ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ジロ・デ・イタリア第5ステージ スプリンター対決第2弾! のはずが~

海外情報
Photo credit: Marco Crupi Visual Artist on VisualHunt
この記事は約21分で読めます。

水曜日は、ジロ・デ・イタリアで2回目となるスプリンターの出番の日だ。

第2ステージでは、マーク・カヴェンディシュが勝利。この、メッシーナでのフィニッシュで多くの選手が新たなチャンスを得る。

カレブ・ユアン、ビニヤム・ギルマイ、マチュー・ファンデルプールは、カヴに対抗出来るだろうか?

 

スポンサーリンク

第5ステージ    カターニア~メッシーナ 174km

コースマップ photo giroditalia

 

第5ステージは、前日と同じくシチリア島で行われる。カターニアとメッシーナを結ぶ174kmのステージ。

メッシーナは、ヴィンチェンツォ・ニバリの出身地であり、彼の「メッシーナの鮫」というニックネームは、この街に由来している。

ジロで2度の優勝を果たしたニバリが「メッシーナの鮫」というニックネームを持つようになったのは、U23世界選手権で横断幕を持って応援に駆けつけた親友の存在があったからだ。

このステージは、アルノー・デマールが優勝した2020年のジロ第4ステージのレースルートの一部を使用する。

 

コースプロフィール photo giroditalia

 

カターニアでスタートした後、地中海沿岸を北上。この後、ペロトンは内陸に移動し、この日最初のスプリントに。

標高1,125mのポルテッラ・マンドラッツィを登りきっても、メッシーナのゴールまでまだ100kmも残っている。

海岸線のため風が吹く可能性もある。最後の数キロは海岸沿いの道をまっすぐ進み、メッシーナの港でゴールとなる。

 

  1. スプリントポイント Francavilla di Sicilla
  2. 2級山岳ポイント ポルテッラ・マンドラッツィ   19.6km・4.0%
  3. スプリントポイント  Villafranc Tirrena

 

スタート前

TIZ-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

多分第7ステージまでは、リーダージャージをキープ出来そうなフアン・ロペス。集団ゴールさえできればOKだ。

 

カレブ・ユアンは今日スプリント勝利出来るかな。各チームが最後まで強力に走ると危険だろうと言っている。

 

カレブ・ユアンは、最後尾に並んでいるけど、左足にはまだ包帯が。

 

マチュー・ファンデルプールは、マリアローザからマリアチクラミーノに衣替え。バイクもバイオレットカラーに。

 

ヴィンチェンツォ・ニバリは、地元だけど今日はスプリンターステージなので出番はない。

 

快晴。今日の4賞ジャージは

  • 総合 フアン・ロペス Trek-Segafredo
  • ポイント賞 マチュー・ファンデルプール Alpecin-Fenix
  • 山岳賞 レナード・ケムナ BORA-hansgrohe
  • 新人賞 マウリ・ファンセベナント Quick-Step Alpha Vinyl Team

 

フアン・ロペスのバイクは、普通のまま。Trekはピンクバイクの用意は出来ていなかったのかな。

 

マウリ・ファンセベナントは、マリアローザは獲得出来なかったけれど、新人賞のジャージのマリアビアンカに。

 

Bardiani-CSF-Faizanèのライダーは、オフィシャルカーから、何か補給食を貰っている。

 

オフィシャルスタートからDrone Hopper – Androni Giocattoliが攻撃。

 

今日は、勾配のきつくない2級山岳もあるから逃げには持ってこいだ。各チームのアタッカーが攻撃を繰り返す。

 

5人が前に出た。これは決まりなのかな。またもDrone Hopper – Androni Giocattoliは逃げにメンバーを送り込む。マッティア・バイスはまたも逃げのメンバーだ。

 

集団容認だ。イタリアプロチームがメインの逃げ。ヤーコ・ハンニネンだけフィンランド人。

  1. 15. ヤーコ・ハンニネン AG2R Citroën Team
  2. 57.アレッサンドロ・トネッリ Bardiani-CSF-Faizanè
  3. 82. マッティア・バイス Drone Hopper – Androni Giocattoli
  4. 87. フィリッポ・タリアーニ Drone Hopper – Androni Giocattoli
  5. 106. ミルコ・マエストリ EOLO-Kometa

 

ここでマリアローザのフアン・ロペスが立ち止まる。みんな何事かと思って見ているけど、トレイのために止まった。これ幸いとばかりに、多くのライダーが立ち止まることに。

これは、最近のどこでもアタックとは違う、昔ながらのレースの雰囲気だ。

 

これは今回のレースではないけど、トム・デュムランが我慢しきれずに止まった有名なシーン。この後、何が起こったかは、詳しくは書かないけど。いや、書けない(^^;

 

マーク・カヴェンディシュとカレブ・ユアンのライバル同士が並んでおしゃべりしている。今日の主役はどちらになるかな。

それにしても、マーク・カヴェンディシュの第3ステージで見せたゴール手前300mからのスプリントは圧巻だった。何年にも渡ってトップレベルを維持しているのは凄いことだ。

 

マチュー・ファンデルプールも、最後尾でおしゃべりが忙しい。隣は同胞のクーン・ボウマン(Jumbo-Visma)。

 

集団はLotto Soudalがトーマス・デヘント、Quick-Step Alpha Vinyl Teamがピーター・セリー。Groupama – FDJも先頭交代にメンバーを送ってきた。

 

タイム差は、4分台から残り131.7kmで3分24秒に。

 

スプリントポイント Francavilla di Sicilla

先頭集団が1回目のスプリントポイントを通過。

 

集団からはIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxが全員でビニヤム・ギルマイのために引いて集団のトップで通過。

3ポイントを獲得した。これで58ポイントで、マチュー・ファンデルプールと4ポイント差。ビニヤム・ギルマイはポイント賞ジャージを狙っている。

  1. 87. フィリッポ・タリアーニ Drone Hopper – Androni Giocattoli 12ポイント
  2. 15. ヤーコ・ハンニネン AG2R Citroën Team 8ポイント
  3. 82. マッティア・バイス Drone Hopper – Androni Giocattoli 6ポイント
  4. 57.アレッサンドロ・トネッリ Bardiani-CSF-Faizanè 5ポイント
  5. 106. ミルコ・マエストリ EOLO-Kometa 4ポイント
  6. ビニヤム・ギルマイ Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 3ポイント

 

2級山岳ポイント ポルテッラ・マンドラッツィ   19.6km・4.0%

フアン・モラノはボトルを貰うために集団先頭に。

 

集団先頭にアレハンドロ・バルベルデも上がってきた。かなりのスピードで登りを上がっている。タイム差は、3分。

 

なんだなんだ、ドリース・デポンドがマチュー・ファンデルプールを引いて先頭に上がってきた。猛烈なスピードで引き始めた。

 

Alpecin-Fenixの引きで、マーク・カヴェンディシュは落ちてしまう。だけど、残り100kmもあるから戻れるのは間違いない。

 

マチュー・ファンデルプールはジャージをはだけて全開だ。

 

パープルのCANYON。シューズは新型のシマノシューズか?

 

カレブ・ユアンも集団から脱落。リュディガー・ゼーリッヒに引いて貰っている。追いつくのか?

メカトラでバイク交換しており、タイミングが悪かった。

 

先頭は1分20秒まで迫られてきた。

 

アルノー・デマールも落とされた。スプリンターが次々とAlpecin-Fenixの餌食になっている。

 

山岳賞のレナード・ケムナが集団先頭に出てきた。

 

EOLO-Kometaのミルコ・マエストリ先頭で2級山岳を通過。

  1. 106. ミルコ・マエストリ EOLO-Kometa 18ポイント
  2. 82. マッティア・バイス Drone Hopper – Androni Giocattoli 8ポイント
  3. 15. ヤーコ・ハンニネン AG2R Citroën Team 6ポイント
  4. 57.アレッサンドロ・トネッリ Bardiani-CSF-Faizanè 4ポイント
  5. レナード・ケムナ BORA-hansgrohe 1ポイント

 

先頭は頂上を越えたがタイム差は45秒に。

 

集団はレナード・ケムナ先頭で2級山岳を通過。

 

集団も2級山岳頂上を越えた。山岳とは思えないスピードで通過だ。

 

登りではAlpecin-Fenixが引いていたか゜下りはIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxが引きまくる。

 

残り76.4kmでタイム差は17秒。先頭は4人に。

  1. 15. ヤーコ・ハンニネン AG2R Citroën Team
  2. 57.アレッサンドロ・トネッリ Bardiani-CSF-Faizanè
  3. 82. マッティア・バイス Drone Hopper – Androni Giocattoli
  4. 106. ミルコ・マエストリ EOLO-Kometa

 

ちぎられたマーク・カヴェンディシュは、2分36秒差。2.4kmの距離があいている。Quick-Step Alpha Vinyl Teamのメンバーは必死で引くが追いつくのか?

 

集団が後ろにみえてきた。これは捕まる。

 

先頭は66.7kmで捕まった。Israel – Premier Techも先頭を引いている。ジャコモ・ニッツォーロはしっかりと生き残っている。

 

カレブ・ユアンは、4分以上遅れており復帰するのは難しい。

 

マーク・カヴェンディシュのグループは少しずつタイム差を縮めてきている。残り56kmあるので、2分ならば追いつくのでは。

 

アルノー・デマールは集団に戻っている。なので、Groupama – FDJは先頭交代にメンバーを送っている。スプリントで勝てる可能性は高くなる。

 

Alpecin-Fenixの作戦は大成功だ。後方のマーク・カヴェンディシュは追走を諦めたようだ。生き残っているスプリンターは

  • Alpecin-Fenix マチュー・ファンデルプール
  • Groupama – FDJ アルノー・デマール
  • Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ
  • UAE Team Emirates フェルナンド・ガビリア
  • Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux ビニヤム・ギルマイ
  • Bahrain Victorious ヒィル・バウハウス
  • Cofidis シモーネ・コンソンニ
  • Trek-Segafredo エドワード・トゥーンス

 

マチュー・ファンデルプールは、チームメイトと共に最後尾当たりにいる。

 

スプリントポイント  Villafranc Tirrena

スプリントポイントは、INEOS Grenadiersのベン・スウィフトが獲得。アルメイダはディエゴ・ウルッシのためにリードアウト。

  1. ベン・スウィフト INEOS Grenadiers 3秒
  2. ディエゴ・ウルッシ UAE Team Emirates 2秒
  3. ジョアン・アルメイダ UAE Team Emirates 1秒

 

先頭を引いているGroupama – FDJのクレマン・デイヴィーのデータだろうか。360wというとんでもないパワーで引いている。

 

何事もなく残り15kmのゲートを越える。

 

海岸線を集団はぶっ飛ばしている。残り8.9km。

 

残り4.9kmでCofidisが先頭に。

 

残り3.5kmでBORA-hansgroheが先頭にでた。

 

残り2.4kmでAlpecin-Fenixのドリース・デポンド先頭。

 

ドリース・デポンドの後ろは、Trek-Segafredo、Cofidisと続く。

 

残り2kmでドリース・デポンドは引き終わる。

 

残り1kmでCofidis先頭。シモーネ・コンソンニでゴールを狙う。

 

ゴール手前では、Groupama – FDJのトレインが。ラモン・シンケルダムアルノー・デマールを引いている。

 

アルノー・デマールが発射!

 

アルノーデマールが先頭を譲らない。

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamのダディデ・バッレリーニジャコモ・ニッツォーロが追い込む。ビニヤム・ギルマイはフェンス際で足を止めてしまう。

 

アルノー・デマールがハンドルを投げた~!

 

アルノー・デマールが勝利だ~!

アルノー・デマールは、今シーズンの初勝利をジロ・デ・イタリアで上げることが出来た。ジロ通算6勝目。ポイント賞も獲得で、明日はマリアチクラミーノで登場する。

終わってみれば、主役のマーク・カヴェンディシュとカレブ・ユアンがいないというステージに。カレブ・ユアンがレース前に言っていた不安が見事に的中した形だ。

登りで頑張ったAlpecin-Fenixだったが、マチュー・ファンデルプールは、スプリントに入る前に接触で落車しそうになり、足を止めている。これも仕方ない。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第5ステージ リザルト

アルノー・デマールのコメント

明らかに、私はとても幸せだ、はい。非常に満足している。今シーズンの勝利は遅れたが、それもサイクリングだ。

マーク・カヴェンディッシュやカレブ・ユアンはいませんでした。

大変な一日だった。登るのは大変だったが、チームメイトが私を下り坂に連れて行ってくれた。非常に速く進んだ。

マーク・カヴェンディシシュとカレブ・ユアンが不在でも多くのスプリンターがいたと思いますが。

スプリントは私にとってうまくいった。チームは私のためにうまく機能し、辛抱強くなった。スプリントを開始する適切な瞬間を待った。

 

RnkRiderTeamUCI Time
1
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ100
10″
4:03:56
2
 GAVIRIA Fernando
UAE Team Emirates40
6″
,,
3
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech20
4″
,,
4
 BALLERINI Davide
Quick-Step Alpha Vinyl Team12 ,,
5
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux4 ,,
6
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious  ,,
7
 DAINESE Alberto
Team DSM  ,,
8
 TESFATSION Natnael
Drone Hopper – Androni Giocattoli  ,,
9
 THEUNS Edward
Trek – Segafredo  ,,
10
 CONSONNI Simone
Cofidis  ,,
11
 ROJAS José Joaquín
Movistar Team  ,,
12
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa  ,,
13
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost  ,,
14
 CALMEJANE Lilian
AG2R Citroën Team  ,,
15
 EENKHOORN Pascal
Jumbo-Visma  ,,
16
 GABBURO Davide
Bardiani-CSF-Faizanè  ,,
17
 MODOLO Sacha
Bardiani-CSF-Faizanè  ,,
18
 NAESEN Lawrence
AG2R Citroën Team  ,,
19
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team  ,,
20
 VLIEGEN Loïc
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCI Time
11
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo20
6″
18:21:03
22
 KÄMNA Lennard
BORA – hansgrohe 
10″
0:39
33
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 
5″
0:58
44
 YATES Simon
Team BikeExchange – Jayco  1:42
55
 VANSEVENANT Mauri
Quick-Step Alpha Vinyl Team 
2″
1:47
66
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe  1:55
78▲1
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates 
2″
1:58
87▼1
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 
4″
2:00
99
 PORTE Richie
INEOS Grenadiers  2:04
1010
 BARDET Romain
Team DSM  2:06
1111
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers  ,,
1212
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious  2:15
1313
 ARENSMAN Thymen
Team DSM  ,,
1414
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe  2:16
1515
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious  2:18
1616
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost  2:20
1717
 VALVERDE Alejandro
Movistar Team  2:23
1818
 HAMILTON Lucas
Team BikeExchange – Jayco  2:27
1919
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo  2:32
2020
 POZZOVIVO Domenico
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  2:37

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPoints
14▲3
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ 94
22
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 72
35▲2
 GAVIRIA Fernando
UAE Team Emirates 67
41▼3
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Fenix 62
53▼2
 CAVENDISH Mark
Quick-Step Alpha Vinyl Team 53
615▲9
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech 39
77
 TAGLIANI Filippo
Drone Hopper – Androni Giocattoli 36
86▼2
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 27
98▼1
 KÄMNA Lennard
BORA – hansgrohe 22
1010
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost 21

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPoints
11
 KÄMNA Lennard
BORA – hansgrohe 41
2 
 MAESTRI Mirco
EOLO-Kometa 18
32▼1
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo 18
43▼1
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 12
54▼1
 MONIQUET Sylvain
Lotto Soudal 9
6 
 BAIS Mattia
Drone Hopper – Androni Giocattoli 8
75▼2
 VANSEVENANT Mauri
Quick-Step Alpha Vinyl Team 6
8 
 HÄNNINEN Jaakko
AG2R Citroën Team 6
97▼2
 ZABEL Rick
Israel – Premier Tech 5
106▼4
 EENKHOORN Pascal
Jumbo-Visma 5

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo18:21:03
22
 VANSEVENANT Mauri
Quick-Step Alpha Vinyl Team1:47
33
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates1:58
44
 ARENSMAN Thymen
Team DSM2:15
55
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious2:18
66
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team3:05
77
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers3:14
89▲1
 OLDANI Stefano
Alpecin-Fenix3:35
98▼1
 CARR Simon
EF Education-EasyPost4:08
1011▲1
 FOSS Tobias
Jumbo-Visma4:14

コメント

タイトルとURLをコピーしました