ロードバイクの情報を発信しています!

2021ブエルタ・ア・エスパーニャ第2ステージ  スプリント勝利したのは?

海外情報
Photo credit: Lawrence OP on Visualhunt.com
この記事は約11分で読めます。

ブエルタ第2ステージは、山岳ポイントの全くないフラットステージ。

完全にスプリンターのためのステージとなっている。総合争いとは別にスプリンターの戦いも幕を開ける。

最初のスプリンターステージを勝利するのは誰だろうか?

 

スポンサーリンク

第2ステージ    カレルエガ〜ブルゴス 166.7㎞

第2ステージ photo lavuelta

 

ブルゴス州のカレルエガで初めてスタート。人口400人のこの村は、カレルエガ生まれの守護聖人ドミニコグズマンにちなんで名付けられた13世紀の修道院で知られている。

守護聖人ドミニコグズマンの没後800周年を記念して、ここからスタートとなっている。この修道院の隣の村の広場で、スターターピストルが鳴る。

 

  1. スプリントポイント Tardajos

スプリントポイントには、ボーナスタイムも設けられており、1位から3秒、2秒、1秒が与えられる。

ゴールでは、10秒、6秒、4秒のボーナスタイムもある。

 

ゴール手前5km   photo lavuelta

 

ゴール手前4kmには丘があるけど、パンチャーが逃げだすほどではない。スプリターのためのトレインが激しい位置取り争いをするはずだ。

 

3人の逃げ

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

 

スペインのプロチーム3人が逃げている。

  1. ディエゴ・ルビオ (Burgos-BH)
  2. ロマン・マーティン (Caja Rural – Seguros RGA)
  3. シャビエル・アスパレン (Euskaltel – Euskadi)

 

集団は、Groupama-FDJとDeceuninck-Quick-Stepが引いている。

アルノー・デマールは、ツールではケガのために第9ステージでリタイヤ。Deceuninck-Quick-Stepは、ファビオ・ヤコブセンで勝利を狙う。

 

Bahrain Victoriousの先頭は、新城幸也。平坦区間の担当だ。

 

逃げているシャビエル・アスパレン (Euskaltel – Euskadi)のバイクフレームがカラフル。ORBEAだけど、面白いデザインだ。

 

集団中ほどで落車。Alpecin-Fenixのエースナンバー、ジェイ・ヴァインが落車。ケガなどはないようだ。

 

一度、35秒まで迫ったけど、また1分22秒まで開いてきた。先頭でも会話しながらコントロールしている。

 

残り47kmで1分22秒。どこまで逃がして貰えるかな。

 

ディエゴ・ルビオ (Burgos-BH)がアタックして、先頭3人の協調体制が崩れる。

 

ディエゴ・ルビオは、更にロマン・マーティン (Caja Rural – Seguros RGA)もちぎる。

 

ディエゴ・ルビオ (Burgos-BH)は、単独で逃げを続ける。

 

逃げていたシャビエル・アスパレン  (Euskaltel – Euskadi)は、すぐに集団に飲み込まれる。

 

新城幸也も集団先頭に立って引いている。

 

すでに10km近く単独で逃げているけど、集団は迫ってきている。

 

最後まで逃げていたディエゴ・ルビオも残り20kmで捕まる。

 

集団はスプリントポイントに向けて更にペースを上げる。先頭はアスタナが引いている。オマール・フライレが2番手で、ポイント賞のアレクサンデル・アランブルを引く。

プリモッシュ・ログリッチとの総合タイム差は6秒なので、スプリントポイントのボーナスタイムとステージのボーナスタイムを取れば、マイヨ・ロホという計算だ。

 

スプリントポイント Tardajos

スプリントポイントは、ファビオ・ヤコブセンが1位通過。アレクサンデル・アランブルは、2位通過だ。これでプリモッシュ・ログリッチとのタイム差は、4秒に縮まる。

ステージ3位以内ならば、マイヨ・ロホ獲得だ。

 

トム・ピドコックは集団から切れてしまう。オリンピックのあと3週間休んでいたというから乗ってなかったのだろう。

 

ゴールまで4.2kmで落車発生。

 

BORAのパトリック・ガンバージョルディ・メーウスが座り込んでいる。

 

ラスト2.1kmで、Alpecin-Fenixが先頭を引く。

 

先頭はDeceuninck-Quick-Stepに代わる。

 

Deceuninck-Quick-Stepは、二人しかいない。後ろのAlpecin-Fenixの人数のほうが多い。

 

左から、ウルフパックが上がる。右からはUAE Team Emiratesと、Team BikeExchangeが上がってくる。

 

Deceuninck-Quick-Stepは、アンドレア・パジオーリが引いている。

 

UAE Team Emiratesは、マッティオ・トレンティンがファン・モラノを引いている。Team BikeExchangeは、ルカ・メズゲッツがマイケル・マシューズを引く。

 

マッティオ・トレンティンと、ルカ・メズゲッツが外れて、フアン・モラノが先頭でスプリント開始。

 

フアン・モラノの後ろは、マイケル・マシューズ。

ジャスパー・フィリップセンは、フアン・モラノの左側からフェンス沿いでまくっていく。ファビオ・ヤコブセンは、右側から前の二人を抜くために、かなり遠回りだ。

 

ファビオ・ヤコブセンとジャスパー・フィリップセンがゴールで並んでくる。ファビオ・ヤコブセンは、大きく進路を変えてゴールを目指す。

 

ゴールは、ジャスパー・フィリップセンが先着!

ツールではマーク・カヴェンディシュに阻まれて勝利出来なかったが、ブエルタで勝利だ。ジャスパー・フィリップセンは、2020年に続いてブエルタ2勝目となった。

それにしても、プロチームで早くも1勝目を上げるとは凄いチームだ。

 

ファビオ・ヤコブセンの勝利はお預けだ。進路を変更せざるを得なかった分だけ距離を余分に走ったことで、フィリップセンには及ばなかった。上の写真を見ても端から端まで移動しているのがわかる。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第2ステージ

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix100803:58:57
2
 JAKOBSEN Fabio
Deceuninck – Quick Step4050,,
3
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange2035,,
4
 MOLANO Juan Sebastián
UAE-Team Emirates1225,,
5
 ARANBURU Alex
Astana – Premier Tech418,,
6
 ABERASTURI Jon
Caja Rural – Seguros RGA 15,,
7
 LAAS Martin
BORA – hansgrohe 12,,
8
 MINALI Riccardo
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 10,,
9
 VERMEERSCH Florian
Lotto Soudal 8,,
10
 ALLEGAERT Piet
Cofidis, Solutions Crédits 6,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma204:07:29
22
 ARANBURU Alex
Astana – Premier Tech 0:04
39▲6
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange 0:10
45▲1
 ČERNÝ Josef
Deceuninck – Quick Step ,,
56▲1
 VAN BAARLE Dylan
INEOS Grenadiers 0:11
67▲1
 BAGIOLI Andrea
Deceuninck – Quick Step 0:12
710▲3
 VLASOV Aleksandr
Astana – Premier Tech 0:14
811▲3
 POLANC Jan
UAE-Team Emirates 0:15
912▲3
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma ,,
1013▲3
 HAGA Chad
Team DSM 0:17

アレクサンデル・アランブルが4秒差まで迫ってきた。新城幸也もラスト3km以内で落車。144位でゴールしたが、タイムは38秒遅れのグループと同タイムになっている。総合116位の1分38秒遅れ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
1 
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix  50
2 
 JAKOBSEN Fabio
Deceuninck – Quick Step  50
32▼1
 ARANBURU Alex
Astana – Premier Tech  50
49▲5
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange  27
51▼4
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma  20
6 
 MOLANO Juan Sebastián
UAE-Team Emirates  18
73▼4
 TRATNIK Jan
Bahrain – Victorious  15
8 
 VAN LERBERGHE Bert
Deceuninck – Quick Step  15
9 
 ABERASTURI Jon
Caja Rural – Seguros RGA  14
10 
 FRAILE Omar
Astana – Premier Tech  13

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
11
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma  3
22
 VANMARCKE Sep
Israel Start-Up Nation  2
33
 OLIVEIRA Rui
UAE-Team Emirates  1

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 BAGIOLI Andrea
Deceuninck – Quick Step4:07:41
22
 VLASOV Aleksandr
Astana – Premier Tech0:02
33
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team0:08
45▲1
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious0:11
56▲1
 VERMEERSCH Florian
Lotto Soudal0:13
69▲3
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers0:15
710▲3
 VANSEVENANT Mauri
Deceuninck – Quick Step0:16
816▲8
 BAYER Tobias
Alpecin-Fenix0:21
923▲14
 DAINESE Alberto
Team DSM0:26
1039▲29
 JAKOBSEN Fabio
Deceuninck – Quick Step0:33

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました