ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・レン第2ステージ Jumbo-VismaがINEOSをノックアウト!

海外情報
photo Jacobo Hidalgo twitter
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・レン第2ステージは、最後は登りゴール。

ドラマが起こるとは思っていたけれど、まさかイネオスの崩壊を見ることになろうとは。

まあ、メンバーを見てアシストの力が違うのは分かっていたけれど、ここまで差がつくとは思わなった。

ツール・ド・フランスまでは、まだ日数があるが巻き返しはあるんだろうか?

 

スポンサーリンク

Stage 2 » Lagnieu › Lélex Monts-Jura (140.5k)

第2ステージ

スタートして30km地点には、最初の3級山岳が現れる。12.5kmで4.1%の勾配はアップがわりだが、その後もアップダウンが続く。

最後まで残るのは難しいコースで、総合勢で最後に残るライダーが注目された。前日総合2位になったプリモシュ・ログリッチをいかにTeam Jumbo-Vismaが守るかだったが。

 

今回逃げたメンバーは、ワールドツアーチームだけで構成

  1. Nils Politt(Israel Start-Up Nation)
  2. Simon Gugliemi(Groupama – FDJ )
  3. Joey Rosskopf(CCC Team )
  4. Julien Bernard(Trek-Segafredo)
  5. Jaakko Hänninen(AG2R Citroën Team )

ニルス・ポリッツは今回逃げにのっている。すでに総合で遅れているので問題ない。

BORAに移籍するが、何か今後のレースで結果が欲しいところ。

 

ニルス・ポリッツは一度、切れたが再度先頭に復帰。

最後に切れる時には、自分で首を切るポーズでカメラに合図してくれた。その時のショットが取れなくて残念。

 

https://tiz-cycling-live.io/stream.php

ストリーミングより

最後まで頑張った、ヤーコ・ハンニネン(AG2R Citroën Team )も、高速 Jumbo-Visma列車に飲み込まれてしまう。

今日の Jumbo-Vismaは先頭を固めて引きまくっている。

 

ゴール手前30kmから始まる2級山岳でJumbo-Vismaが強烈な引きで集団を崩壊させてしまった。

ロバート・ゲシングの引きはイネオスも破壊。ゲラント・トーマスもラスト25kmで遅れてしまい残ったのはベルナルのみ。

 

残り、23キロ付近のショットだが、 Jumbo-Vismaは3人残している。

  1. ステェファン・クライスヴァイク
  2. プリモシュ・ログリッチ
  3. エガン・ベルナル
  4. ナイロ・キンタナ
  5. ジョージ・ベネット
  6. バウケ・モレマ

 

下りで、20秒差をヨナタン・カストロピエホが詰めて先頭集団に復帰。この時、ヴァレリオ・コンチ(UAE-Team Emirates)も一緒についてきた。

 

残り12kmでステェファン・クライスヴァイクがアタック。イネオスは復帰したヨナタン・カストロピエホが先頭を引くが、17秒まで差が開く。

ヨナタン・カストロピエホが脱落すると、ステェファン・クライスヴァイクは集団に戻る。見事に作戦成功だ。

今度は、ジョージ・ベネットが先頭を引く。この時点でJumbo-Vismaはまだ3人。ラスト2kmを切ってジョージ・ベネットが切れても、今度はステェファン・クライスヴァイクが前を引く。

ベルナルは後ろのプリモシュ・ログリッチを警戒しながら、アタックのタイミングを伺うが勾配が緩くては、どこから行っても反応されるだろう。

最後は、ベルナルのスプリントに合わせたログリッチェが余裕で勝利!

 

photo sporza

このレースではJumbo-Vismaが圧倒的だったが、明日の最終ステージでもイネオスのアシストが残れないようならば、最初の勝負はJumbo-Vismaの勝ちとなる。

明日もベルナルしか残れないならば、イネオスのリーダーは一人だけとなるかもしれない。トーマスは立て直しが出来るのか? 

 

こちらはラスト4.5kmから
Tour de l'Ain Stage 2 | Last 4,5 KM | Battle of the GC Favorites

コメント

タイトルとURLをコピーしました