ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツール・ド・スイス第8ステージ 最終ステージの個人タイムトライヤルの結果は?

海外情報
Photo credit: pom'. on VisualHunt.com
この記事は約17分で読めます。

ツール・ド・スイスも8日目で最終日。

山岳ステージで、セルジオ・イギータがアタックを成功させて総合でトップに立った。だが、総合2位のゲラント・トーマスとは2秒差。

25.6kmの個人タイムトライヤルは、微妙に距離が長い。総合7位には、Groupama – FDJのシュテファン・キュングが2分19秒差に位置している。

順位を上げてくるのは間違いないだろう。

レコム・エヴェネプールは、今年のヴォルタ・アン・アルガルヴェ第4ステージでは、シュテファン・キュングを32.2kmの距離で58秒離して勝利している。

 

二人の勝負の行方も注目してみておきたい。

 

スポンサーリンク

第8ステージ    ファドゥーツ~ファドゥーツ  25.6km

コースプロフィール     photo tourofslovenia

 

最終ステージは、リヒテンシュタインの首都ファドゥーツ周辺を通る25.6kmの個人タイムトライアル。

ルートはまずライン河畔を時計回りに進み、エッシェンまでは高低差はほとんどない。

それ以降は、少し難しくなり、12.9kmの地点で中間タイムが記録される。マウレン、ネンデルン、シャーンを経て、再びファドゥーツに戻り、ここで最終タイムが記録される。

絶対的なスペシャリストが最終日に有利になる。2つの厳しい山岳ステージを終えて、どの選手がまだ何かを残しているのか、どの選手が燃え尽きたのか、明らかになるだろう。

 

  1.  中間計測 12.5km

 

ディラン・ファンバーレ INEOS Grenadiers

ディラン・ファンバーレがHuman Powered Healthのチャド・ハガの記録を大幅に更新。29分31秒。av52.038km/h。

 

長くディラン・ファンバーレがホットシートに。TTは得意ですからね。今シーズン末で移籍と言われているけど勿体ない。

 

マイケル・・マシューズ Team BikeExchange – Jayco

逃げに2ステージ乗って、スプリントポイントを稼いだマイケル。マシューズ。見事にポイント賞を獲得した。ツール・ド・フランスでは2回目のグリーンジャージを狙う。

 

クイン・シモンズ Trek-Segafredo

今回、山岳賞にまとを絞ったクイン・シモンズ。昨年は、見事に成功した。21歳で、ツール・ド・フランスでも山岳賞を狙ってくると面白いのだけど。

 

ティボー・ピノ Groupama – FDJ

相当暑いようで、ティボー・ピノは、スタート前に、一度バイザーを取って水を浴びる。

 

前日の山岳ステージで優勝を飾ったティボー・ピノ。ツールには2年振りの参加となるが狙いはステージ優勝だ。

 

ティボー・ピノは、クライマーなのでTTは得意でない。途中も暑さのためにボトルの水を全部身体にかけていた。

 

イラン・ファンワイルダー Quick-Step Alpha Vinyl Team

ラウンドバウトで落車してしまう。かなりショックだったのか、立てなかった。

 

結局、ここでリタイヤ。総合30位にいたのに勿体ない。

 

レムコ・エヴェネプール Quick-Step Alpha Vinyl Team

優勝候補のレムコ・エヴェネプール。このスイスでは、暑さにやられてしまった。

 

レムコは中間計測をトップの28分26秒。av54.021km/hで、ただ一人54km/h台を出した。

 

レムコ・エヴェネプールは、28分26秒。av54.021km/h。暫定トツプに躍り出る。

 

レムコ・エヴェネプールは、シュテファン・キュングのゴールを待つことになる。

 

ダニエル・マルチネス INEOS Grenadiers

ダニエル・マルチネスのバイクの模様は~?

 

第1ステージから失速してしまったダニエル・マルチネス。だが、ステージ後半にかけてゲラント・トーマスをアシストして存在感を示した。

ゴールタイムは、28分54秒でレムコについで暫定2位だ。

 

ボブ・ユンゲルス AG2R Citroën Team

 

ボブ・ユンゲルスは、過去3年の不調からようやく立ち直ったようだ。総合3位まで上がっている。

ゴールタイムも28分59秒で、暫定3位だ。

 

シュテファン・キュング Groupama – FDJ

  

さあ、レムコの記録を抜くことが出来るか?

 

シュテファン・キュングがスタート!

 

綺麗な景色の中を走っている。まあ、ライダーはみてないだろうけど。

 

果たしてシュテファン・キュングの調子はどうだろうか。

 

シュテファン・キュングの中間計測は、13分53秒とレムコを2秒上回る!

これは、シュテファン・キュングの勝利となるのか?

 

シュテファン・キュングのゴールタイムは….

28分37秒。なんと、レムコに11秒負けてしまった~。前半、突っ込みすぎたようだ。これはレムコのステージ優勝か。

 

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux

総合5位のドメニコ・ポッツォヴィーヴォがスタート。

 

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォは、レコムから2分10秒遅れ。それでも、39歳の年齢でしっかりと総合上位にくるのは凄いことだ。

 

ニールセン・ポーレス EF Education-EasyPost

総合4位のニールソン・ポーレス。中間計測を14分10秒で暫定3位で通過。表彰台の望みをかけて走っていたのだけど、なんとパンク!

 

 

これは痛い!

 

29分25秒とタイムロスをしてしまう。総合順位は変わらなかった。

 

ヤコブ・フルサン Israel – Premier Tech

総合3位でスタートしたヤコブ・フルサン。目指すのは総合2位だ。

ゲラント・トーマスには、かなわないとしても、セルジオ・イギータとのタイム差19秒を詰めたい。

 

ヤコブ・フルサンのゴールタイムは、29分27秒。暫定8位。これでセルジオ・イギータのゴールタイムを待つことに。

 

ゲラント・トーマス INEOS Grenadiers

    

アダム・イェーツがコロナでリタイヤしたために、エースに。スタート前は、アイスベストで身体を冷やしている。

 

このタイヤとフレームの模様はなんだ~。BOLIDEと書いてある。

 

ピナレロのTTバイクの名前だ。これはフィリッポ・ガンナが乗っていた新型と同じのようだ。

 

落車しなければ、ゲラント・トーマスの総合優勝は固い。

 

さあ、スタート!

 

ゲラント・トーマスの中間計測は、レムコから7秒61遅れ。

 

 

ゲラント・トーマスは後半追いこんだ。レムコから3秒遅れでゴール。シュテファン・キュングも抜いて、ステージ2位だ。

 

セルジオ・イギータ BORA-hansgrohe

セルジオ・イギータもアイスベストで身体を冷やしている。

 

スタートを待つセルジオ・イギータ。

 

さあ、スタートだ。

 

セルジオ・イギータの中間計測は14分44秒。ヤコブ・フルサンから28秒遅れている。これは総合3位に落ちてしまうぞ。

 

 

セルジオ・イギータは、タイムを挽回できるか?

 

セルジオ・イギータの、ゴールタイムは29分43秒。ヤコブ・フルサンとのタイム差は15秒。ギリギリの4秒差で総合2位を確保した。

 

ゲラント・トーマスは、風呂上りのようなレムコ・エヴェネプールから祝福を受ける。ゲラント・トーマスの背中には、アイスバックがありますね。

走っていた時もこれでエアロ効果になっていたりして。アダム・イェーツがコロナでリタイヤし、BORA-hansgroheのアレクサンドル・ウラソフもリタイヤした。

ツールでは、俄然エースとして指名される可能性も高くなったのでは。コロナが収まってアダム・イェーツが戻ればアシストになるのかな。勿体ないけど。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第8ステージ リザルト

レムコ・エヴェネプールのコメント

最初の数日は良かったけど、フレッシュさが足りなかった。5日目には完全に爆発した。集中力が足りなかったため、いくつかのミスを犯してしまい、完全に順位を落としてしまった。

その後、できるだけ長く頑張って順位を上げようと思って、今は11位くらいにいる?

ここ数日は、起床時の爽快感を感じていた。脚の調子は良く、それが今日も表れていた。今日はペースプランを立てていたのだけど、まったく守れなかった。

幸いにも、安定したペースを保つことができたので、それが今日の勝因だと思うが、とても近かった。トーマスが最終コーナーで出てきたとき、私は勝利を確信したんだ。

RnkRiderTeamUCI TimeAvg
1
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team60 0:28:2654.021
2
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers25 0:0353.926
3
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ10 0:1153.675
4
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers  0:2853.149
5
 JUNGELS Bob
AG2R Citroën Team  0:3352.996
6
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe  0:3952.814
7
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe  0:5552.334
8
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost  0:5952.215
9
 FUGLSANG Jakob
Israel – Premier Tech  1:0252.127
10
 VAN BAARLE Dylan
INEOS Grenadiers  1:0552.038
11
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe  1:1751.688
12
 HAGA Chad
Human Powered Health  1:2551.457
13
 IZAGIRRE Ion
Cofidis  ,,51.457
14
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange – Jayco  1:2851.371
15
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM  1:3251.257
16
 DENZ Nico
Team DSM  ,,51.257
17
 BAUER Jack
Team BikeExchange – Jayco  1:3851.086
18
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team  1:3951.058
19
 MASNADA Fausto
Quick-Step Alpha Vinyl Team  1:4051.030
20
 RUTSCH Jonas
EF Education-EasyPost  1:4350.945

総合

ゲラント・トーマスのコメント

チームには他に2人のリーダーがいたので、正直言って期待していなかった。週のはじめにリードアウトをしたりしたが、今日は最後までできてよかった。

最後に勝ったのは、2021クリテリウム・ドーフィネの第5ステージで、1年以上前になりますね。

勝つ”ということが、とにかくうれしい。昨年のツアーからそのシーズンが終わるまでは、本当に大変だった。

私のキャリアの中で、最もタフな時期だったかもしれない。今シーズンは少し遅れてのスタートだったが、チームのみんなと一緒にレースや組み立てを楽んだ。また前でレースができるのはとてもうれしい。この勝利にとても満足している。

総合優勝しましたが、この日の優勝にはあと一歩届きませんでした。

正直なところ、ステージ優勝を逃したことは少し残念だ。どれくらい近いのか、イヤホンからでは時差がわからなかった。取っていれば良かったのですが、総合優勝も嬉しいですね。

ツール・ド・フランスに向けてコペンハーゲンに向かうことになりますが、そこでの役割は何でしょうか?

簡単だ。ただ、現地に行って、一生懸命にレースをし、自分のできることをしたいだけなんだ。

チームには他に2人のリーダーがいる。総合上位にとどまって複数のカードを使うにしても、ステージ優勝を狙うにしても、仲間を助けるにしても、僕はすべてに満足している。もちろん、チャンスは来た時につかむ。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers500
3″
33:07:09
2
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe400 1:12
3
 FUGLSANG Jakob
Israel – Premier Tech325
4″
1:16
4
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost275
6″
2:10
5
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ225 2:25
6
 JUNGELS Bob
AG2R Citroën Team175 2:59
7
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe150 3:37
8
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers125 3:39
9
 POZZOVIVO Domenico
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux100 3:42
10
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe85
8″
3:45
11
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team70 4:04
12
 REICHENBACH Sébastien
Groupama – FDJ60 4:10
13
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM50
16″
4:26
14
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ40
11″
6:49
15
 HOULE Hugo
Israel – Premier Tech35 6:57
16
 KRON Andreas
Lotto Soudal30
5″
7:07
17
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies30
3″
8:37
18
 PEDRERO Antonio
Movistar Team30 9:57
19
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team30
4″
12:03
20
 MASNADA Fausto
Quick-Step Alpha Vinyl Team30
1″
16:20

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange – Jayco30
22
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM20
33
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo18
49▲5
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers18
54▼1
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ13
6 
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team12
75▼2
 DENZ Nico
Team DSM12
88
 HOLMES Matthew
Lotto Soudal12
910▲1
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe10
1011▲1
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team9

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo60
22
 MASNADA Fausto
Quick-Step Alpha Vinyl Team31
33
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ28
44
 DENZ Nico
Team DSM20
55
 RODRÍGUEZ Óscar
Movistar Team16
66
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team15
77
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team14
88
 GILBERT Philippe
Lotto Soudal12
99
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM10
1010
 KAMP Alexander
Trek – Segafredo10

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe33:08:21
23▲1
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team2:52
32▼1
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM3:14
44
 KRON Andreas
Lotto Soudal5:55
55
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies7:25
66
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team19:40
77
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team30:03
89▲1
 MONIQUET Sylvain
Lotto Soudal39:23
910▲1
 VOISARD Yannis
Switzerland44:45
1011▲1
 PRODHOMME Nicolas
AG2R Citroën Team48:19

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました