ロードバイクの情報を発信しています!

中国の参加なしでスケジュール通りに実行する2020台北サイクルショー

https://www.bikebiz.com/2020-taipei-cycle-show-to-run-as-scheduled-without-chinese-attendees/海外情報
Photo bikebiz.com
この記事は約2分で読めます。

台北サイクルショーの主催者であるTAITRAは、3月4日から7日に予定されている2020ショーの開催を決定した。

中国でのコロナウイルスの発生と国際的な制限により、ショーでは、すべての中国の出展者と訪問者が台湾に行ってショーに参加することはできないとしている。

新型コロナウィルスの影響がジワジワと広がってきており、自転車界への影響も出てきてます。

 

スポンサーリンク

新型コロナウィルスによる処置

新型コロナウイルスによる自転車界への影響は自転車レースの開催延期にも繋がっている。ツアー・オブ・ハイナンも通知があるまで延期となった。

 

 

TAITRA(台湾貿易センター)は

私たちは、世界の他の地域と同様に、悲しみを伴う新規コロナウイルス(2019-nCoV)の発生に関する進展を注意深く監視しており、この問題を非常に深刻に受け止めています。
私たちが知っているように、これはパートナー、出展者、訪問者、スタッフにとって大きな関心事です。

と声明は述べている。

 

TAITRAは、ウイルスのさらなる拡散を防ぐために次の対策を実施する。

  • 委託業者を含むすべての現場要員は、現場および勤務中にフェイスマスクを着用する必要があります。
  • 展示ホールの各入口とトイレ(スタッフと貨物の入口を含む)で使用できる手指消毒剤。
  •  TAITRAは、展示ホールの運営者と協力して、ウイルスのさらなる拡散に対する対策を強化します。
  •  TAITRAは、台湾疾病対策センターの国家ガイドラインに沿って迅速に作業することも保証します

ショーの主催者は、41か国から1,110の出展者、100か国以上から8,000の来場者を期待していた。

中国からの出展も訪問も出来ないとなると、かなりの影響が出るだろう。だが、今の状態ではこういう対応を取るしか方法がない。

すでに、中国での操業停止に伴い出荷遅延の可能性も高まってきており、更に影響は広がりそうだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました