ロードバイクの情報を発信しています!

Team DSMと揉めていたイラン・ファンワイルダーが契約破棄して移籍に

海外情報
Photo credit: Sum_of_Marc on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

Team DSMと労働争議を繰り広げていたイラン・ファンワイルダー。

2020年から2022年まで3年間の契約でTeam DSMにいたが、夏以降雇用契約の終了を求めていた。

そのイラン・ファンワイルダー21歳が無事に移籍となった。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

Team DSMとイラン・ファンワイルダーの関係悪化の最初の報告は7月上旬から。他の選手は使えて、自分は使えなかった特定の自転車整備について意見が相違していた。

その後、ブエルタ・ア・エスパーニャに出場予定だったのが、取り消されて関係は悪化。それ以外の理由については報告されていない。

 

Team DSMと言えば、これまでも多くの選手が契約破棄して去っている。

  • マンセル・キッテル(2015)
  • ワレン・バルギル(2018)
  • エドワード・トゥーンス(2018)
  • トム・デュムラン(2019)
  • マイケル・マシューズ(2020)
  • マルク・ヒルシ(2021)

現在揉めているのはティシュ・ベノート。

これだけ、チームとライダーがもめているチームは中々ない。

 

イラン・ファンワイルダーは、次のレコム・エヴェネプールと言われており、とても才能がある。ペルギーのDeceuninck-Quick-Stepに移籍ならば、本人も納得の移籍だ。

これからの先に、名前が出てくるライダーとなるだろう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました