ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツール・ド・フランス敢闘賞のライダーが生体パスポートの異常で出場停止に

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

国際自転車競技連合(UCI)はフランク・ボナムールに暫定的な出場停止処分を科した。

Decathlon AG2R La Mondiale Teamに所属する28歳のフランク・ボナムールは、バイオロジカルパスポートに異常があることが判明した。

フランク・ボナムールはDecathlon AG2R La Mondiale Teamで2シーズン目を迎えているが、当分の間出場停止となる。

生体パスポートに異常が見られ、ドーピングの可能性があるとされている。

 

スポンサーリンク

一時的に出場停止処分

 

Decathlon AG2R La Mondiale Teamの投稿では

Decathlon AG2R La Mondiale Teamは、フランク・ボナムールを暫定的に出場停止とするUCIの決定に留意する。

この決定は、彼が2023年1月1日にチームに加入する前に実施されたテストに基づくものです。

UCI手続きが進行中であることを考慮し、チームはフランク・ボナムールを暫定的に即時出場停止とする。

DECATHLON AG2R LA MONDIALEチームは、強固な倫理規定に則ったサイクリングの実践を提唱しています。

 

生体パスポートとは

生体パスポートまたはバイオロジカル・パスポート(英: Biological passport)とは、スポーツ選手の一定期間における生物学的マーカーを記録し、これを照合することでドーピングを検知するドーピング検査手法である[1]

従来の手法では、検査に際して体内から禁止物質が検出されるか否かで判断がなされていたが、生体パスポートでは継続的な観察により、通常であれば生理学的にありえない(例えば禁止薬物を用いたような)体質の変化から、ドーピングを検知する。

引用 wikipedia

 

フランク・ボナムールは2014年にBretagne – Séché Environnementでtrainee(研修生)としてプロデビュー。

Team Arkéa Samsic、B&B Hotels – KTMで走っていたけれど、チームは消滅。2023年からAG2R Citroën Team入りしていた。

フランク・ボナムールは超好戦的なライダーで、2021ツール・ド・フランスでは敢闘賞を獲得している。

記録に残るだけでも6回の逃げに乗り、総合でも22位でゴール。プロでの勝利は2022ラ・ポリノルマンドの勝利が初勝利だ。

この時にも、ゴールから120kmも離れた地点で出来た逃げグループから勝利している。

 

分析結果だけでは、ドーピングとは言えない。物質を治療目的で使用した場合には、免除される可能性があるからだ。しばらくは検査結果を待たなければならない。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました