ロードバイクの情報を発信しています!

2021クロノ・デ・ナシオン レムコ・エヴェネプールがなんとTTで負けてしまうとは~

海外情報
Photo credit: thierry llansades on VisualHunt
この記事は約9分で読めます。

クロノ・デ・ナシオンは、1982年に初開催。2005年までは、クロノ・デ・エルビエ(Chrono des Herbiers)という名称。

だが、2004年限りで、著名な個人タイムトライアルレースであった、グランプリ・デ・ナシオンが廃止になったことを踏まえ、ナシオンという名称を貰っている。

過去10年の優勝者は

  • 2019 ヨス・ファンエムデン
  • 2018 マーティン・トフト・マドセン 今回出場
  • 2017 マーティン・トフト・マドセン 今回出場
  • 2016 ヴァシル・キリエンカ 引退
  • 2015 ヴァシル・キリエンカ 引退
  • 2014 シルヴァン・シャバネル 引退
  • 2013 トニー・マルティン 2021引退
  • 2012 トニー・マルティン 2021引退
  • 2011 トニー・マルティン 2021引退
  • 2010 アレックス・ダウセット

世界チャンピオンの名前が二人も。ここにフィリッポ・ガンナが出場していれば名前を刻んだかもしれない。

 

スポンサーリンク

レ・ゼルビエ~レ・ゼルビエ 44.5km

コースマップ photo chronodesnations

 

レ・ゼルビエが、スタート地点とゴール地点となる。

スタート後、ライダーは凹凸のある道路を正確に10キロ進んだ後、サンポールアンパレの最初の中間地点に向かう。Mouchampsでは、33km後に2番目の測定ポイントが続く。

 

コースプロフィール photo procyclingstats

 

距離は44.5kmと長いが、高低差はほとんどない。パワーで押せるライダーが勝利を得そうだ。

 

注目されるライダーは

  • Deceuninck-Quick-Step レムコ・エヴェネプール
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux レイン・タラマエ
  •  Groupama – FDJ シュテファン・キュング
  •  AG2R Citroën Team ジュリアン・デュヴァル
  •  Team TotalEnergies ビェール・ラトゥール
  •  Israel Start-Up Nation アレッサンドロ・デマルキ、ベン・ヘルマンス
  •  Team Arkéa Samsic アントニー・ドゥラプラス

 

アントニー・ドゥラプラス

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

この大会では、ジュニア、ウーマン、U23など約200人のライダーが次々と走っていた。

アルケア・サムシックのアントー・ドゥプラスはスプリントが得意。この長いTTでは、av49.232km/hで13位。

 

ジュリアン・デュヴァル

AG2R Citroën Teamのジュリアン・デュヴァルは、このレースがキャリア最後のレースとなる。

まだ、31歳だが次の人生に向けて出発だ。

 

ピエール・ラトゥール

ビェール・ラトゥールは、今シーズンから Team TotalEnergiesに移籍。チームの総合エースとしてツールに望んだが序盤こそ良かったが後半失速。

 

第1中間計測では、シュテファン・キュングに続て2位だったのだけど、最終結果は8位。av49.891km/h。

 

アレッサンドロ・デマルキ

Israel Start-Up Nationのアレッサンドロ・デマルキの今シーズンは素晴らしいものだった。

ジロ・デ・イタリアでは逃げてマアリローザを2日間着用。だが、第12ステージの速い段階で落車してしまい右鎖骨骨折、6本の骨折骨折。2箇所の椎骨骨折という重症。

 

復帰出来たのは、2か月後のツール・ド・ワロニーからだ。完全復帰を印象付けたのは、レ・ヴァリ ヴァレジーヌのワンデイレース。

逃げて勝つというスタイルが戻ったレースだった。

 

第1計測では、ピエール・ラトゥールに2秒差の2位で通過。最終ゴールでも、パワー爆発で、av50.33km/hで3位を獲得した。

 

イーヨ・ケイセ

Deceuninck-Quick-Stepからは、ベテランのイーヨ・ケイセも出場。プロトンでは平地で牽引する姿がいつも見られる。

レムコ・エヴェネプールとは仲良しで、ステージレースでは良く相部屋になる仲だ。av48.166km/hで16位。

 

レムコ・エヴェネプール

さあ、注目のレムコ・エヴェネプールの登場。

2021世界選手権タイムトライヤル3位。今回は、フィリッポ・ガンナとの直接対決が期待されたけど、今日の相手はシュテファン・キュングだ。

 

しかし、期待されたレムコだったが、第1計測で12分26秒。この時点で暫定3位という記録。

 

今日のレムコは完全にパットデイだったようで、タイムを挽回することは出来なかった。av50.235km/hで5位という結果に。

さすがに、シーズンの疲れが出た感じか。いつもスーパーであるとは限らない。

 

シュテファン・キュング

優勝候補のシュテファン・キュング。欧州選手権TTではフィリッポ・ガンナを8秒破って優勝。だが、世界選手権では5位という結果に。

 

シーズン最後の走りとしてシュテファン・キュングは第2計測を断トツのタイムで通過。レムコに対して57秒もの大差をつけた。

 

シュテファン・キュングの走りは衰えることなくゴールまで突き進む。

av51.561km/hで堂々のトップタイムを最終走者でたたき出した。今シーズンタイムトライヤルの勝利は5回目だ。

ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナでは第4ステージのTTでトップに立ち、総合優勝も決めた。

今シーズンの最後を優勝で締めくくり、とても気分よくシーズンオフに入れるはずだ。

 

インスタグラムでは

勝利でシーズンを終えるには完璧な方法です。
このような素晴らしいイベントを開催してくれたオーガナイザーに感謝します🙌🏻。

さて、休暇の時間です😎。
一年を通してサポートしてくれた皆さん、ありがとうございました😘。

と、感謝の言葉を述べている。

 

リザルト

2位となったのは、マーティン・トフト・マドセン。デンマークTT王者には3度なっている、36歳のアマチュアライダーだ。

RnkRiderTeamUCITimeAvg
1
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ1250:51:4751.561
2
 MADSEN Martin Toft
BHS – PL Beton Bornholm850:3650.970
3
 DE MARCHI Alessandro
Israel Start-Up Nation701:1650.330
4
 GATE Aaron
Black Spoke Pro Cycling Academy601:2250.235
5
 EVENEPOEL Remco
Deceuninck – Quick Step50,,50.235
6
 HERREGODTS Rune
Sport Vlaanderen – Baloise401:2850.141
7
 MUFF Frederik
ColoQuick351:3250.078
8
 LATOUR Pierre
Team TotalEnergies301:4449.891
9
 WOLF Justin
Bike Aid251:4949.813
10
 HEIDEMANN Miguel
Leopard Pro Cycling202:0349.598
11
 ROSSETTO Stéphane
St Michel – Auber93152:1849.368
12
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux102:2249.307
13
 DELAPLACE Anthony
Team Arkéa Samsic52:2749.232
14
 RITZINGER Felix
WSA KTM Graz53:2448.384
15
 BRAUN Julian
Team SKS Sauerland NRW53:3448.238
16
 KEISSE Iljo
Deceuninck – Quick Step33:3948.166
17
 ILIĆ Ognjen
 33:5947.878
18
 THILL Tom
XSpeed United Continental35:1046.883
19
 PAASSCHENS Mathijs
Bingoal Pauwels Sauces WB35:2846.638
20
 TZORTZAKIS Polychronis
Kuwait Pro Cycling Team35:4846.368
21
 MAITRE Florian
Team TotalEnergies36:0746.114
22
 DUVAL Julien
AG2R Citroën Team36:2545.876
23
 WAIS Ahmad Badreddin
Kuwait Pro Cycling Team37:3544.975
24
 JEANNIERE Emilien
Team TotalEnergies37:5244.761

コメント

タイトルとURLをコピーしました