ロードバイクの情報を発信しています!

リエージュで顎を砕かれたQuick-Step Alpha Vinyl Teamのイラン・ファンワイルダーは、怒り心頭

海外情報
Image by Giulia Marotta from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージの大落車ではジュリアン・アラフィリップとイラン・ファンワイルダーが最も大きな被害にあっている。

イラン・ファンワイルダーは、顎が完全に砕けたために手術を行っている。

21歳のベルギー人は、墜落の原因であると信じている、二人のライダーの図々しい行動に腹を立てている。

 

スポンサーリンク

下りでの常識

 

誰のせいかなのか、それも問題ではない。しかし、私が見た映像や他のライダーの証言から、あれは典型的な生意気な行動だったとわかっている。

2人のライダーが(名前は伏せるが)お互いに一歩も譲らず、ブレーキを使おうともせず、大混乱を引き起こしたのだ。それは本当に、腹立たしいことだ。

谷間の直線コースでは、このようなクラッシュは通常起きないんだ。なぜなら、常識が支配し、誰もが「ああ、ここで事故が起きたら大変だ」と思うからなんだ。

ただし…誰かが1つか2つのポジションを獲得したくて、そこにない穴に飛び込んでしまう場合は別となる。そうすると、ああいう事故がおきるんだ。

 

ピドコックのコメントは正当だ

INEOS Grenadiersのトム・ピドコックも今回の落車の被害者。

コメントの中で、「今日、自分の人生の一つを使い果たした」と語っていた。

 

それについてイラン・ファンワイルダーは、

トム・ピドコックは誇張していない。このような行為は、人々の命を危険にさらすものであり、本当にやめるべきだ。今まで見た中で最悪の大量衝突事故だった。そして二度と経験したくない。

歯が本来あるべき場所とは別のところにあったんだ。顎の骨が折れていることに気づいた。

突然、医者が『おい、でもあれは俺たちの仲間だぞ!』と叫ぶのが聞こえたんだ。

ジュリアンだ。見に行って、その映像に気絶しそうになった。

ジュリアンは、いわば木々の間に「ポテトチップスの袋」のように横たわっていたのだ。動けないし、呼吸もうまくできないし、痛みも強い。誰もが強いショックを受けた。

 

固形食が取れない

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@ilan.vanwilder)がシェアした投稿

 

転倒後、イラン・ファンワイルダーは、病院に運ばれた。

顎の骨は完全になくなっていた。全身麻酔で歯茎に小さなネジをねじ込み、ワイヤーのようなものを伸ばして顎の骨を再び矯正した。

ネジを外した後、骨折を安定させ、口の開閉ができるようにするためにチタン製のプレートを装着した。

かなり痛い。骨折はこれから完治させなければならない。まともな食べ物を噛めるようになるには、5、6週間かかると思う。

それは迷惑な話だ。何でもかんでもミキサーにかけなければならないので、気持ちのいいものではない。

そのお皿で何とかなっているのが嬉しいですね。これがなければ、ジュースだけに頼らざるを得ません。

 

イラン・ファンワイルダーは、2021年シーズン途中でTeam DSMから移籍。次のレムコ・エヴェネプールと言われている逸材だ。

 

ツール・ド・プロヴァンス総合5位となり、ジロ・デ・イタリアに出場予定だった。

だが、このケガで当分はレース出場も出来ない。下りで無理にポジションを争い、一インチも与えないなんて、常識があるとは思えない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました