ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトはタディ・ポガチャルは無敵でないと言う その理由とは?

海外情報
Photo by Omar Flores on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

ワウト・ファンアールトはツール総合優勝を狙うのか?

第20ステージの個人タイムトライヤルを制覇し、モン・ヴァントゥのステージも征した。これをみていると、このような疑問が浮かんでくる。

ワウト・ファンアールトは、完成度の非常に高いライダーだ。スプリントで勝利を狙ったステージで敗れたのはマーク・カヴェンデッシュだけだ。

そして、最後のシャンゼリゼ通りでは、スプリントで勝利を手にしたいと考えている。

 

スポンサーリンク

パリではスプリントを狙う

 

パリに向けてのモチベーションはまだ高い。シャンゼリゼ通りのスプリントは象徴的だ。パリで表彰台に立つことは特別なことだ。だからこそ、そこで勝てるチャンスを逃したくない。

と、サン=テミリオンで行われた第20ステージ優勝者記者会見でファンアールトは言う。

今度こそ、マーク・カヴェンデッシュとのガチンコ対決が見られるはずだ。TTに続けてスプリントも勝ってしまったら~。考えただけでも面白い!

 

また、自らがツールの総合優勝を果たすためにはどうすればいいかという質問に対しては

ツールで優勝するためには、1時間速くならなければいけない(正確には57分12秒/現在19位)。

すべてのステージを速く走れたわけではないが、フルに走ったステージでも数分遅れていた。表彰台を狙うには登りを良くしなければいけない。

しかし、今の時点では、自分の強みに注目したいと思っている。まだ勝ちたいクラシックがいくつかあるんだ。

ツールの優勝以外に、ロード世界チャンピオン、モニュメントの制覇などやりたいことが山積みだ。

ツール・ド・フランスでワウト・ファンアールトが、ランキングドライバーとなることは、おそらくないだろうと述べている。今の所は。

 

2022年Team Jumbo-Vismaの次の試み

 

実際、ワウト・ファンアールトは、短いロードキャリアの中で、2020ミラノ~サンレモ、2020ストラーデ・ビアンケ、2021アムステルゴールドレースをすでに制覇しており、数々のクラシックでの勝利がパレットを飾っている。

ワウト・ファンアールトは、シクロクロスで3つの世界選手権タイトルを獲得し、2020年の世界ロード選手権では個人タイムトライアルとロードレースで銀メダルを獲得するなど、その多才ぶりをすでに証明している。

自分がパリで総合優勝を狙えるとは思えなくても、来年はチームと一緒に再挑戦する。

また、Team Jumbo Vismaがタデイ・ポガチャル(UAE Team Emirates)の3連覇を阻止するためのレシピを持っていると考えている。

「ポガチャルに勝つためには、まずバイクに乗ったまま、8人で走るべきだ」と真剣な顔で意見している。

実際、Team Jumbo Vismaは、ブリモッシュ・ログリッチが第3ステージのクラッシュの影響で第8ステージで脱落したため、4人でツールを終えることになる。

また、パリへ向かう途中、ロバート・ゲシンク(第3ステージ)、トニー・マルティン(第11ステージ)、ステファン・クライスヴァイク(第17ステージ)をクラッシュで失った。

UAE Team Emiratesは、8人全員が残っている。Team Jumbo Vismaが最後まで戦えるメンバーが揃っていれば勝てないことはないと言っているのだ。

 

タデイ・ポガチャルは弱点を見せない

 

また、代役のキャプテンとして輝きを放ったヨナス・ヴィンゲコーにも期待を寄せており、昨年のログリック同様、パリでは総合2位を獲得することを期待している。

ヨナスの強さを見ていると、ログリッチが転倒していなければ、今年はもう大きな差がついていたと思う。もちろん、タデイは弱点を見せず、ツール全体でとても強かった。

彼は勝利にふさわしい。しかし、彼が無敵だとは思わない。準備がうまくいっていたことを改めて示した。我々には最高の若い才能があり、必ず戻ってくる。

あくまで、プリモッシュ・ログリッチがいれば、ワウトは勝っていたと思っている。昨年もギリギリまでプリモッシュ・ログリッチの走りは完璧だった。

実際、転倒がなければ、どうなっていたかはわからない。さらに、ゲラント・トーマスもケガをしていなければ、もっとツールは混戦となり面白かったはず。

来年は、落車で順位が変わるような展開ではなく、全員が戦ってからの勝負が見れるようにワウト・ファンアールトも思っている。そうすれば勝てないことはないと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました