ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaのローレンス・デプルスがTeam INEOSに移籍か?

海外情報
photo Laurens De Plus instagram
この記事は約3分で読めます。

Jumbo-Vismは2021年にローレンス・デプルスを手放すつもりだ。

24歳のクライマーを1年半前に連れてきたのは、トップに向かって成長させることを目標にしていたはず。

だが、それはかなわなかった。情報では、Team INEOSがローレンス・デプルスの3年契約の準備ができていることを伝えている。

 

スポンサーリンク

Laurens De Plus 

photo Laurens De Plus Twitter

Quick-Step Floorsから3年を経て、ローレンス・デプルスは2019年にJumbo-Vismに移籍。

2019ジロ・デ・イタリアでは、プリモシュ・ログリッチをサポートするために投入されたが、開幕後に体調を崩し、回復する時間がなく、第7ステージで断念せざるを得なかった。

しかし、2 ヶ月後にツール ・ ド ・ フランスで驚きの走りを見せる。ステフェン・クライスヴァイクのアシストとしてエガン・べルナルとTeam INEOSにプレッシャーをかけ続ける。

ちなみに、ジュリアン・アラフィリップが表彰台を降りたステージは、ローレンス・デプルスの強烈な走りによるものだった。

8月にはBinckBankツアーで総合優勝し躍進を確認。Jumbo-Vismにとってはプラス効果しかないと思われており、彼自身もオランダのトップチームでの将来について熱く語っていた。

しかし、どうやら状況は変わったようだ。

 

サム・オーメンとチームの若返り

photo Laurens De Plus Twitter

コロナ危機にもかかわらず、デプルスは移籍市場の候補の一人となっており、多くのチームが狙っている。

結局、24歳のベルギー人は、次のツール・ド・フランスでJumbo-Vismの直接のライバルであるTeam INEOSとの3年間の契約に屈することになった。

これは、サム・オーメンがJumbo-Vismに移籍してくることにも関係している。

 

エガン・ベルナルにとっては将来的にとても優秀なクライマーを手にいれることになる。

ゲラント・トーマス(34)、ヨナタン・カストロピエホ(33)、アンドレイ・アマドール(33)と、すでに30代を迎えるチームには若い力が必要だ。

ローレンス・デプルスのチームでの役割は今後の展開を見守る必要がありそうだが、これでベルナルが数年間絶対的リーダーであり続けることは間違いない。

 

コメント

  1. 通りすがり より:

    はじめまして。
    すいません、大変申し訳ございませんが、TEAM INEOSとなるはずがINOSEになっています。。。

タイトルとURLをコピーしました