ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaのレナード・ホフステッドがバイクをフックに吊るす

海外情報
Photo credit: Ray's Professional Cycling Page on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

レナード・ホフステッドは、Jumbo-Vismaに別れを告げた。

29歳という若さで、プロサイクリストとしてのキャリアに終止符を打つことを決めている。

 

スポンサーリンク

バイクをフックに

 

レナード・ホフステッドは、2013年にRabobank Development Teamに入り、2016年までそこで走った。

2017年から2年間Team Sunwebで走り、2019年に戻っている。

レナード・ホフステッドは、強力で忠実なアシストであり、とりわけプリモッシュ・ログリッチの2020年ブエルタ優勝では、最終日に大活躍し、スロベニア人の総合優勝を確実なものにするなど、記憶に残る役割を果たした。

この2年間は体調不良のため、より困難な時期となる。この冬休みの間に、自分のキャリアに終止符を打つという結論に達した。

 

レナード・ホフステッドのコメント

はっきり言って、これは難しい決断でも、不快な決断でもない。前々から感じていたことだ。最近の私は完全にフィットしていたわけではなかったし、レースに乗る喜びも徐々に失っていった。

それが私のプロとしてのサイクリング人生の本質なんだ。だから、この決断はいい気分だし、特にここで経験した多くの素晴らしい体験に感謝している。

私は本当に笑顔で立ち止まっている。そして同時に、Team Visma | Lease a Bikeの家族全員がいなくなるのも寂しい。とても美しく、濃密な数年間を共に過ごすことができた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました