ロードバイクの情報を発信しています!

波乱のクリテリウム・ドーフィネは誰が総合優勝したのか?

海外情報
photo Critérium du Dauphiné twitter
この記事は約4分で読めます。

優勝候補が次々にリタイヤしてしまった今回の大会。

エガン・ベルナルに続いて最後は、リーダージャージを着ているプリモシュ・ログリッチまでリタイヤ。

 

総合優勝者は最終ステージで決まるというレース展開となった。

 

スポンサーリンク

Stage 5 » Megève › Megève (153.5k)

第5ステージ photo aso

最後も登りゴールだが、それまでに8か所の山岳ポイントがある厳しいコース。

間違いなく足は削られてしまうので、生き残りが大切だ。

 

超豪華な逃げメンバーから抜け出したのは二人だけ。

tiz-cycling vtrより 以下同様

コロンビエール峠で抜け出した、ジュリアン・アラフリップとパヴェル・シヴァコフ。後続グループからのタイム差は2分から1分に縮まっている。

 

Sivakov's Dauphine Stage 5 Wipeout

下りでこけなきゃ、いいけどと思っていた矢先にパヴェル・シヴァコフが落車。下りだしサングラスも吹っ飛ぶ。

これは無理かなと思っていたのですが~。彼は立ち上がりアラフリップを追うが、中々チェーンがはまらない。

 

左側は、かなりの損傷。それでも、シヴァコフは20秒以上あったアラフリップとの差を詰めていく。

 

集団先頭を引くは、ワウト・ファンアールト。山岳賞ジャージのダビ・デラクルス(UAE)も先頭交代している。

 

アラフリップは、単独で走ることに。ハンドル内側に手をかけてTTモードだ。

 

アラフリップは時折、後ろを確認して追いつかせるように少しペースを緩めていた。このため後続とのタイム差が一気に縮まってしまう。

 

後続からはダディ・ボカチャルがアタック。これにミゲル・アンヘルロペスが追走。

 

パヴェル・シヴァコフは追いつくと、すぐさま前に出てペースを上げる。敢闘賞をあげるなら今日は間違いなくシヴァコフだ。

 

後続からは、セップ・クスのアタックにダニエルフェリペ・マルティネス(EF Pro Cycling )が追走。

この、セップ・クスのアタックに反応出来なかったティボー・ピノは自分自身に怒りの表情を浮かべていた。

ダニエルフェリペ・マルティネスを前にいかせたことで、自分が追わなければならなくなったからだ。周りが協力してくれることもないし。

 

先頭の6人はまとまらない。シヴァコフのアタックでジュリアン・アラフリップが切れる。

 

セップ・クスが1度目のアタック。かなり引き離したので決まりかと思っていたが。

 

ポガチャルが追いつく。この時、ミゲル・アンヘルロペスは大きく遅れる。

 

 

何度アタックがかかったことか。少しペースが緩むと誰かがアタックをかける展開。遅れていたミゲル・アンヘルロペスが追いつきて、更にアタックをかける。

 

後続集団の争いも凄かった。ロマン・バルデも何回もアタックし揺さぶる。ティボー・ピノも自らアタックをかけて前を追う。

 

だが、ティボー・ピノは暑さにもまいっていたようだ。ボトルの水をぶっかける姿も見られた。一人でもアシストが残っていれば違っていただろう。

 

セップ・クスが2度目の鋭いアタックをかけた時には、もう誰も追いつけない。

あれだけプリモシュ・ログリッチをアシストしていたのに体力は底なしか。これほどのパワーがあるとは。

 

セップ・クスはプリモシュ・ログリッチがリタイヤしたステージで見事に勝利をチームにもたらした。

第4ステージでは、リタイヤしたエマヌエル・ブッフマンのためにレナード・ケムナが優勝するし、ライダーというのは不思議なパワーを発揮するものだ。

総合は、ダニエルフェリペ・マルティネス(EF Pro Cycling )がピノとの12秒のタイム差を逆転して総合優勝。

なんとも、波乱ばかりのクリテリウム・ドーフィネだった。これは続くツール・ド・フランスでも同じなのだろう。何が起こるのかわからない。

 

こちらは第5ステージのハイライト
Critérium du Dauphiné 2020 – Stage 5 – Stage highlights

 

 

コメント

  1. ユウト より:

    元々ツールのロースターに入ってたデプルスはどうしたんですかね?

  2. ちゃん より:

    イネオスへの移籍が決定済みなのでセレクトから外れたのかもしれないですね。その代わりジロのエースだったジョージ・ベネットが入っている。
    ジョージ・ベネットをアシストに入れたほうがより強力になると考えたのかも。

    ツールのメンバーは昨年末に決まってたので事情が変わったんでしょうね。ただ、ステファン・クライスヴァイクの状態によっては、変わる可能性も~。

    https://chan-bike.com/jumbo-visma-team-ineos

タイトルとURLをコピーしました