ロードバイクの情報を発信しています!

契約終了前にTeam DSMを去るティシュ・ベノート チームからは契約破棄して去る15人目に

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

昨年の夏にテッシュ・ベノートはTeam DSMと2022年まで契約延長していた。

だが、ここ数週間で取り返しのつかない亀裂が生じ、契約は破棄されると報道されている。

このチームでは契約破棄してチームを去るライダーが後を絶たない。何が問題なのだろうか?

 

スポンサーリンク

移籍先は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tiesj Benoot(@tiesj)がシェアした投稿

 

テッシュ・ベノートといえば、泥だけの顔でゴールした、2018ストラーデ・ビアンケが最も印象に残るレースだ。

Team DSMには2020年に移籍してきており、まだ2年しかチームで走っていない。

2020年のパリ~ニースではマキシミリアン・シャフマンと争って総合2位となったのは記憶に新しい。

昨年の夏には、ベノートとチームの経営陣の間にすでに問題があり、指導方法について論争があったようだ。

チームを去るメンバーでは、様々な憶測がされている。去る人の中には、装備の選択やバイクの位置変更、さらにレース前の宿題を完了する必要性についての厳格な規律について不満を言う人もいる。

テッシュ・ベノートの場合、何が問題だったのかは、いずれ本人が話す時がくるだろう。現在、移籍先について探している状態だ。

 

契約破棄してチームを去ったライダー

  • マンセル・キッテル(2015)
  • ワレン・バルギル(2018)
  • エドワード・トゥーンス(2018)
  • トム・デュムラン(2019)
  • マイケル・マシューズ(2020)
  • マルク・ヒルシ(2021)

実に、多くの有力ライダーが契約破棄してまでチームを去っている。マンセル・キッテルの場合には、自分から辞めたけど。

チームからは、チャド・ハガも契約延長することなくチームを去ることが報告されている。

 

確認されている移籍するライダーは

若い才能のあるライダーを放出するのだから、チームは弱体化してしまう。

ニコラス・ロッシュは引退だが、どうやらチームからの契約の話はなかったので、引退となったのが本当の理由だ。

このチームには、色々と外部にはわからない様々なルールや問題などがあるようだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました