ロードバイクの情報を発信しています!

Team DSMのテイレン・アレンスマンがINEOS GrenadiersとJumbo-Vismaに狙われている

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

ジロ・デ・イタリアで新人賞の呼び声も高いTeam DSMのテイレン・アレンスマン。

直前のツアー・オブ・アルプスでは、エースのロマン・バルデを献身的にアシスト。自らも総合3位に入る好走を見せている。

特に、第5ステージでは、雨の中ロマン・バルデの総合優勝のために引き続けた走りは凄すぎた。

 

ジロ・デ・イタリア第2ステージの個人タイムトライヤルでも10位に入っている。TTも強く、登りも強い将来性あるライダーだ。

次のエースと目されているテイレン・アレンスマンだが、二つのチームから狙われている。

 

スポンサーリンク

INEOS GrenadiersかJumbo-Vismaか

 

テイレン・アレンスマンは、2018年SEG Racing Academyからスタート。

2018年のツール・ド・ラヴニールではタデイ・ポガチャルに次ぐ2位となり、ブロトンで最も才能ある若手ライダーの一人とみなされている。

2020年7月1日からテスト生としてTeam DSMに。

Team DSMでは、過去2シーズン、順調に成長してきた。この春、彼は厳しいティレーノ~アドリアティコで総合6位、ツアー・オブ・アルプスで総合3位と、さらに一歩前進することに成功した。

現在ジロでは、総合12位だが、アシスト作業がなければもっと上位にいてもおかしくない。

テイレン・アレンスマン自身は、新人賞なんて狙ってないというけれど、他チームならばエース待遇でもおかしくないライダーだ。

 

22歳のライダーのマネジメントは、すでにJumbo-Vismaにチームからのオファーを受け入れないと伝えている。

Jumbo-VismaのスポーツディレクターであるMerijn Zeemanは、テイレン・アレンスマンに興味を持っていることがわかっている。

INEOS Grenadiersでは、同じくオランダ人のディラン・ファンバーレが今シーズン限りでJumbo-Vismaに移籍すると言われている。

だが、テイレン・アレンスマンの獲得競争には敗れたようだ。

情報では、テイレン・アレンスマンがINEOS Grenadiersと契約を交わすのは時間の問題だという。

テイレン・アレンスマンは、INEOS Grenadiersにとって、将来を見据えた興味深いライダーであることは間違いない。

若い総合系ライダーを集めないと世代交代の波に乗り遅れてしまうからだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました