ロードバイクの情報を発信しています!

3度のシクロクロス王者のゼネク・スティバルは最後の個人チームを立ち上げる

海外情報
Photo credit: Cindy Trossaert on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

ゼネク・スティバルは、ロードレースはすでに引退している。チェコのチームで走るという協力は得られなかった。

 

ゼネク・スティバルは、母国チェコのターボルで行われる世界選手権が最後のシクロクロスのレースとなる。

だが、Team Jayco AlUlaのジャージは2023年末までしか着られなかった。2024年元旦からは、最後に自分の名前の入ったジャージで走ることになった。

 

スポンサーリンク

Stybar

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zdenek Stybar(@stybarzdenek)がシェアした投稿

 

元旦のバールからゼネク・スティバルは、新ユニフォームで走った。自分の名前が前面にデザインされている。

そして、バイクはRidleyを使用している。スペアと合わせて2台あるようだ。ユニフォームにもRidleyの名前が入っており、スポンサーを受けている。

ゼネク・スティバルは、2006年、オランダのゼッダムでU23カテゴリーで2度目の世界タイトルを獲得。これは彼にとってRidleyでの最初のタイトルであり、パートナーシップの成功の始まりとなった。

ターボルでの世界タイトル獲得から14年後、ゼネク・スティバルは、同じ場所でプロスポーツのキャリアに別れを告げる。

ロードレースから引退するという以前の決断を受けて、地元の観衆の前で行われる世界シクロクロス選手権が、彼の最後の公式シクロクロスレースとなる。

この新たな章に向けて、すべてが始まったバイクでのキャリアを終えるというRidleyとの合意に達した。

ゼネク・スティバルは、過去にその価値がすでに証明されている X-Night SLに乗る。このフレームは彼の3つの世界タイトルを表している。

Ridleyは、引き続きゼネク・スティバルをアンバサダーに迎えて協力していく予定だ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました