ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツール・ド・フランス第21ステージ 最終ステージのゴールを勝ち取ったのはまさかの?

海外情報
Photo credit: Jim_Nix on VisualHunt
この記事は約16分で読めます。

2021年のツール・ド・フランスも最後のステージを迎える。

第1ステージから落車続きで、大変なツールだった。各レースとも、高速な展開が多く前半戦の低気温、後半戦は暑くなったりと天候にもライダーは振り回された。

ブルターニュで始まった3,414.4kmの旅もパリで終わる。最後のゴールで笑う今日の勝者は一体誰になるだろう。

 

スポンサーリンク

第21ステージ シャトゥ〜パリ・シャンゼリゼ 108.4km

第21ステージ photo letour

 

スタートはパリ郊外のシャトゥ。毎年恒例のパリのシャンセリゼの周回コースでツールはゴールする。

UAE Team Emiratesは、4級山岳を越えるとシャンパンを飲むのかな。その後、スプリントポイントまでは、ゆっくりと進むだろう。

中間スプリントでは、グリーンジャージが決定していないマーク・カヴェンデッシュとマイケル・マシューズの争いとなる。

 

  1. 4級山岳 グレ峠 1.9km・5%
  2. スプリントポイント パリシャンセリゼ通り

 

52km地点でシャンゼリゼ周回コースにはいり、6.8kmの周回コースを9周する。61.2kmだ。

石畳が敷かれたシャンセリゼ通りを走り、凱旋門の外周路、ルーヴル前のトンネルをくぐり、コンコルド広場をライダーは最後のゴールに向けて疾走する。

毎年スプリンターが最後の決戦を行うが、2005年にはアレクサンドル・ヴィノクロフが逃げ切っている。まれに逃げが勝つこともあるのでそちらも楽しみだ。

今年のシャンゼリゼ通りのフィニッシュラインは、近年私たちが知っている場所よりも約300m離れている。

したがって、最後の曲がり角(コンコルド広場のシケインの後)は、フィニッシュから400mではなく、フィニッシュから700mだ。とてつもなく長いので、トレインは距離を間違えないようにしないといけない。

最後は、マーク・カヴェンデッシュが5勝目をあげてしまうのか。それともワウト・ファンアールトがそれを阻むのか、そちらも楽しみにしておきたい。

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ロットはカレブ・ユアンを第3ステージで失ってしまい未勝利。フィリップ・ジルベールもトーマス・デヘントも来年のツールには出場しないと言う。ちょっと残念だ。

 

昨年はツール3勝をあげたTeam DSMも今年は全く勝負に絡めなかった。

 

Alpecin-Fenixのジャスバー・フィリップセン。石畳のトレインになるので、ウルフパックのスリップストリームが効かない可能性もある。チャンスがあるかも。

 

ゴリラことアンドレ・グライペルも今年のツールで最後。2015年、2016年は最終ステージで勝利している。最後に有終の美が飾れるか?

 

マイケル・マシューズは最後のチャンスに挑む。合計70ポイントあるスプリントポイントを何ポイント取れるだろうか。

 

Groupama-FDJも最後は4人。アルノー・デマールを失い、エースのダヴィ・ゴデュも日射病で順位を落としてしまった。ティボー・ピノの穴を埋められなかった。

 

ベテランライダーがツールを去る中、41歳のアレハンドロ・バルベルデは来年どうするのだろう。最後のツールではないよね。

 

グレッグ・ファンアーヴェルマートのゴールドヘルメットも今日で見納めかな。バイクもオリンピック金メダリスト特別仕様から普通に戻るかも。

 

ツール未勝利となりそうなイネオス。ミハウ・クフィアトコフスキは、以前のスカイの戦い方に戻ってしまったと言っている。さすがに3人の総合候補が落車してはどうしようもない。

 

Bahrain Victoriousのソンニ・コルブレッリは、スプリントで何位となるだろう。

 

8人全員が揃っているウルフパック。石畳のスプリントでもトレインを発揮できるのか。マーク・カヴェンデッシュが5勝となるとエディ・メルクスを抜いて35勝となる。

ただ、マーク・カヴェンデッシュはパリで負けたことがない。これで勝つと5回目のパリの勝利となる。ツールでここまで勝利を重ねるとは誰も思っていなかっただろう。

 

ワウト・ファンアールトは、パリの勝利を狙うというがチームメイトは4人。上手くトレインに便乗しないとスプリントには絡めない。

 

なんと、UAE Team Emiratesは全員がイエローの入ったジャージにバイクのバーテープもイエロー。そして、サングラスもSciconの未発表の新型を全員がおそろいでしている。

 

第21ステージ スタートでの4賞ジャージ着用者

  • 総合 タディ・ポガチャル(UAE Team Emirates)
  • ポイント賞   マーク・カヴェンディシュ(Deceuninck-Quick-Step)
  • 山岳賞 ワウト・プールス(Israel Start-Up Nation)
  • 新人賞 ヨナス・ヴィンゲコー(UAE Team Emirates)

新人賞は2位のヨナス・ヴィンゲコーが着用。山岳賞は2位のワウト・プールスが着用。最終の表彰式ではどうするのかな。

タデイ・ポガチャルが全部表彰されるんでしょうね。

 

ワウト・プールスはタディ・ポガチャルにサインして貰っている。嬉しそうだけど。

 

リアルスタートになって、UAE Team Emiratesが恒例のパレード走行。8人全員が揃ってパリまで行くチームのほうが今年は圧倒的に少ない。無事にたどりついたのは、Deceuninck-Quick-Step、

Cofidis, Solutions Crédits、EF Education-Nippoの4チーム。

 

4級山岳 グレ峠 1.9km・5%

それにしてもパレード走行が長い。4級山岳もUAE Team Emiratesが先頭でそのまま通過しそうだ。イネオスのようにシャンパンは飲まないのかな。

 

4級山岳は、ミッケル・ビョーグが前に出て通過。

 

ヤン・トラトニク(Bahrain Victorious)、ルカ・メズゲッツ(Team BikeExchange)のスロベニア人同士が前に出て走っている。

スロベニアのLjubljana Gusto Xaurumに所属していたチームの先輩後輩の仲でもある。そして、プリモッシュ・ログリッチの背番号11もヤン・トラトニクが一緒に持っており敬意を表している。

 

そして、今度は総合2位のヨナス・ヴィンゲコーを囲んでデンマーク人同窓会も。

 

さあ、シャンセリゼの周回コースに入った。1週目はUAE Team Emiratesが引くだろう。

 

先頭はスピードが上がって逃げが出来始める。まずは、EF Education-Nippoのヨナス・ルッチが逃げ始める。

 

はやくも集団は1列棒状になっていく。

 

EF Education-Nippoのシュテファン・ビッセガーが抜けている。それに二人が合流しそうだ。

 

3人が少しは抜けた。これは決まるか?

  1. シュテファン・ビッセガー EF Education-Nipp
  2. カスバー・ピーダスン Team DSM
  3. ハーリー・スイニー  Lotto Soudal

 

凱旋門に向かって集団は逃げを必要以上に逃がさない。10秒程度でとどめている。

 

3人にBORA-hansgroheのパトリック・コンラットがジョイン。

 

カスパー・ピーダスンが切れて、3人となる。タイム差は30秒までひらいてきた。

  1. シュテファン・ビッセガー EF Education-Nipp
  2. パトリック・コンラット BORA-hansgrohe
  3. ハーリー・スイニー  Lotto Soudal

 

スプリントポイント パリシャンセリゼ通り

中間スプリント前に、Team BikeExchangeが先行してマイケル・マシューズを引く。

 

 

だが、ミケル・モロコフにひかれたマーク・カヴェンデッシュが先着。

マーク・カヴェンデッシュは、5位通過で13ポイント獲得。マイケル・マシューズは7位通過で10ポイント獲得。3ポイントマーク・カヴェンデッシュがリードだ。

これはゴールの予行演習になっただろうか?

 

逃げていた3人が捕まり、今度はBORA-hansgroheのイーデ・シュリングと Lotto Soudalのフィリップ・ジルベールがアタック。

 

フィリップ・ジルベールが切れて、またメンバーが変わる。

  1. ミカル・ヴァングレン EF Education-Nipp
  2. イーデ・シュリング BORA-hansgrohe
  3. ブレント・ファンムール  Lotto Soudal

 

集団はウルフパックが20秒台で逃げを抑えている。ドリース・デヴァイナンスとティム・デクレルが頑張っている。

 

Team DSMも先頭交代に加わる。ケース・ボルでスプリントを狙っている。時速60km/hで走り続けるのだから凄い。

 

3人は残り15.8kmで25秒。逃げ切れるタイム差ではない。

 

B&B Hotels p/b KTMの二人がアタック!

 

ボノマル・フランクスが単独となって前の3人を追う。だが、これは追いつかなかった。

 

ジュリアン・アラフィリップも集団先頭を引く。

 

ラスト8kmで、後続の集団がはっきりと見えてきた。タイム差は10秒を切っている。

 

ラスト1周

ラスト6.3kmで逃げは吸収される。イネオスは、ミハウ・クフィアトコフスキとゲラント・トーマスで攻撃するが捕まってしまう。イネオスは今年のツールで未勝利だ。

 

ジュリアン・アラフィリップが渾身の引きを見せて降りていく。

 

ラスト2.5kmでトレインが崩れた。

 

先頭は入り乱れている。

 

ようやく、ダヴィデ・バッレリーニが前に出れるか?

 

ワウト・ファンアールトは、マイク・テウニッセンにひかれている。カブはその後ろだ。

 

ワウト・ファンアールトは5番手。カブは6番手。

 

カブは、ミケル・モロコフとはぐれている。

 

先頭はマイク・テウニッセンだ。番手はワウト・ファンアールト。

 

マーク・カヴェンデッシュは前をふさがれて、一瞬足を止めてしまう。スプリント出来る場所がない!

 

ジャスパー・フィリップセンが伸びてくる。

 

ワウト・ファンアールトが伸びる!

 

ゴールは、ワウト・ファンアールトだ~。3本の指を立てている。モン・ヴァントウ、個人タイムトライヤル、そして最後のパリも取ってしまった~。しかもステージ2連勝!

こんなライダーは彼以外はいない。スプリントも取ってしまうとは。

最後にマイク・テウニッセンが引いてくれたのが勝因だ。4人しかいないチームメイトで勝つなんて。なんて、男なんだ!  

 

ワウト・ファンアールトはアンドレ・グライペルから祝福を受ける。アンドレ・グライペルは最後のパリで5位。

 

     

マーク・カヴェンデッシュは死闘を演じたマイケル・マシューズと抱き合う。カブは10年振り2度目のグリーンジャージ獲得だ。

マーク・カヴェンデッシュはツール通算34勝という記録をエディ・メルクスと共有しなければいけなくなった。新記録は今年達成出来ないという結果になった。来年も目指すだろうか?

 

こちらはハイライト動画
Tour de France 2021 Stage 21 Highlights | Can Cavendish Take The Record On The Champs-Élysées?

 

リザルト

第21ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma1201002:39:37
2
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix5070,,
3
 CAVENDISH Mark
Deceuninck – Quick Step2550,,
4
 MEZGEC Luka
Team BikeExchange1540,,
5
 GREIPEL André
Israel Start-Up Nation532,,
6
 VAN POPPEL Danny
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 26,,
7
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange 22,,
8
 ARANBURU Alex
Astana – Premier Tech 18,,
9
 BARTHE Cyril
B&B Hotels p/b KTM 14,,
10
 WALSCHEID Max
Team Qhubeka NextHash 10,,

ワウト・ファンアールトは、二刀流どころか、それ以上なんだから驚きだ。スプリントを狙って走っていれば、更に勝利数は増えていたかもしれない。

総合

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates100050082:56:36
2
 VINGEGAARD Jonas
Team Jumbo-Visma8003805:20
3
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers6753407:03
4
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team57530010:02
5
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe47528010:13
6
 MAS Enric
Movistar Team40026011:43
7
 LUTSENKO Alexey
Astana – Premier Tech32524012:23
8
 MARTIN Guillaume
Cofidis, Solutions Crédits27522015:33
9
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious22521016:04
10
 URÁN Rigoberto
EF Education – Nippo17520018:34

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 CAVENDISH Mark
Deceuninck – Quick Step317
22
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange279
33
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious223
44
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix186
55
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious163
66
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step163
77
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates154
89▲1
 MØRKØV Michael
Deceuninck – Quick Step124
98▼1
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma121
1010
 VINGEGAARD Jonas
Team Jumbo-Visma103

ポイント賞争いは、マーク・カヴェンデッシュの勝利。4勝もしたスプリンターは近年いない。史上最大のカムバック賞だ。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates107
22
 POELS Wout
Bahrain – Victorious88
33
 VINGEGAARD Jonas
Team Jumbo-Visma82
44
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma68
55
 QUINTANA Nairo
Team Arkéa Samsic66
66
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers56
77
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team44
88
 MOLLEMA Bauke
Trek – Segafredo41
99
 GAUDU David
Groupama – FDJ41
1010
 PEREZ Anthony
Cofidis, Solutions Crédits37

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates82:56:36
22
 VINGEGAARD Jonas
Team Jumbo-Visma5:20
33
 GAUDU David
Groupama – FDJ21:50
44
 PARET-PEINTRE Aurélien
AG2R Citroën Team39:09
55
 HIGUITA Sergio
EF Education – Nippo1:09:16
66
 MADOUAS Valentin
Groupama – FDJ2:11:39
77
 POWLESS Neilson
EF Education – Nippo2:13:33
88
 DONOVAN Mark
Team DSM2:17:40
99
 RUTSCH Jonas
EF Education – Nippo2:29:33
1010
 VAN MOER Brent
Lotto Soudal2:43:49

ポイント賞以外、全て取ってしまうなんて。彼の時代がずっと続くのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました