ロードバイクの情報を発信しています!

2023 フリースラント・エルフシュテデンレース ジャスパー・フィリップセン VS オラフ・コーイの結果は?

海外情報
Photo credit: Hindrik S on Visualhunt.com
この記事は約11分で読めます。

2023年から1クラスに昇格したフリースラント・エルフシュテデンレース。Visit Friesland Elfstedenrace(1.1)

別名は、BetCity Elfstedenrace(ベットシティ・イレブン・シティーズ・レース)。

名前の通り、オランダのフリースラント州を訪問しようというレースだ。

 

 

スポンサーリンク

レーワルデン~レーワンデン 204.8km

コースマップ photo elfstedenrace

 

オランダなので、まったくの平坦路。途中海岸線も通るので、風が凄いことになりそう。向かい風選手権みたいな風が吹いたらレースにならないだろうけど。

 

注目のライダーは

  • Team Jayco AlUla ディラン・フルーネウェーヘン、ゼネク・スティバル
  • Jumbo-Visma オラフ・コーイ、ペール・ストランド・ハーゲネス
  • Alpecin-Deceuninck ジャスパー・フィリップセン
  • Intermarché – Circus – Wanty ヘルベン・タイッセン
  • Team dsm – firmenich サム・ウェルスフォード、アルベルト・ダイネーゼ
  • Q36.5 Pro Cycling Team マッティオ・モスケッティ
  • Uno-X Pro Cycling Team ヨナス・アブラハムセン、ソーレン・ヴァーレンショルト

 

当初は7人の逃げ

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

当初は7人が逃げていた。

  1. Tim Marsman(Metec – SOLARWATT p/b Mantel)
  2. Max Kroonen(VolkerWessels Cycling Team)
  3. Wessel Mouris(Scorpions Racing Team)
  4. Martijn Rasenberg(ABLOC CT)
  5. Rick Ottema(Allinq Continental Cycling Team)
  6. Joren Bloem(TDT-Unibet Cycling Team)
  7. Joshua Huppertz(Team Lotto – Kern Haus)
 

残り70.4kmで26人が逃げている。登りは全くないけど、風で集団は削られている。

 

Alpecin-Deceuninckからは、ジャスパー・フィリップセンとファビオ・ファンデンボッシュが乗っている。

Uno-X Pro Cycling Teamは、ソーレン・ヴァーレンショルド一人だけ。

 

Jumbo-Vismaからはオラフ・コーイが乗っている。

 

Jumbo-Vismaからは、エドアルド・アッフィニとラース・ボーベン(開発チーム)も乗っている。

 

残り59.4kmで1分8秒差。ジャスパー・フィリップセンは最後尾だ。

 

ジャスパー・フィリップセンのライバルとなる、ディラン・フルーネウェーヘン、アルベルト・ダイネーゼ、サム・ウェルスフォード、ヘルベン・タイッセンも先頭にはいない。

 

ジャスパー・フィリップセンは、前で攻撃。

 

あわてて、Jumbo-Vismaが追ってくる。

 

風が強く吹いており、この攻撃で13人となる。Uno-X Pro Cycling Teamのソーレン・ヴァーレンショルトも切れてしまった。

 

どうしても、風の影響で斜めに進んで行く。少しでも遅れると切れてしまいそう。

 

ジャスパー・フィリップセンは、前でペースをあげる。ジャスパー・フィリップセンは、スプリントだけでなく、2023パリ~ルーベ2位のように、戦うファイターなのだ。

 

残り38.2kmで、1分3秒差に。

 

Alpecin-Deceuninckは、ライオネル・タミニオニーも乗っている。Team Jayco AlUlaは、ルカ・メズゲッツだけ。ただ、ルカ・メズゲッツは、ディラン・フルーネウェーヘンのリードアウトのはずだけど~。

 

残り32.1kmで1分2秒と変わらない。TDT-Unibet Cycling Teamからは二人乗っている。

  • ハートハイス・デ・フリース
  • ダヴィデ・ボンボイ

 

集団はIntermarché – Circus – Wanty、Uno-X Pro Cycling Team、Q36.5 Pro Cycling Team、Team Jayco AlUlaと追っている。40人くらい。

 

Team Jayco AlUlaのディラン・フルーネウェーヘンは、集団待機。43秒とタイム差が縮まってきた。

 

残り20.7km。Team dsm – firmenichのサム・ウェルスフォードも集団。29秒差となったのでおいつくかもしれないが、アシストは全員足が無くなっているだろう。

 

残り18.3kmでタイム差が34秒に広がる。足を使いきったライダーが一人ずつ落ちていく。

 

残り15.2kmで36秒差と更に広がる。

 

Team Jayco AlUlaのゼネク・スティバルも足を使いきって落ちていく。

 

どうやら、このグループが追いつかれることはなさそうだ。そうなると、ジャスパー・フィリップセンとオラフ・コーイの対決となる。

 

ジャスパー・フィリップセンのリードアウトは、ライオネル・タミニオニー、オラフ・コーイのリードアウトは、エドアルド・アッフィニとなりそう。

 

残り4.4km。集団とは37秒差。

 

残り2.9km。牽制なしでゴールに向かうだろう。

 

ファビオ・ファンデンボッシュが先頭。176cm、63kgと小柄。

 

ここでTDT-Unibet Cycling Teamのハートハイス・デ・フリースがアタック。

 

勢いよく飛びだした。

 

しかし、これはエドアルド・アッフィニの引きで捕まってしまう。

 

先頭はJumbo-Vismaのエドアルド・アッフィニ。

 

  

ジャスパー・フィリップセンは、ライオネル・タミニオニーのリードアウトではなくて、エドアルド・アッフィニから解き放たれたオラフ・コーイの後ろについていた。

 

ジャスパー・フィリップセンは、オラフ・コーイの背後から抜きにかかる。

 

オラフ・コーイは抜かれた時点で足を止めてしまった。勝負あったか。

 

ジャスパー・フィリップセンがオラフ・コーイのリードアウトを利用した形だ。

 

ジャスパー・フィリップセンは、ゴール後にガッツポーズ。今シーズンの15勝目を飾った。横風の厳しいレースでも、しっかりと前に残り冷静な判断で乗り換えて、勝利してしまう。

21歳のオラフ・コーイがジャスパー・フィリップセンに勝つのはまだ先になりそうだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ジャスパー・フィリップセンコメント

これは本に書いてあったことですか?

いや、このレースは本には書かれていない。とても難しいレースだった。私たちは最初から最後までほぼフルで運転した。それは私たちの脚で感じられるでしょう。

チームには私たちの多くがいたので、そのグループと一緒にスプリントしたかった。最後はまだ脚を持たなければならないが、ライオネルとファビオは素晴らしい仕事をしたと思う。終えることができてうれしい。

序盤の逆風があったため、分裂するまでにしばらく時間がかかった。海からの風はサイドに流れることが多く、風と一緒にいることが重要だった。それは誰にも秘密ではなかった。しかし、そのためには強いチームが必要だ。

15勝となりましたが、タデイ・ポガチャルの16勝は抜けるかな?

ポガチャルは、これ以上もう勝てないはずだ。ロンバルディアももう少し追加でカウントされるだろう。ツアー・オブ・ターキーで何が起こるか見てみましょう。

ラモン・シンケルダムが最後尾にいるから、うまくいけばスプリントもできるし、シーズン終盤でもいい脚が残っている。シーズン終盤の脚力はまだある。

あとはスケート靴を履けばすべてうまくいくよ。

 

2位のオラフ・コーイのコメント

少し風があれば、オランダではとてもいいレースができる。実際、楽しかった。最初のファンはみんな楽しんでいたよ。とてもいい日だったよ。成功する可能性が高いことはすぐにわかった。

理由があってサイドに回ったんだ。前方で強い選手と一緒にいるのだから、あとは協力し合って、フィニッシュに向けてそのグループと一緒に走ればいいんだ。

まだシーズンは終わっていない。10月12日に始まるツアー・オブ・広西のことだ。

Jumbo-VismaとSoudal – Quick Stepの合併問題について、シュパルカセン・ミュンスターラント・ジロで一緒に走ったSoudal – Quick Stepのティム・メルリエとは話をした?

昨日もしっかりしたレースだったので、そこで彼と話すことはできなかった。

 

Rnk Rider Team UCI Time
1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 125 4:24:38
2
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 85 ,,
3
 BOMBOI Davide
TDT-Unibet Cycling Team 70 ,,
4
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla 60 ,,
5
 ARTZ Huub
Metec – SOLARWATT p/b Mantel 50 ,,
6
 DE VRIES Hartthijs
TDT-Unibet Cycling Team 40 ,,
7
 TAMINIAUX Lionel
Alpecin-Deceuninck 35 0:04
8
 KROONEN Max
VolkerWessels Cycling Team 30 0:05
9
 OTTEMA Rick
Allinq Continental Cycling Team 25 ,,
10
 AFFINI Edoardo
Jumbo-Visma 20 0:08
11
 VAN DEN BOSSCHE Fabio
Alpecin-Deceuninck 15 0:13
12
 MARSMAN Tim
Metec – SOLARWATT p/b Mantel 10 0:14
13
 BOVEN Lars
Jumbo-Visma 5 0:18
14
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 5 0:38
15
 VAN DIJKE Tim
Jumbo-Visma 5 0:40
16
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Circus – Wanty 3 ,,
17
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 3 ,,
18
 VANDEVELDE Yentl
TDT-Unibet Cycling Team 3 ,,
19
 HUPPERTZ Joshua
Team Lotto – Kern Haus 3 ,,
20
 VERMELTFOORT Coen
VolkerWessels Cycling Team 3 ,,
21
 THEILER Ole
Team Lotto – Kern Haus 3 ,,
22
 BLIKRA Erlend
Uno-X Pro Cycling Team 3 ,,
23
 WELSFORD Sam
Team dsm – firmenich 3 ,,
24
 BROEX Victor
Metec – SOLARWATT p/b Mantel 3 ,,
25
 STOCKMAN Abram
TDT-Unibet Cycling Team 3 ,,
26
 DE JONG Timo
VolkerWessels Cycling Team   ,,
27
 DEHAIRS Simon
Alpecin-Deceuninck   ,,
28
 WALTERS Red
XSpeed United Continental   ,,
29
 GELEIJN Owen
Jumbo-Visma   ,,
30
 SINKELDAM Ramon
Alpecin-Deceuninck   ,,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました