ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスのツール・ド・フランスへのスケジュールが決定

海外情報
photo Geraint Thomas instagram
この記事は約3分で読めます。

ゲラント・トーマスの、レース復帰に向けてのスケジュールが決定した。

2018年のツール優勝者であり、昨年は2位。当然リーダーの一人としてツール制覇を狙っている。

今シーズンは、ヴォルタ・アン・アルガルヴェのステージレースを走ったのみ。トーマスの場合には、狙ったレースに向けて調整するタイプ。

100%の状態になるのは狙ったレースだけだ。ゲラント・トーマスのツール・ド・フランスまでのレースを見てみよう。

 

スポンサーリンク

ツールまでのレーススケジュール

photo Geraint Thomas instagram

ロックダウン中、故郷のカーディフで約3ヶ月間を過ごしたトーマスは、生活体験も語っている。

イネオスではあと2戦eレースが開催されるが、これにトーマスも出場する予定だ。

ゲラント・トーマスの最初の復帰レースは、ルート・ドクシタニー(La Route d’Occitanie)のステージレース。

4ステージで争われ、エガン・ベルナルと共にスタートリストに名前を連ねている。

その後8月12日から始まるクリテリウム・ドーフィネに出場。これもベルナルと一緒だ。

そして、8月29日のツール・ド・フランスに挑むことになる。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

“What’s taking so long? Is the bath ready?” 🛀

Geraint Thomas(@geraintthomas86)がシェアした投稿 –

インタビューで、トーマスは

レースに参加できなかったのは残念だったが、もっと大きなことがたくさんあったので、その理由は理解できると思う。

みんなの人生は大きく変わってしまったけど、僕らにとっては幸運なことに、最終的には50日以上カーディフに戻っていた。特に家では若い男の子がいて、それはいいプラスになったよ。

若い男の子とは、トーマスの初めての息子のことだ。

プロライダーが自宅にずっとすることはシーズン中はない。子供と一緒に過ごせるというのは貴重なこと。

 

あと3年、4年、5年あるので、その間を有効に使ってレースをして楽しみたい。厳しい状況だったけど、僕らよりももっと悪い状況にある人たちがたくさんいるんだ。

誰も経験していないレースシーズンで条件は一緒。だれもレースを走っていないのだから調子なんてわからない。

レースを走って調整するタイプのライダーには厳しい条件となるが、トーマスの場合はどうだろうか? 

リーダー役となってからは、調整レースでは全くコンデションをあげてレースをしていない。

100%狙うレースだけに集中している。ツール・ド・フランスでは100%の状態になっていることを期待しておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました