ロードバイクの情報を発信しています!

2019世界U23王者のミッケル・ビョーグがアワードレーコード挑戦を延期

海外情報
Photo Mikkel Bjerg instagram
この記事は約4分で読めます。

ミッケル・ビョーグは2019世界選手権U23タイムトライヤルで3連覇を見事に達成した。

大雨の中を他のライダーが落車などで遅れる中順調にタイムを刻んでの勝利。

2位に27秒もの差をつけての走りは圧倒的だ。

ミッケル・ビョーグはその独走力を生かして、以前からアワーレコードに挑戦をしていた。

 

今年は、アワーレコードに挑戦すると息巻いていたのだが、3年以内にアワーレコードに挑戦することに変更となった。

代わりに、自身の持つデンマーク記録を破られたので、奪い返すことを今年の目標としている。

 

スポンサーリンク

アワーレコード更新には

これまでのアワーレコードの記録を見てみよう。

 

現行ルールでのアワーレコード挑戦者と記録

2014.9.18イェンス・フォイクト51.110km  トレック ファクトリーレーシング
2014.10.30マティアス・ブランドレ51.852km  イアム サイクリング 
2015.1.31ジャック・ボブリッジ51.3km チーム バジェットフォークリフツ
2015.2.8ローハン・デニス52.491km  BMCレーシングチーム
2015.2.25トーマス・デッケル 52.221km  当時所属なし
2015.3.14グスタフ・ラーション50.016km クルトエナジー プロサイクリング
2015.5.2アレックス・ドーセット52.937km  モビスター チーム
2015.6.7ブラッドリー・ウィギンス54.526km   チーム ウィギンス
2018.10.4
ミッケル・ビョーグ53.730km  Hagen Berman Axeon
  2019.4.16
ヴィクトール・カンペナールツ
55.089km LOTO Soudal 
指で横にスワイプすると右側が見れます。

ミッケル・ビョーグがデンマーク記録を出した時には19歳。

このデンマーク記録は、今年の初めにMorten Madsenによって53.975kmに書き換えられている。

まずは、10月6日にデンマークを記録を破ってから、3年計画でUAEの力を借りてアワーレコードの挑戦をすることになった。

ミッケル・ビョーグは、2020年からUAE-Team Emiratesで走ることが決定している。

 

まずは、ヴィクトール・カンペナールツの記録にどこまで迫れるか、自分の今の現状を把握するのが目的だ。

ミッケル・ビョーグの予測は54kmを少し超える程度だと思っている。地上でカンペナールツの記録を破ることはあり得ないと思っているからだ。

アワーレコード挑戦には

  • 高地での挑戦
  • ベストな機材の選択
  • 高地にならす体調管理
  • 気温などの条件

高地での挑戦となるとメキシコに行かなくてはいけない。

UAEの豊富な資金源がなければ達成できない目標で、この点でミッケル・ビョーグがUAEと3年契約が結べたのは、とても幸運だったと言えるだろう。

18歳で挑戦した1回目の時には、自分で作ったトラックバイクで走ったと言ってますからね。

ミッケル・ビョーグが、いつ世界記録に挑戦するかについては、UAE-Team Emiratesと状況について話し合っており、長期的なプロジェクトで取り組むことになる。

 

ミッケル・ビョーグの将来

 

ミッケル・ビョーグのタイムトライヤルの能力は素晴らしいものがあるが、ロードについての成績はイマイチだ。

チームメイトとなるタデイ・ポガチャルは、ブエルタで総合3位となり、19歳のレムコ・イヴェネプールは凄まじい活躍で今年は世界選手権エリートに出場する。

ミッケル・ビョーグは、彼らと自分自身を比べてロードレースは厳しいと素直に認めている。

19歳や20歳で、ワールドツアーレースに勝つなんて信じられないと言い、自分の場合には着実に1年ずつ開発していけるようにすると言っている。

まあ、そうですよね、レムコやボカチャルがちょっと凄過ぎてますからね。

ミッケル・ビョーグの場合には、独走力を生かしての走りを期待しつつ、まずはデンマーク記録を破れるかに注目しておきたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました