ロードバイクの情報を発信しています!

2021ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ 最初の本格山岳ステージの勝者は?

海外情報
Photo credit: Roxy Pérez on Visualhunt
この記事は約20分で読めます。

第6ステージでは、最後の1.9kmの登りで思わぬタイム差がついた。総合トップとなったプリモッシュ・ログリッチからは、全員が遅れてしまう。

すでに総合10位のファビオ・アル(Team Qhubeka NextHash)まで、1分17秒のタイム差がついている。

このブエルタが引退レースとなるファビオ・アルも頑張っているのだけど、なんとか総合10位以内の順位は保って貰いたい。

 

スポンサーリンク

第7ステージ    ガンディア〜バルコン・デ・アリカンテ 152㎞

第7ステージ photo lavuelta

 

海岸沿いの観光地の町ガンディアからスタート。ライダーは西に向かってアリカンテ州に向かい、6つの分類された山岳ポイントを越える。獲得標高は、3670mの本格山岳ステージだ。

スタートして7kmほどすると最初の1級山岳に登り始める。アルミラン山脈の最高峰の一つであり、海抜110mから標高696mまで9.4kmの距離を登る。

17%勾配があるので、最初から遅れてしまうライダーも続出するだろう。

 

  1. 1級山岳 9.4km・6.2%
  2. 3級山岳    プエルトデベニリョーバ 3km・3.6%
  3. 2級山岳 プエルトデトゥドン 7.1km・5.2%
  4. スプリントポイント レリュー 
  5. 2級山岳    プエルトエルコラード 9.4km・4.7%
  6. 3級山岳    プエルト・デ・ティビ 5.3km・5.3%     ボーナスタイム
  7. 1級山岳   バルコンデアリカンテ 8.4km・6.4%

 

1級山岳   バルコンデアリカンテ  photo lavuelta

 

総合勢の戦いは最後の1級山岳で行われる。不規則な勾配だが、ゴール手前2kmには14%という最大勾配がある。

最後の1.5kmは11%の勾配が続く。ゴールは少し下っているけど、すでに勝負はついているだろう。

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ローリングスタートで、プリモッシュ・ログリッチとレイン・タラマエは話こんでいる。

 

第7ステージ スタートでの4賞

  • 総合 プリモッシュ・ログリッチ(Team Jumbo-Visma)
  • ポイント賞   ジャスパー・フィリップセン(Alpecin-Fenix)
  • 山岳賞 レイン・タラマエ(Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  • 新人賞 エガン・ベルナル(INEOS Grenadiers)

 

41秒遅れの総合4位のアレハンドロ・バルベルデ。集団先頭に出てきている。41歳最年長とは思えない元気の良さだ。

 

今日は流石に0kmアタックはない。すぐに登りなので考えているのかな。

 

ようやく、Burgos-BHのジェツェ・ボルがアタック!

 

ジェツェ・ボルに数人がジョインする。

 

決まりそうな感じだったけど、この逃げは直ぐに捕まる。

 

1級山岳 9.4km・6.2%

マイヨ・ロホにを失ったばかりのケニー・エリッソンドがアタック!

 

ケニー・エリッソンドは捕まり、山岳賞のレイン・タラマエが前に出てきた。

 

EF Education-Nippoのヒュー・カーシーが速くも遅れている。昨年の総合3位は完全に脱落となりそうだ。

 

Caja Rural – Seguros RGAのジェフェソンアルベイロ・セペダがアタックをかけている。

 

後方から、次々とライダーが合流して大きな先頭集団になりつつある。

 

だが、流石に集団に追いつかれた。

 

先頭では1級山岳頂上に向けて熾烈なポイント争いが。

 

1級山岳頂上は、ジャック・ヘイグ(Bahrain – Victorious)がトップ通過。2位はパヴェル・シヴァコフ。セップ・クスが3位。

  1.  ジャック・ヘイグ(Bahrain – Victorious) 10ポイント
  2. パヴェル・シヴァコフ(INEOS Grenadiers) 6ポイント
  3. セップ・クス(Team Jumbo-Visma) 4ポイント
  4. ジェイ・ヴァイン(Alpecin-Fenix) 2ポイント
  5. ヨン・イサギレ(Astana-Premier Tech)1ポイント

 

Team DSMのマーティン・トゥスフェルトが下りで少し抜けている。これはすぐに後方に吸収される。

 

登り勾配となって3人が前に出る。まだ10秒のタイム差なのでわからない。後方からクリス・ハミルトン(Team DSM)も追ってきている。

 

ブリモッシュ・ログリッチは集団後方から前方に上がっていく。先頭とは15秒しか離れていない。

 

集団が落ち着いた。前とタイム差が開いていく。逃げが決まりだ。

 

先頭は人数が増えて6人。Team DSMはロマン・バルデの総合がなくなったので3人も送り込んでいる。

  1. ジョフリー・ブシャール(AG2R Citroën Team)
  2. ディエゴ・カマーゴ(EF Education-Nippo)
  3. ハーム・ファンフック( Lotto Soudal)
  4. テイメン・アレンスマン(Team DSM)
  5. クリス・ハミルトン(Team DSM)
  6. マイケル・ストーラー(Team DSM)

 

25人の巨大な追走集団が出来ている。ログリッチのいるメイン集団と同じくらいの大きさではないかな。

最もタイムの良いのはヤン・ポランツ(Bahrain – Victorious)の1分42秒。これを逃がしてしまっては、マイヨ・ロホも奪われてしまう。逃がさないのではないかな。

 

25人の追走集団の前に先頭の6人の姿が取らえられた。追いついて31人の先頭集団となる。

 

3級山岳    プエルトデベニリョーバ 3km・3.6%

先頭からケニー・エリッソンドとロマン・バルデが飛び出す。

 

3級山岳は、ロマン・バルデが1位通過。総合をあきらめて山岳賞を狙うのかな。先頭集団からは、サム・オーメンがメイン集団に降りた。

Team Jumbo-Vismaは、セップ・クスだけが先頭集団に残っている。

 

先頭は、UAE Team Emiratesのマッティオ・トレンティンがヤン・ポランツのために引いている。

 

2級山岳 プエルトデトゥドン 7.1km・5.2%

メイン集団は、2分50秒遅れでTeam Jumbo-Vismaの二人が引いている。ロベルト・ヘーシングとサム・オーメン。ブリモッシュ・ログリッチは後方にいる。

 

先頭はTeam DSMが引く。タイム差は3分を越えており、人数が多いので逃げ切りもあるかも。

3級山岳通過順位は

  1. ヤン・ポランツ 3ポイント
  2. ロマン・バルデ 2ポイント
  3. ケニー・エリッソンド 1ポイント

 

先頭はマッティオ・トレンティンが引き続ける。すでに3分46秒までタイム差を開いて、バーチャルでは4人がプリモッシュ・ログリッチを逆転している。

どこまでリードを保てるか?

 

スプリントポイント レリュー 

スプリントポイントを先頭集団は通過。

 

2級山岳    プエルトエルコラード 9.4km・4.7%

Team DSMのマイケル・ストーラーがアタック。これは捕まってしまう。

 

マイケル・ストーラーは2度目のアタックをかけるが、勢いがない。すぐに捕まってしまう。

 

アレハンドロ・バルベルデがチームメイトのホセ・ロハスのアシストを受けてアタック!

 

アレハンドロ・バルベルデに、リチャル・カラパス、アダム・イェーツがジョインする。

 

しかし、ここでアレハンドロ・バルベルデがカーブで落車。ガードレールのない場所に行ってしまう。

 

バルベルデはなんとか自力で上がってくる。

 

だが、これは走れる状態ではないかもしれない。鎖骨を調べられているので、骨折の可能性もある。

 

ここからカラパスがアタック!

 

 

だが、カラパスにミゲルアンヘル・ロペスが追いつく。

 

さらに、プリモッシュ・ログリッチがチェックにはいる。

 

 

この後、アレハンドロ・バルベルデは走りだした。大丈夫なのだろうか?

 

危険な3人のアタックは集団に捕まる。

 

2級山岳1位通過はロマン・バルデ。

  1. ロマン・バルデ 3ポイント
  2. パヴェル・シヴァコフ 3ポイント
  3. ローソン・クラドック 1ポイント

 

アレハンドロ・バルベルデは、少し走ったがやはり立ち止まった。リタイヤだ。これがアレハンドロ・バルベルデの最後のブエルタだとは思いたくない。

これだけ調子が良かったのに大変残念だ。

 

下りで、ローソン・クラドックがアタック!

 

これに二人がジョイン。

  1. マイケル・ストーラー Team DSM
  2. パヴェル・シヴァコフ  INEOS Grenadiers
  3. ローソン・クラドック  EF Education-Nippo

 

集団は、第2集団まで3分台と変わらない。

現在パーチャルでヤン・ポランツ、フェリックス・グロスチャートナー、ジャック・ヘイグ、セップ・クスがプリモッシュ・ログリッチを上回っている。

 

3級山岳    プエルト・デ・ティビ 5.3km・5.3%     ボーナスタイム

3人は50秒以上のタイム差をつけた。

 

残り19kmとなり、パヴェル・シヴァコフが登りでアタックをかける。だが、この二人から簡単に逃げることは出来ない。

 

なんと、メイン集団は先頭から5分6秒も遅れた。第2集団とは4分40秒も離れており、プリモッシュ・ログリッチのマイヨ・ロホは奪われようとしている。

 

あっと、パヴェル・シヴァコフが先頭を走っていた時にチェーン落ちだ。

 

パヴェル・シヴァコフは、止まってチェーンをはめている。

 

パヴェル・シヴァコフは追いつき、ローソン・クラドックが切れて先頭は二人に。

  1. マイケル・ストーラー Team DSM
  2. パヴェル・シヴァコフ  INEOS Grenadiers

 

3級山岳はパヴェル・シヴァコフが1位通過。

  1. パヴェル・シヴァコフ 3ポイント 3秒
  2. マイケル・ストーラー 2ポイント 2秒
  3. ローソン・クラドック 1ポイント 1秒

 

1級山岳   バルコンデアリカンテ 8.4km・6.4%

残り8.3km。後続とは28秒のタイム差がある。二人で優勝争いとなるのか?

 

集団はアスタナが牽引し始める。アレクサンドル・ウラソフの総合順位を守るためだ。

 

先頭に二人が追いた。これで先頭は4人に。

  1. マイケル・ストーラー Team DSM
  2. パヴェル・シヴァコフ  INEOS Grenadiers
  3. カルロス・ベローナ Movistar Team
  4.  アンドレアス・クローン Lotto Soudal

 

追いついたカルロス・ベローナがアタックだ。マイケル・ストーラーがチェックにはいる。

 

パヴェル・シヴァコフとアンドレアス・クローンが追走する。

 

パヴェル・シヴァコフの懸命のペースアップで、また、4人に戻る。

 

追走集団のヤン・ポランツのマイヨ・ロホ獲得も現実的となってきたか。このままだと、総合は大シャッフルされる。

 

先頭から、カルロス・ベローナがまたもアタックだ。

 

カルロス・ベローナは独走となるか?

 

だが、マイケル・ストーラーが追いついて、逆にアタックだ。

 

プリモッシュ・ログリッチは相当追い込んでいるが、残り3.4kmしかない。

 

パヴェル・シヴァコフとカルロス・ベローナが二人で先頭のマイケル・ストーラーを追う。

 

マイケル・ストーラーの勝利は間違いないだろう。Team DSMはこの有望なライダーを移籍させる。勿体ないことだ。

 

カルロス・ベローナがパヴェル・シヴァコフを引き離す。

 

マイケル・ストーラーは逃げ切り勝利!

ツール・ド・レンの総合優勝に続いての勝利だ。

今回はグランツールでの勝利でワールドツアーの勝利は初めてとなる。この山岳での強さは本物だ。

 

総合勢の争いはアダム・イェーツがエガン・ベルナルのために引きまくる。

 

このグループには、7人がいる。

  • アダム・イェーツ
  • プリモッシュ・ログリッチ
  • エンリク・マス
  • エガン・ベルナル
  • ミゲルアンヘル・ロペス
  • ダビ・デラクルス
  • ルイス・メインチェス

 

アダム・イェーツ先頭で、このままゴール。なんと、プリモッシュ・ログリッチは8秒差でフェリックス・グロスチャートナーからマイヨ・ロホを守った。まさにギリギリでのキープだ。

これは、アダム・イェーツに感謝しないといけないのではないかな。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第7ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 STORER Michael
Team DSM100804:10:13
2
 VERONA Carlos
Movistar Team40500:21
3
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers20350:59
4
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma12251:16
5
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious4181:24
6
 BARDET Romain
Team DSM 151:32
7
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe 12,,
8
 KRON Andreas
Lotto Soudal 101:37
9
 CRAS Steff
Lotto Soudal 82:17
10
 POLANC Jan
UAE-Team Emirates 62:29
11
 VINE Jay
Alpecin-Fenix 52:49
12
 TUSVELD Martijn
Team DSM 42:53
13
 PETILLI Simone
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 3,,
14
 HERRADA Jesús
Cofidis, Solutions Crédits 23:08
15
 YATES Adam
INEOS Grenadiers 13:33
16
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma  ,,
17
 MAS Enric
Movistar Team  ,,
18
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers  ,,
19
 LÓPEZ Miguel Ángel
Movistar Team  ,,
20
 DE LA CRUZ David
UAE-Team Emirates  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma2025:18:35
215▲13
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe 0:08
32▼1
 MAS Enric
Movistar Team 0:25
43▼1
 LÓPEZ Miguel Ángel
Movistar Team 0:36
512▲7
 POLANC Jan
UAE-Team Emirates 0:38
65▼1
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers 0:41
726▲19
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious 0:57
827▲19
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma 0:59
96▼3
 VLASOV Aleksandr
Astana – Premier Tech 1:06
1011▲1
 YATES Adam
INEOS Grenadiers 1:22
117▼4
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo 1:28
129▼3
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 1:42
1310▼3
 ARU Fabio
Team Qhubeka NextHash 1:47
1417▲3
 DE LA CRUZ David
UAE-Team Emirates 2:14
1519▲4
 MEINTJES Louis
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 2:19
1618▲2
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers 2:48
1716▼1
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious 2:52
1814▼4
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo 3:03
1932▲13
 EIKING Odd Christian
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 5:05
2025▲5
 MOLARD Rudy
Groupama – FDJ 5:09

逃げ切ったフェリックス・グロスチャートナーとヤン・ポランツ、セップ・クス、ジャック・ヘイグが一気に総合10位以内に入ってきた。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
11
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix  131
22
 JAKOBSEN Fabio
Deceuninck – Quick Step  130
33
 CORT Magnus
EF Education – Nippo  67
44
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange  58
55
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma  54
66
 ARANBURU Alex
Astana – Premier Tech  52
77
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ  50
88
 DAINESE Alberto
Team DSM  43
99
 ALLEGAERT Piet
Cofidis, Solutions Crédits  37
1010
 MOLANO Juan Sebastián
UAE-Team Emirates  36

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
1 
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers  16
2 
 STORER Michael
Team DSM  12
3 
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious  11
4 
 BARDET Romain
Team DSM  11
51▼4
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  10
62▼4
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo  10
75▼2
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma  9
8 
 POLANC Jan
UAE-Team Emirates  6
9 
 VERONA Carlos
Movistar Team  6
103▼7
 DOMBROWSKI Joe
UAE-Team Emirates  6

パヴェル・シヴァコフが山岳賞トップとなった。

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers25:19:16
22
 VLASOV Aleksandr
Astana – Premier Tech0:25
34▲1
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious2:11
43▼1
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo2:22
56▲1
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team4:54
613▲7
 ROCHAS Rémy
Cofidis, Solutions Crédits7:36
717▲10
 STORER Michael
Team DSM8:29
89▲1
 CEPEDA Jefferson Alveiro
Caja Rural – Seguros RGA10:28
919▲10
 CRAS Steff
Lotto Soudal13:42
1020▲10
 KRON Andreas
Lotto Soudal13:55

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました