ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツール・ド・フランス第3ステージ まさかスプリントステージで総合がシャッフルとは~

海外情報
Photo credit: ernohannink on VisualHunt.com
この記事は約19分で読めます。

第2ステージでは、ジュリアン・アラフィリップがマイヨ・ジョーヌを明け渡す事態が起こった。通常では考えられない走りでマイヨとなったのはマチュー・ファンデルプール。

やはり規格外としかいいようがない男だ。

第3ステージでようやくスプリンターがゴールを狙うステージとなる。最初のスプリンターステージを征するのは誰だろうか?

 

スポンサーリンク

第3ステージ ロリアン〜ポンティビー 182.9㎞

第3ステージ photo letour

 

港湾都市であるロリアンからスタート。最初にビスケー湾の海岸線を東方向にたどり、丘陵地帯の内部に向かう。

 

  1. 4級山岳 カドゥダル海岸  1.7km・6.3% 1ポイント
  2. スプリントポイント プルークリフェ
  3. 4級山岳   ブリュメリオー海岸  2.2km・3.1% 1ポイント

ラスト3kmからは下っているので落車に注意だ。

 

ステージ優勝を狙う各チームのスプリンターは

  • カレブ・ユアン(Lotto Soudal)
  • アルノー・デマール(Groupama-FDJ)
  • マーク・カヴェンディシュ(Deceuninck-Quick-Step)
  • アンドレ・グライペル(Israel Start-up Nation)
  • サガン(Bora-​​Hansgrohe)
  • ナセル・ブアニ(ArkéaSamsic)
  • ソンニ・コルブレッリ(Bahrain Victorious)
  • ブライアン・コカール(B&B Hotels)
  • ティム・メルリエ(Alpecin-Fenix)
  • マッズ・ピーダスン(Trek-Segafredo)
  • ケース・ボル(Team DSM)
  • クリストフ・ラポルト(Cofidis, Solutions Crédits)
  • マイケル・マシューズ(Team BikeExchange)

Alpecin-Fenixについては、今日はティム・メルリエで勝負すると。ジャスバー・フィリップセンは膝を痛めたのでリードアウトになるのではないかな。

マチュー・ファンデルプールはトレインには入らないとの情報が。TTまでキープするつもりですね。

 

スタート

まず、マチュー・ファンデルプールのイエローとなったCANYONに注目。

 

ハンドルは完全に治ってますね。ダウンチューブの下にはメッセージが

「14回の参加、7回のステージ優勝、2位3回、3位5回。しかし、イエローは今まで運命にあるようにはみえなかった」と書かれている。

祖父のレイモンド・プリドールに奉げる言葉ですね。孫がやってのけたのだから凄いことだ。

 

プロチームの初出場のライダーがマイヨ・ジョーヌとは~。今日はキープできるかな。

 

今日の主役となるかカレブ・ユアン。発射台はロジャー・クルーゲかデャスパー・デブイストか?

 

ゲラント・トーマスは第2ステージで、チームのトレインを生かすことが出来ず、28秒もマチューから遅れてしまう。総合でも20位に落ちてしまった。

 

2017年のポイント賞獲得。マイケル・マシューズ。第1ステージは2位と好調。平坦ステージではどうだろうか?

 

ワウト・ファンアールトはスプリントしないというから残念。

 

イタリアチャンピオンとなったソンニ・コルブレッリ。平坦ステージで勝利することが出来るだろうか?

 

マーク・カヴェンディシュも勝てないなら来ないと言ってますからね。スブリントではミケル・モルコフだけを見ておくと。

 

サガンはグリーンジャージの獲得が出るのか。最大のライバルはカレブ・ユアンだ。今年はグリーンジャージをカレブ・ユアンが狙っているので厳しいかも。

 

第3ステージスタートでの4賞

  • 総合 マチュー・ファンデルプール(Alpecin-Fenix)
  • ポイント賞   ジュリアン・アラフィリップ(Deceuninck-Quick-Step)
  • 山岳賞 イーデ・シュリング(BORA-hansgrohe)
  • 新人賞 タディ・ポガチャル(UAE Team Emirates)

 

5人であっさりと

スタートから山岳賞のイーデ・シュリングがアタック!  山岳ポイントを1ポイント取れば、今日も山岳賞をキープ出来る。

  1.  78. Ide Schelling(イーデ・シュリング)BORA – hansgrohe
  2. 127. Michael Schär(ミヒャエル・シェアー)AG2R Citroën
  3. 98. Jelle Wallays(イエール・ワライス)Cofidis, Solutions Crédits
  4. 222. Cyril Barthe(シリル・バルト)B&B Hotels p/b KTM
  5. 224. Maxime Chevalier(マキシム・シュヴァリエ)B&B Hotels p/b KTM

本当にあっさりと決まってしまった。今日は完全にスプリンターステージなので集団も完全に見送り。

 

ジュリアン・アラフィリップのグリーンジャージは今日までかな。

 

レース前のインタビュー通り、トーマス・デヘントが集団先頭を引く。

 

ゲラント・トーマス落車

なんとゲラント・トーマスが落車。かなり痛そうで寝転んでいる。肩関節が脱臼したというけど大丈夫なのか?

  1.  ロバート・ゲシング(Team Jumbo-Visma)
  2. トニー・マルティン(Team Jumbo-Visma)
  3. ゲラント・トーマス (INEOS Grenadiers)
  4. ローク・ロウ(INEOS Grenadiers)

 

なんとロバート・ゲシングは肩を痛めたようでリタイヤとなってしまう。鎖骨と肩甲骨の関節を脱臼していると。

これは貴重なアシストが一人いなくなる。ワウト・ファンアールトにかかる比重が大きくなり、ステフェン・クライスヴァイクの出番が早くなるだろう。

 

ゲラント・トーマスは走りだしたが、集団と3分離れている。肩が脱臼したというのに走れるのが凄いけど、明日からのステージに影響が出そうだ。

 

まずは、ルーク・ロウがトーマスを引っ張る。また雨が降ってきた。

 

さらに、ディラン・ファンバーレがトーマスの牽引に加わる。

 

ヨナタン・カストロピエホも前から降りてきた。これならば追いつくだろう。

 

ようやくサボートカーの一団が見えてきた。あと1分だ。

 

ようやく、集団最後尾に追いついた。実に20km走っている。レース序盤でよかった。

 

集団先頭は、87. ヴァランタン・マティアス(Groupama-FDJ)が牽引に加わっている。これはアルノー・デマールのためだ。

 

Alpecin-Fenixからペトル・ヴァコッチが牽引に加わる。

 

ゲラント・トーマスはサボートカーにつかまる。この後、バイク交換して走り出した。身体はかなり痛いでしょうね。

 

先頭を走っていた、127. ミヒャエル・シェアー(AG2R Citroën)がチェーン落ちなのか止まってしまう。段差を越えた時のようだ。

 

4級山岳 カドゥダル海岸  1.7km・6.3% 1ポイント

先頭は、最初の4級山岳に向かう。ここはイーデ・シュリングが頑張るでしょうね。

 

イーデ・シュリングは頂上手前600mからアタック。誰も追わない。

 

イーデ・シュリングは1位通過で1ポイント追加して5ポイントに。これでマチュー・ファンデルプールを離して単独トップに。

今日の山岳賞キープは確定だ。

 

イーデ・シュリングは、ここで皆にサヨナラして足を止める。今日の目標達成だ。

 

Team Qhubeka NextHashのニコラス・ドラミニショーン・ベネットが落車。雨が降ったり止んだりしているから滑りやすい。

 

スプリントポイント プルークリフェ

先頭は争うことなく、スプリントポイントを通過。1位通過は、シリル・バル(B&B Hotels p/b KTM)。

 

後続は5位争い。ソンニ・コルブレッリが先行してスプリントを開始するが、やはりカレブ・ユアンが先着。マーク・カヴェンディシュ、ミケル・モルコフと続いた。

 

ジュリアン・アラフィリップがパンク。クリンチャータイヤだから、サボートカーを早く呼ぶしかない。

 

先頭には、フィリップ・ジルベールが出てカレブ・ユアンのために引いている。

 

4級山岳   ブリュメリオー海岸  2.2km・3.1% 1ポイント

先頭は1分31秒のリードを持って、4級山岳に向かう。

 

イエール・ワライス(Cofidis, Solutions Crédits)が1位通過。

 

クリストフ・ラポルト(Cofidis, Solutions Crédits)がパンク。かなり、集団のスピードが上がっているので、早く追いつきたい。

 

アレハンドロ・バルベルデが集団先頭に。来シーズンも走る最年長。

 

先頭は3人に。残り13.8kmで40秒となってきた。登り終わるまでに捕まりそうだ。

 

集団後方で落車。Groupama-FDJのヴァランタン・マティアスが痛そうだ。アルノーデマールのトレインが減ってしまう。追いつくかな。

 

プリモッシュ・ログリッチ落車

スビードが上がってるところで落車発生。なんと、横に吹っ飛んだのはプリモッシュ・ログリッチだ。

 

チームメイトが止まってログリッチをサボート。

 

なんとか走り出すプリモッシュ・ログリッチ。

 

左太ももがあらわになっている。これは前にも見た光景だ。パリ~ニースの最終日は追いつかなったけど。

 

なくとか集団の後方が見えてきた。

 

先頭は後ろが見えても粘る。

 

プリモッシュ・ログリッチはなんとか追いつくか。集団はペースが上がっている。

 

先頭は捕まってもそのまま走りつづける。

 

ラスト4kmでまたも落車。Bahrain Victoriousが多数落車している。タディ・ポガチャルも落車したと。先頭に見える白いジャージがそうかも。

 

ロットが全開で前を引いている。

 

その後ろからマチュー・ファンデルプールが発射だ。トレインに参加しないと言ってなかったっけ。

 

マチュー・ファンデルプールは、後ろを引きちぎるほどのスピードで引きまくる。

 

マチュー・ファンデルプールは800m引いてもまだ先頭。残り1kmまで引き続けた。

 

さあ、先頭はマチュー・ファンデルプールの引きをいかして、Alpecin-Fenixのヨナス・リッカールトが先頭だ。

 

あっと、ここでカレブ・ユアンが横に吹っ飛んでしまう。これに後ろからサガンが絡んで落車。

カレブ・ユアンはハウスしたようだ。

 

カレブ・ユアンは滑ってしまい、そのまま起き上がれない!

 

ジャスバー・フィリップセンの引きからティム・メルリエがスブリント開始!

後ろは、ナセル・ブアニと、ダヴィデ・バッレリーニだ。マーク・カヴェンディシュもどこかで落車に巻き込まれていない。

 

ティム・メルリエが余裕の勝利!

 

2位には、ジャスバー・フィリップセンが入った。なんとAlpecin-Fenixはワン・ツー・フニッシュだ。

昨日のマチュー・ファンデルプールの勝利に続いて、チーム2連勝という離れ業を見事に決めてしまった。なんというプロチーム!

 

    

プリモッシュ・ログリッチは、左肩も大きくジャージが破れている。なんとプリモッシュ・ログリッチは、1分21秒遅れの92位で帰ってきた。

プリモッシュ・ログリッチは、総合20位の1分35秒遅れとなってしまう。

同じく落車の影響で、タディ・ポガチャルとゲラント・トーマスは26秒遅れでゴール。総合3位以下が大きく変わってしまった。

しかし、落車によって順位が変わるのは面白いものではない。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第3ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 MERLIER Tim
Alpecin-Fenix1201004:01:28
2
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix5070,,
3
 BOUHANNI Nacer
Team Arkéa Samsic2550,,
4
 BALLERINI Davide
Deceuninck – Quick Step1540,,
5
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious532,,
6
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step 26,,
7
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Fenix 22,,
8
 BOL Cees
Team DSM 18,,
9
 TURGIS Anthony
Team TotalEnergies 14,,
10
 WALSCHEID Max
Team Qhubeka NextHash 10,,
11
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 8,,
12
 SCOTSON Miles
Groupama – FDJ 6,,
13
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers 4,,
14
 KRAGH ANDERSEN Søren
Team DSM 2,,
15
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma 1,,
16
 RICKAERT Jonas
Alpecin-Fenix  ,,
17
 EEKHOFF Nils
Team DSM  ,,
18
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange  0:14
19
 MAS Enric
Movistar Team  ,,
20
 VAN POPPEL Boy
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Fenix2512:58:53
22
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step 0:08
318▲15
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers 0:31
419▲15
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma ,,
55
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe 0:38
63▼3
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates 0:39
711▲4
 MAS Enric
Movistar Team 0:40
814▲6
 QUINTANA Nairo
Team Arkéa Samsic ,,
917▲8
 LATOUR Pierre
Team TotalEnergies 0:45
108▼2
 HIGUITA Sergio
EF Education – Nippo 0:52
117▼4
 MOLLEMA Bauke
Trek – Segafredo ,,
1210▼2
 GAUDU David
Groupama – FDJ ,,
1312▼1
 LUTSENKO Alexey
Astana – Premier Tech ,,
1415▲1
 CHAVES Esteban
Team BikeExchange ,,
1516▲1
 URÁN Rigoberto
EF Education – Nippo ,,
1621▲5
 NIBALI Vincenzo
Trek – Segafredo 0:55
1722▲5
 FUGLSANG Jakob
Astana – Premier Tech ,,
1820▲2
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers 1:07
1924▲5
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious 1:12
204▼16
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma 1:35

マチュー・ファンデルプールは、2日間マイヨ・ジョーヌをキープ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step80
22
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Fenix62
3 
 MERLIER Tim
Alpecin-Fenix50
43▼1
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange50
54▼1
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates44
627▲21
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix41
75▼2
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma40
88
 EWAN Caleb
Lotto Soudal37
96▼3
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe34
1021▲11
 BOUHANNI Nacer
Team Arkéa Samsic33

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
12▲1
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe5
21▼1
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Fenix4
33
 PEREZ Anthony
Cofidis, Solutions Crédits3
44
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step2
55
 THEUNS Edward
Trek – Segafredo2
66
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates2
77
 CAMPENAERTS Victor
Team Qhubeka NextHash1
88
 VAN POPPEL Danny
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux1
9 
 WALLAYS Jelle
Cofidis, Solutions Crédits1
109▼1
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange1

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates12:59:32
22
 HIGUITA Sergio
EF Education – Nippo0:13
34▲1
 GAUDU David
Groupama – FDJ,,
45▲1
 HAMILTON Lucas
Team BikeExchange1:03
53▼2
 VINGEGAARD Jonas
Team Jumbo-Visma1:08
66
 PARET-PEINTRE Aurélien
AG2R Citroën Team2:36
77
 DE BOD Stefan
Astana – Premier Tech4:54
88
 POWLESS Neilson
EF Education – Nippo5:22
99
 DONOVAN Mark
Team DSM5:34
1010
 NIEUWENHUIS Joris
Team DSM6:35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました