ロードバイクの情報を発信しています!

ジュニアE3 ピンクバンククラシックのゴールで起こったこと

http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&u=http%3A%2F%2Fwww.cyclismactu.net%2Fnews-e3-binckbank-classic-andresen-l-emporte-chez-les-juniors-82585.html海外情報
この記事は約3分で読めます。

ジュニアE3 ピンクバンククラシックの勝者は、フィニッシュラインで困ったゴールシーンを演出。

このゴールシーンについて賛否両論が巻き起こってます。

1位でゴールしたのは、Upcoming participationsチームに所属するTobias Lund Andresen 16歳。

ロンド・ファン・フラーデレンのジュニア版でも2位に入っており、有望な選手です。

 

Tobias Lund Andresenが土曜日(4月27日)のジュニアE3 ピンクバンククラシックで独走勝利を収め、後続に1分以上の差をつけました。

しかし、Andresenは勝利のゴールで、地面に横たわってしまったので色々な意見が~。

床に横になって頭の後ろに手を置いた行為は、完全に寝たことを意味するのか??

そこまでするのは、どうなんだという意見がチラホラ。

その後、16歳の少年は空中で自転車を持ち上げ、ラインを越えて歩いた。

問題のゴールシーンはこちら

Andresenはこのゴールシーンに対して、オンラインでいくつかの批判を受けた模様。それは「傲慢」で、彼はもっと謙虚だったほうが良かったのではないの、というものでした。

 

いろんなゴールシーン

プロならば、観客をわかせるために面白いゴールシーンを見せてくれるのはありかなと思います。

サガンはよくゴールを越えてウイリーしたり、レースの途中でもよくウイリー見せてくれます。

こちらは2013年のヘント~ヴェルヘムでのゴールシーン。

https://www.cyclowired.jp/image/node/104689

 

ロビー・マキュアン

こちらは、ロビー・マキュアンのゴールでのウイリー

2004 ツール・ド・フランス 第16ステージ

2004 ツール・ド・フランス 第16ステージ (ウィリーでゴール)

 

フィリップ・ギルバート

フィリップ・ギルバートは2017年のロンド・ファン・フラーデレンのゴールで自転車を持ち上げてゴール!

Philippe Gilbert – Ronde Van Vlaanderen 2017 [ HD ]

 

マチュー・ファンデルプール

2018 UCIシクロクロス世界選手権でのゴールシーン。それまで3連覇中だった、ワウト・ファンアールトを破っての勝利。

https://cyclist.sanspo.com/451614

色々なゴールシーンがありますが、自転車持ち上げるには独走で1分以上差をつけてないと出来ない芸当ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました