ロードバイクの情報を発信しています!

レムコ・イヴェネプール落車で激怒! バイクは「プロトンをもっと尊重するべきだ!」と

海外情報
https://twitter.com/deceuninck_qst

2018世界ジュニア選手権で個人タイムトライヤルとロードの二冠を達成したレムコはU23を飛び越して、Deceuninck-QuickStepでプロ契約を結んだ。

ブロデビューを果たしたブエルタ・ア・サンファンでは第9位でフニッシュし、23歳未満の新人賞グリーンジャージを獲得

そして、初めてのワールドツアーに参加していた、レムコ・イヴェネプール。強豪が集まったUAEツアー第4ステージで落車して救急車で運ばれてしまいました。そんなレムコが怒ってます!

 

スポンサーリンク

原因はバイクの停車位置?

https://twitter.com/deceuninck_qst

前日のステージ3の山頂ゴールではバルベルデから遅れること56秒の15位でフニッシュ。

ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)と同着ゴール。

ステージ3コースマップ

ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)やリッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)よりも速くゴールしているのですから、その潜在能力の高さを見せつけてくれてました。

 

そしてステージ4の85キロ地点で、クラッシュ。

レムコはインスタグラムの中でクラッシュはレースバイクが停止したことが原因で起こったと示唆しています。

「クラッシュはゲームの一部だけどさあ~、バイクもそうだろ。バイクはプロトンやライダーが乗っている場所に対してもう少し敬意を払うべきなんじゃない!

俺らが道路の右側を走っているんだから、右側に止まるなよ!」

 

Deceuninck-QuickStepチームは、レムコが腕、腰、指の下の彼の肘に擦り傷を負っていたが、幸いなことに骨折も脳しんとうの徴候もなかったと説明しました。彼は回復に数日を費やし、そして週末にトレーニングを開始することができるはずです。

 

クラッシュを見たTeam SkyのMichal Kwiatkowskiは次のように語った。

https://twitter.com/kwiato

「彼は大丈夫だったようですが、道路の脇には鋭い石がたくさんあったんだ。レムコは私の前にほうにいたね。彼は一人でクラッシュした。大体50~60キロで道路の右側を走っていたからね。

今日は追い風だったからかなり速かったんだ。たくさんのほこりも舞っていたからね。バイクが止まっていたって見えないんだよ」

 

ステージ4の優勝者のカレブ・ユアン(Lotto-Soudal)は次のように付け加えています。

https://twitter.com/CalebEwan

「私はレムコのクラッシュを目にしました。原因は分からない。私が通り過ぎたとき、彼はすでに地上にいたんだ。何が起こったのか正確にはわかんないなあ」

 

レムコとしては、第6ステージの山頂ゴールで彼の可能性を試して見たかったと思います。チームもそうでしょうね。

第6ステージ アジュマーン~ジュベル・ジャイン

今回は、クラッシュでレースを去りましたが、次回のステージでまた活躍を見せて欲しいものです。

 

UAEツアー第4ステージのダイジェストです。レムコは写ってないですけど。
UAE Tour 2019: Caleb Ewan's brutal uphill sprint finish

レムコに関する記事はこちらに書いてます。

コメント