フランクお帰り! 超ハイペース練

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

高瀬堰まで、お向かえライド

新しいチェーンに取り換えるために、OKTさんの所に朝8時前に伺う。

チェーン切りも借りたけれども、長さの解説、良く読んでもわからない。

これは、どうなることやらです。

レースに間に合うのかなあ。

待ち人、来らず^^;

で、ちょうど時間が合うので、高瀬堰までゆっくりとアップを兼ねて

匠君とフランクをお出迎えする。

ここで、20分くらい行ったり来たりを繰り返していると

昨日、日本海まで往復したはずの、隊長とすれ違う ( ゚Д゚y)y !??

二日連続浜田行き!!    流石は隊長です!

匠君か、フランクのどちらかは

来るだろうとのよみは、完全に外れて

匠君は違うルート !Σ(・Д・;)

フランクとは祇園大橋で無事に会いました (⋈◍>◡<◍)。✧♡

北向き太田側平地区間

三角公園前にくるとボヤゲ(チーム名よくしらない)の若い子が

前に入って、どんどん引き離していきます。

1対集団で、なりふり構わずハイペースで逃げ続ける彼氏 はえ~な。

この太田側TT区間が、彼を追う為に、超ハイスピードになって

AV41km/hオーバーとなってました (((;゚Д ゚)))

追いつかれた彼は、大学生!   若いです。

馬坂から

で、馬坂も匠君が40キロオーバーで引き倒して

ハイペースに。追い風で、私はアップしてたのでなんとか

ついていけましたが、アップなしならば即切れですね ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

馬坂下ってもハイペースで、採石場当たりで先頭になったので

少しアタック気味にペースをあげてみると49キロ。

でも、しっかりと皆さんついてきてました。

信号から筒背峠に上がるのですが

峠にあがるとは思えないスビードで匠君が引き倒して上がって

いきました。

頂上付近では、すさまじいバトルがあったと聞いています(⋈◍>◡<◍)。✧♡

私は、初心者の人と一緒に途中まで上がって、一緒に下ります。

下って、丘で匠君の後ろについてアタックを待つのですが

今日の匠アタックは、キレがありました (*゚△゚)ウッ!!

たまらず、私は手を出して後続の番長と大学生にゆずります。

レース仕様は速い!

やはり、レース仕様のマドンで来られると実力の差がマジマジとでますね!

匠アタックにつけれたのは、大学生と番長の三人。

上がっても、全開でもがいているので

これは厳しいと、思ってましたら

あきらめない男フランク!

来ました!

後ろからフランクがすっ飛んで来たので、後ろに張付きます。

やや、下り基調の平坦はフランクの得意とする所であっという間に

50キロオーバー (;´_`;) ハードダ・・

200mほど走ると、どんどんと前との差が縮まってきましたが

ここで、前に車が入ってカーペーサー状態となり

橋前で先頭集団、車、後続となり

ひと固まりとなりました。

ただ、私は昨日の不調もあり、足が一杯一杯で

50×11を踏み倒して、ギリギリの状態で集団についてました。

前に上がる所ではなくて、心臓を落ち着かせるのに

精一杯でしたね (; ̄д ̄)ハァ↓↓

ランナーアタック!

追いついたら、今度は後ろにいたはずの徳ちゃんがアタック  (・`д´・;)ス、スゴスギ・・・。

独走で、たんたんと集団前を走ります。

ランナーは、心肺機能が高いのでアタック系には

向いてないですが、独走ならば徳ちゃんのもんです。

まさか、今朝も20キロほどランニングしてきたとか??

番長アタック!

ふたこぶらくだ坂で、番長がアタック。

これを交わして、匠、フランク、大学生と続き

大学生が少し前と5mほど離れたので、後ろから

「つけ、つけ!」と指示。

彼は、無事前3人においつきました (´∀`ノノ’`゚チ’`゚チ

私は、心臓が一杯で、切れかかってましたが

前で、車とすれ違う為に4人がペースダウンしているのが

見えたので踏みなおしたのですが

届かず。

あきらめてはだめですね!

後ろから来た、アタックで一度死んだ番長の後ろに張付きます。

番長が集団に追い付かせてくれれば、スプリントに

加われますが

番長、残念ながら届かず。

帰りは向かい風の中のハイペース

帰りも、ハイスピードで気を抜けない展開です。

しかも、向かい風なのにずっと40キロオーバーで

おっさんには、きつ過ぎ (。-з-`)ハフゥ…

40キロくらいだと、遅く感じるのですが前に出ると風に押し戻されます (´д`、)ウウウ

狭い所は徐行しよう!

採石場前の信号から広くなるまでは

砂が浮いている為、危ないので私が引いてペースダウンさせてました。

その後、匠君の後ろを陣取って走っていたのですが

どうにも、腰が ヘ(><#)ノ アイタッ

重いギアを目一杯踏んだツケがきて

大学生に47キロにあげられた集団から千切れかかったので

後ろにいた匠に前に行くように指示。

私は、もう廃人でした。

小さくなる集団を見送るのみです ( ・ω・?*)バイバイ♪

フランクは、高瀬堰で家族の元に早く帰る為に離脱。

またね~

浜田行きたいと、言っていたが私は山を越えられるのか ?(^ー^; )”~サア?

最後の平地

まあ、ここは匠のアタックないじゃろう

と、思っていたら信号アタック マジ(。>ω<。)デェェェ??

番長とMさんと三人で逃げ集団を形成。

大学生が私の前にいたので

「匠行ったで。」と声をかけたら

必死で、大学生は一人TTモードで走り始めたので

私は後ろについて、「頑張ってねー。」と

念だけ送ってました。

多分、一回交代したら今日の私ならすぐにペースダウンしてしまい

廃人だったでしょう。

驚異の一人引き

強烈な向かい風の中、一人で42キロくらいで追い続ける彼。

あと30mくらいまでは、来たのでこれは追いつくなと

思っていたら、大学生失速気味。

で、交代してから「後ろにつけー!」

無理ですよね。ゴメンねー、名前も知らんしなあ

。・゚(*゚v゚*人)ゴミン

30mの差を全快で、引き倒してブリッジ成功 \(★^ω^★)/やたぁ~

匠君と番長がペースアップで三人に。

私は、もう足が一杯の所で

最終スプリントは?

番長アタック!

なんなく、匠君がついてファイナルスプリントで

腰をあげてすっ飛んで行きました。

私は、腰を上げたら多分砕けるのでお見送りです。

レース仕様マドン号速し!

私も一緒のはずですが、私は遅し ( ,,>З<)ブプッ`;:゙;`;:、

今日は、フランクに登録選手3人とレース並の強度でキツカッタッス。

匠でさえ、今日の強度はきつかったと言っていたので(それは自分で上げるから)

良い練習になったでしょう。

帰りに、Mさんから火曜日に隊長と日本海に行くと聞いたので

渡りに船で、フランクと共にお見送りライドに行くことに決定。

朝6時集合でございます。

中一日の登板で、私は身体が持つんでしょうか??

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする