良い結果が残せればよいと思っていた。まさか、優勝出来るとは思ってなかったんだ。いいメンバーが揃っているからね。

残り2周で仕掛けたのは?

自分としては、先頭から外れないことを気を付けていた。先頭集団に残るように心掛けた。最後は、残る力を全て出し切った。日本で勝利出来て本当に嬉しい。

最後にスプリントで勝てた要因は?

レース全体で、ペースが速かった。最終的には自分のコンデションが良かったこともある。日本の皆さんの前で勝てて良かった。

 

Rnk Rider Team UCI Time
1
 COSTA Rui 
Intermarché – Circus – Wanty 200 3:28:22
2
 ENGELHARDT Felix 
Team Jayco AlUla 150 ,,
3
 MARTIN Guillaume 
Cofidis 125 0:02
4
 VAN GILS Maxim 
Lotto Dstny 100 0:27
5
 ZIMMERMANN Georg 
Intermarché – Circus – Wanty 85 1:34
6
 SHEEHAN Riley 
Israel – Premier Tech 70 ,,
7
 ZINGLE Axel 
Cofidis 60 ,,
8
 ROTA Lorenzo 
Intermarché – Circus – Wanty 50 ,,
9
 VALGREN Michael 
EF Education-EasyPost 40 ,,
10
 BERNARD Julien 
Lidl – Trek 35 1:39
11
 HAMILTON Lucas 
Team Jayco AlUla 30 2:20
12
 EIKING Odd Christian 
EF Education-EasyPost 25 ,,
13
 MOLLEMA Bauke 
Lidl – Trek 20 2:25
14
 MASNADA Fausto 
Soudal – Quick Step 15 2:27
15
 OKAMOTO Hayato 
Aisan Racing Team 10 5:08
16
 PERNSTEINER Hermann 
Bahrain – Victorious 5 5:12
17
 ZAMBANINI Edoardo 
Bahrain – Victorious 5 5:15
18
 SERRY Pieter
Soudal – Quick Step 5 7:36
19
 SEPÚLVEDA Eduardo
Lotto Dstny 5 ,,
20
 VAN TRICHT Stan
Soudal – Quick Step 5 7:52
21
 BUSATTO Francesco 
Intermarché – Circus – Wanty 5 ,,
22
 EENKHOORN Pascal 
Lotto Dstny 5 ,,
23
 DEBRUYNE Ramses
Lotto Dstny 5 ,,
24
 MAAS Jan
Team Jayco AlUla 5 ,,
25
 KUSABA Keigo
Aisan Racing Team 5 8:07
26
 BEADLE Hamish
Team Novo Nordisk 5 ,,
27
 HOPKINS Dylan
Ljubljana Gusto Santic 5 ,,
28
 TANI Junsei
Utsunomiya Blitzen 5 ,,
29
 LOZANO David
Team Novo Nordisk 5 ,,
30
 MANCEBO Francisco
Matrix Powertag 5 ,,
こちらはフル動画

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました