ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第20ステージ 最後の山岳でダミアノーノ・カルーゾがついに~

海外情報
Photo credit: giovanni_novara on VisualHunt
この記事は約22分で読めます。

ジロ・デ・イタリアも最後の山岳ステージとなった。

最終ステージはミラノでの個人タイムトライヤルなので、ライバルに差をつけておくにはこのステージしかない。

エガン・ベルナルの背中の調子はどうなのだろう。前半戦に比べて、あきらかに何かが違っているのは間違いない。

昨日のステージもあえて、被害を最小限に食い止めようと必死に作戦を立てた結果がダニエル・マルティネスに引かせるという結果となったのではないだろうか。

途中リタイヤというのはあり得ないだろうが、最後まで持つのか少し心配だ。

ベルナル対、イェーツ、そしてTTでは優位なダミアノーノ・カルーゾ。最後の表彰台の順位をかけた戦いが始まる。

 

スポンサーリンク

第20ステージ ベルバニア~ヴァッレ・スプルーガ=アルペ・モッタ 164㎞

第20ステージ photo giroditalia

 

スタートのベルバニアから、ライダーはしばらくの間、マッジョーレ湖と並行してスイス国境に向かう。

最後の山岳ステージは、2000mを越える1級山岳が二つ待ち構える。レースが始まるのは後半からだ。

ジロ最後の山岳ポイントは3か所。

  1. 1級山岳  パッソ・サン・ベルナルディーノ 23.7km・6.2%
  2. 1級山岳  パッソ・デッロ・スプルガ 8.9km・7.3%
  3. 1級山岳  アルペ・モッタ 7.3km・7.6%

 

1級山岳パッソ・サン・ベルナルディーノ photo giroditalia

最初の1級山岳だが、とにかく長い。23.7kmは、3,000kmを走ってきた選手にはキツイはず。総合勢はここで遅れたら挽回のしようがない。

まずは、逃げを追いながらテンポで上がるのではないかな。

 

1級山岳パッソ・デッロ・スプルガ photo giroditalia

20kmほど下ったあとに、登り返すのは1級山岳  パッソ・デッロ・スプルガ

2020年に、Baby Giroとも呼ばれるGiro Ciclistico d’Italiaで使われており、この時にはイネオスのトム・ピドコックが勝利している。

シュプリューゲン峠の頂上でゴールまで29.1km。プロトンはイタリア方向に降下する。

 

1級山岳 アルペ・モッタ photo giroditalia

ジロ・デ・イタリア最後の決戦の場は、1級山岳  アルペ・モッタ。途中、勾配が緩んだところにスプリントポイントがある。

ここではボーナスタイムを争うことになる。その後、最後のきつい勾配で決戦となるだろう。

 

1級山岳  アルペ・モッタ photo giroditalia

スプリントポイントを越えると、平均勾配9.8%の区間が続く。ここで再びサイモン・イェーツのアタックがあるのか、それももっと早くから逆転を狙って誰かがアタックをかけているかもしれない。

特に、Deceuninck-Quick-StepとTeam BikeExchangeが非公式に合体してペースをあげた場合、ベルナルは追い込まれことになるだろう。

獲得標高4,200mは、昨日よりも格段に厳しい。誰が最初にフニッシュラインを越えるだろうか?

 

スタート前

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

アルメイダは、またゴールから遠い場所からアタックをかけるだろうか。昨日のステージでは、Deceuninck-Quick-Stepの強力なトレインで、イネオスを攻撃することも可能ということを示してくれた。

まさか、下りでペースアップしてイネオスのメンバーを取り残すとは凄いチーム力だ。仮にダニエル・マルティネスが戻って来れなかったら、昨日のゴールの結果は大きく変わっていた。

今日も、面白い走りを見せて貰いたいな。

 

現在、山岳で最強のライダーであるサイモン・イェーツ。今日も攻撃を仕掛けることは間違いない。まずは、総合2位のダミアノーノ・カルーゾとのタイム差20秒を縮めてくるだろう。

どこで、仕掛けるかで稼げるタイムも変わってくる。そのタイミングはいつになるだろう。

 

前半で見せていた攻撃的なベルナルの姿は全くない。今は、リードを守ることに徹している。これは、万全でない背中の影響があることは間違いないだろう。

今日のステージでリードを守り切ることが出来るのか、その一点だろう。

 

サガンは、シクラメンカラーのバイクを披露。やはり今日から乗るようだ。

 

スタートの気温は22℃。ゴールは9℃の予想。第20ステージスタートでの4賞は

  • マリア・ローザ(総合) エガン・ベルナル(Groupama-FDJ)
  • マリア・チクラミーノ(ポイント賞)  サガン(BORA-hansgrohe)
  • マリア・アッズーラ(山岳賞) ジョフリー・ブシャール(AG2R Citroën Team)
  • マリア・ビアンカ(新人賞) アレクサンドル・ウラソフ(Astana-Premier Tech)

山岳ボイントは1級なので1位通過は40ポイント。ジョフリー・ブシャールは山岳賞を確定されるには最初の山岳ポイントを獲得したいところだ。

あとは、ベルナルの順位次第となる。

 

サガンとフェルナンド・ガビリアは笑いながらしゃべっている。このステージでスプリントポイントを争うこともないだろう。

 

このジロで最も動いたベルギーのライダーは、ドリース・デポンドだろう。今日も逃げを狙っているのか、最前列でスタートを待っている。

 

アタック合戦

ファーストアタックはフェルナンド・ガビリアだ。スプリントポイントが近いので狙っているようだ。

 

二人が前に出るが、後ろから追走がどんどんかかる。

 

第3ステージで、レース序盤から逃げ続けてゴールでは4秒差で逃げ切ったタコ・ファンデルホールンがアタック。だが、これも決まらない。

 

またも、フェルナンド・ガビリアがアタック。どうしても逃げたいようだ。

 

Lotto Soudalのハーム・ファンフックのアタックには、誰も反応しない。チームは、二人しか残ってないですからねえ。だが、これも捕まってしまう。

 

Israel Start-Up Nationのマティアス・ブランドルもアタック。これも決まらない。

 

1回目 スプリントポイント 

サガンもスプリントポイント前で出てくる。

 

 

1位通過したのは、Bardiani-CSF-Faizanèのウンベルト・マレンゴ。サガンも1ポイント追加。

 

9人の逃げ

ドリース・デポンドが本気アタック!   これは決まるか?

 

3人が少しだけギャップを作り出す。

 

後方から逃げたいライダーがジョインしてドリース・デポンドが下りで全開で引く。これで逃げか完成だ。

 

離脱に成功したのは9人。

 

  1. ドリース・デポンド Alpecin-Fenix
  2. ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenix
  3. シモン・ペラウド Androni Giocattoli-Sidermec
  4. ジョヴァンニ・ヴィスコンティ Bardiani-CSF-Faizanè
  5. フェリックス・グロスチャートナー BORA-hansgrohe
  6. ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ  EOLO-Kometa
  7. タコ・ファンデルホールン Intermarché-Wanty-Gobert
  8. マッテオ・ヨルゲンソン Movistar Team
  9. ニコ・デンツ Team DSM

 

Team BikeExchangeとDeceuninck-Quick-Stepが集団を引く展開。残り106kmで5分19秒のタイム差だ。

 

1級山岳  パッソ・サン・ベルナルディーノ 23.7km・6.2%

メイン集団はトレックが先頭に一人ライダーを送っている。これは何の意味があるのだろう。ジュリオ・チッコーネは、リタイヤしているしニバリは2度落車して満身創痍。

バウケ・モレマがアタックをかけるのか?  それにしてもアシストを今使わなくても良いと思うけど。

 

前方に山が見えてきたけど、雪が積もっている。少し雲があるけど天候は大丈夫かな。

 

Bahrain Victoriousの先頭は、新城幸也が引いている。どこまで耐えられるだろう。

 

先頭では、ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenixがアタックだ。誰が反応してくるのか?

 

3人となったのだけど、シモン・ペラウド Androni Giocattoli-Sidermecは、先頭交代したところでメカトラで遅れてしまう。

 

先頭は2人。

  1. ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenix
  2. フェリックス・グロスチャートナー BORA-hansgrohe

ルイス・フェルファークは、第4ステージで4位に入って総合2位になっていた時もある。現在は、総合21位。

 

幸也は前方に位置している。

 

二人は結構いいペースで上がっている。タイム差は再び4分まで広がった。この長い登りを越えればもう少し逃げれるはずだ。

 

後方から二人が追いついて先頭は4人となる。

  1. ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenix
  2. ジョヴァンニ・ヴィスコンティ Bardiani-CSF-Faizanè
  3. フェリックス・グロスチャートナー BORA-hansgrohe
  4. ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ  EOLO-Kometa

追いついた、ヴィンチェツォ・アルバネーゼが引かないので、フェリックス・グロスチャートナーが回せと言う場面も。

 

逃げていたドリース・デポンドが集団に吸収される。

 

ダミアノーノ・カルーゾは、サイモン・イェーツの攻撃を防げるだろうか?  遅れてもタイム差を押さえておかないといけない。TTで逆転出来る可能性は高いのだから。

 

凄い、メカトラで遅れていたシモン・ペラウド Androni Giocattoli-Sidermecが追いついてきた。これで先頭は5人になる。

 

逃げていたタコ・ファンデルホールン Intermarché-Wanty-Gobertも吸収される。続いてニコ・デンツも吸収。

 

Team DSMが集団先頭に立って牽引。ロマン・バルデの総合8位を押し上げるためだが、引くのが早過ぎないかな。

 

これはエガン・ベルナルをおいかけたチェーンソー男とは違うようだけど、刃の部分が全くない。

 

1級山岳を先頭が越えた。タイム差は50秒を切っている。

  1. ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ  EOLO-Kometa 40ポイント
  2. ジョヴァンニ・ヴィスコンティ Bardiani-CSF-Faizanè 18
  3. ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenix 12
  4. フェリックス・グロスチャートナー BORA-hansgrohe 9
  5. シモン・ペラウド Androni Giocattoli-Sidermec 6

 

ロマン・バルデはチームメイト3人と共にアタック!

 

その後ろから、ダミアノーノ・カルーゾとペリョ・ビルバオもアタック!

 

ロマン・バルデは、20kmの下りでタイムを稼ぎだせるか?

 

ダミアノーノ・カルーゾとペリョ・ビルバオも全開で踏んでいる。

 

Team DSMとダミアノーノ・カルーゾは先頭グループに追いつき、10人になる。これは面白い。

  1. ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenix
  2. シモン・ペラウド Androni Giocattoli-Sidermec
  3. ペリョ・ビルバオ Bahrain Victorious
  4. ダミアノーノ・カルーゾ Bahrain Victorious
  5. ジョヴァンニ・ヴィスコンティ Bardiani-CSF-Faizanè
  6. フェリックス・グロスチャートナー BORA-hansgrohe
  7. ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ  EOLO-Kometa
  8. ロマン・バルデ Team DSM
  9. クリス・ハミルトン Team DSM
  10. マイケル・ストーラー Team DSM

 

イネオスは追うしかなくなった。フィリッポ・ガンナが下りを引くがタイム差が開いていく。

 

逃げ集団は、ペリョ・ビルバオが全開で引いている。だが、これでアシストはいなくなるけど良いのだろうか?

 

Team DSMもアシストを焼き尽くす勢いで全開で引いている。どこまで持つのか?

 

1級山岳  パッソ・デッロ・スプルガ 8.9km・7.3%

登り始めると一気に逃げていたメンバーが6人となる。残り37.8kmでタイム差は24秒。

 

  1. ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenix
  2. ペリョ・ビルバオ Bahrain Victorious
  3. ダミアノーノ・カルーゾ Bahrain Victorious
  4. フェリックス・グロスチャートナー BORA-hansgrohe
  5. ロマン・バルデ Team DSM
  6. マイケル・ストーラー Team DSM

 

先頭はルイス・フェルファーク。ダミアノーノ・カルーゾはどこかでアタックをかけるのか?

タイム差は26秒しかない。

 

集団からは、ヴィチェンツァオ・ニバリも切れていく。

 

イネオスは、まだアシストが4人いる。まず、ジャンニ・モスコンが引く。

 

ジャンニ・モスコンが切れると、ジョナタン・ナルバエスが引く。

 

先頭集団はペリョ・ビルバオが引き始める。これでタイム差が37秒まで開いてきた。もう、この1級山岳を最後まで引き続けるだろう。

 

おっと、ここでTeam DSMのマイケル・ストーラーがペリョ・ビルバオに声をかけている。交代してくれるのかと思ったら交代しない。

ルイス・フェルファーク Alpecin-Fenixは、すでに切れていて5人となっている。

 

ジョナタン・ナルバエスが切れて、ヨナタン・カストロピエホに変わる。タイム差は46秒だ。

 

先頭はマイケル・ストーラーに変わる。フェリックス・グロスチャートナーが切れてしまい4人。

  1. ペリョ・ビルバオ Bahrain Victorious
  2. ダミアノーノ・カルーゾ Bahrain Victorious
  3. ロマン・バルデ Team DSM
  4. マイケル・ストーラー Team DSM

冷たい雨が降ってきており、路面状況は悪い。下りで落車がないように願いたい。

 

頂上まで後少しだ。ダミアノーノ・カルーゾは下りに備えてレインジャケットに着替えた。

 

さあ、先頭は1級山岳を越えた。タイム差は43秒だ。

 

アレクサンドル・ウラソフが下りでアタックだ。でも、これは危ない。雨で路面が濡れているし落車したらおしまいだ。

 

下りなのに、アレクサンドル・ウラソフによってタイム差を縮められている。29秒までつめられている。

 

アレクサンドル・ウラソフは、ヨナタン・カストロピエホの引きで捕まってしまう。

 

8人になったが、後ろから集団も追いついた。

 

下っていくと、路面は濡れてなくて走りやすくなっている。晴れ間も見えてきたようだ。再びタイム差は39秒まで開いた。後方は15人。

 

下りで少し、ベルナルが抜けている。

 

1級山岳  アルペ・モッタ 7.3km・7.6%

残り10kmのゲートを4人は越える。タイム差は38秒。どこまで逃げれるか。ダミアノーノ・カルーゾは最後のアタックを繰り出してマリア・ローザを目指すだろうか?

 

サイモン・イェーツはエガン・ベルナルの後ろに位置している。

 

マイケル・ストーラーが引き終わって、ペリョ・ビルバオが先頭に。

 

イネオスはヨナタン・カストロピエホが引き終わり、最後の切り札ダニエル・マルティネスが引き始める。

 

先頭は、ペリョ・ビルバオが引き終わり、ダミアノーノ・カルーゾがついにトップに立って走り始めた。残り6.5kmだが、逃げ切れるか?

 

ロマン・バルデが先頭交代。バルデはステージ優勝狙いだ。だが。ロマン・バルデの引きは強くない。すぐにカルーゾは先頭を変わる。

 

なんと、アルメイダが切れてしまいそうだ。だが、アルメイダは踏ん張る。

 

さあ、あと5kmだ。頑張れカルーゾ!  タイム差は35秒でキープしている。

 

ダニエル・マルティネスが全開で引きまくる。最後尾のアルメイダはあえいでいる。タイム差は32秒と少しずつ縮まる。カルーゾ対マルティネスの戦いだ。

 

ラスト3.7kmでアルメイダ、アレクサンドル・ウラソフは、ヒュー・カーシーが切れた。

 

あと3kmで20秒。ここから少しだけ勾配が緩くなる。ダミアーノ・カルーゾはスプリントポイントで3秒のボーナスタイムを獲得。

 

残り2kmで、ダミアーノ・カルーゾがアタックだ。ロマン・バルデはついていけない。一気に差が開いていく。

 

ラスト2kmでタイム差は19秒。アルメイダは驚異的な粘りで追いついてきた。

 

あ~、サイモン・イェーツが遅れている。ダニエル・マルティネスの引きについていけない。

 

サイモン・イェーツは追いつかない。まさか、サイモン・イェーツが遅れるとは~。

 

ダニエル・マルティネスは、アルメイダもちぎった。これは凄い引きだ。

 

ダニエル・マルティネスは、2位のロマン・バルデも抜いてしまう。

 

ダミアノーノ・カルーゾはラスト600mだ。逃げきったぞ~。

 

サイモン・イェーツは完全に遅れている。

 

ベルナルは、ダニエル・マルティネスのアシストが外れて単独でカルーゾを追う。

 

ダミアーノ・カルーゾは見事な逃げ切りだ。ペリョ・ビルバオと共に下りを飛ばして前の集団に追いついたのが良かった。

ここでTeam DSMの助けも少し借りられたのは勝利の要因の一つだ。一時は下りでも20数秒まで迫られていたが、雨も上がってくれて下りも飛ばせたのもラッキーだった。

 

カルーゾはゴール後に

フィニッシュする前に、最後の数メートルで何千ものことを考えなければならなかった。私のすべての犠牲とチームメイトのすべての仕事に… 。

今日、私たちは模範的な方法でレースをした。特にペリョ・ ビルバオは素晴らしい仕事をしてくれた。今日の彼の役割は極めて重要だった。

私は夢をかなえました。

カルーゾのステージでの勝利は、プロレベルでは 3 回目、WorldTour レベルでは初めてのことだ。

これで、ダミアーノ・カルーゾとエガン・ベルナルのタイム差は、1分59秒に。明日は30.3kmの個人タイムトライヤルだ。

少し距離が長いのでひょっとしたら奇跡が起こるかもしれない。それを信じてカルーゾは全開で飛ばすだろう。

 

エガン・ベルナルは、ラスト800mまでダニエル・マルティネスの引きでライバルを引き離した。

タイム差は、登り始めとほとんど変わらない24秒のタイム差でゴール。サイモン・イェーツとアルメイダが切れてくれたので、アタックを受けることもなかった。

 

ベルナルはゴール後に

2分のリードがあるので、明日のタイムトライアルを良い位置でスタートできる。今日は長い間2位にいるのは良くなかったけど、幸いなことに3人のチームメイトがいた。

それらを可能な限り賢く利用して、可能な限り新鮮に最後の登りの底に到達できるようにした。それはうまくいったが、カルーゾとロマン・バルデをコントロールすることは本当に難しかった。

結局、ダニエル・マルティネスの引きが本当に素晴らしかったということだ。

これでベルナルは最後の個人タイムトライヤルで大きく遅れなければマリア・ローザ獲得となる。何秒でも良いので勝てばよい。

 

こちらはハイライト動画
Giro d'Italia Stage 20 Highlights

 

リザルト

第20ステージ リザルト

nkRiderTeamUCIPntTime
1 CARUSO DamianoBahrain – Victorious100804:27:53
2 BERNAL EganINEOS Grenadiers40500:24
3 MARTÍNEZ Daniel FelipeINEOS Grenadiers20350:35
4 BARDET RomainTeam DSM1225,,
5 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step4180:41
6 YATES SimonTeam BikeExchange 150:51
7 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech 121:13
8 CARTHY HughEF Education – Nippo 101:29
9 FORTUNATO LorenzoEOLO-Kometa 82:07
10 PEDRERO AntonioMovistar Team 62:23

新城幸也は82位でゴール。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 BERNAL EganINEOS Grenadiers2085:41:47
22 CARUSO DamianoBahrain – Victorious 1:59
33 YATES SimonTeam BikeExchange 3:23
44 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech 7:07
56▲1 BARDET RomainTeam DSM 7:48
67▲1 MARTÍNEZ Daniel FelipeINEOS Grenadiers 7:56
75▼2 CARTHY HughEF Education – Nippo 8:22
88 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step 8:50
99 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma 12:39
1010 MARTIN DanIsrael Start-Up Nation 16:48

ロマン・バルデが順位を一つ上げることに成功。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 SAGAN PeterBORA – hansgrohe136
22 CIMOLAI DavideIsrael Start-Up Nation118
33 GAVIRIA FernandoUAE-Team Emirates116
44 VIVIANI EliaCofidis, Solutions Crédits86
55 BERNAL EganINEOS Grenadiers80
66 DE BONDT DriesAlpecin-Fenix71
77 PASQUALON AndreaIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux61
88 CONSONNI SimoneCofidis, Solutions Crédits60
912▲3 MARENGO UmbertoBardiani-CSF-Faizanè57
109▼1 BETTIOL AlbertoEF Education – Nippo53

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 BOUCHARD GeoffreyAG2R Citroën Team184
22 BERNAL EganINEOS Grenadiers140
37▲4 CARUSO DamianoBahrain – Victorious99
43▼1 MARTIN DanIsrael Start-Up Nation83
54▼1 YATES SimonTeam BikeExchange61
68▲2 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step54
75▼2 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo53
86▼2 FORTUNATO LorenzoEOLO-Kometa52
912▲3 BARDET RomainTeam DSM49
1042▲32 STORER MichaelTeam DSM46

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 BERNAL EganINEOS Grenadiers85:41:47
22 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech7:07
33 MARTÍNEZ Daniel FelipeINEOS Grenadiers7:56
44 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step8:50
55 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma12:39
67▲1 FORTUNATO LorenzoEOLO-Kometa44:09
76▼1 VALTER AttilaGroupama – FDJ44:51
88 STORER MichaelTeam DSM1:47:48
910▲1 RUBIO Einer AugustoMovistar Team1:59:29
1011▲1 TEJADA HaroldAstana – Premier Tech2:00:40

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました